SAS-TECのバイクジャケット用プロテクター

SAS-TECの肘、肩用プロテクターです(MサイズとLサイズ)
SAS-TEC プロテクター



クシタニのチームジャケットにはサイズの都合で純正のCEレベル2のプロテクターを入れるのを
断念して切り出したプロテクターを入れてましたが


やっぱりなにか他に良いモノはないだろうかと探してましてコレに行きあたりました

特徴としては「柔らかいのにCEレベル2」というところ
厚みも11mmほどとCEレベル2にしては比較的薄く丸めたり4つ折りにしても復元

そして比較的軽い


感触としては身近なもので表すと「硬めの低反発まくら」
謳い文句にある瞬間硬化についてですが確かに速く叩いたりすると抵抗が増してる感じがします

カチンコチンになるわけではなく最大でも「硬めの低反発まくら」→「ゆるい発泡スチロールもしくは畳の上のせんべい布団」
この抵抗が増す事についての仕組みはSAS-TECのHPには記述は見つけられませんでした
ゆえに3DOみたいな特殊なものではなく単純にPUフォームの特性ではないかと思われます
ダイラタンシーのようなものかそもそもの空気の特性か?特殊素材って感じはしません。
(タイチのCEバックプロテクターもかすかにその傾向があるような?)


まだデイトナのジャケットのプロテクターとして販売されているだけですが
SAS-TECという会社は他にも色々な形のプロテクターを作ってる会社っぽいです
本社のHPには各プロテクターの性能も公表されててなかなか良い感じ
プロテクターの性能公開しているのはフォースフィールドと同じく好感が持てます

下記は英語ページですがグーグルの日本語翻訳機能で十分読めます
肘:SCL-1 のページ
https://www.sas-tec.de/en/protectors/shoulder-protectors/scl-1/#c563

肩:SCL-2 のページ
https://www.sas-tec.de/en/protectors/shoulder-protectors/scl-2/#c575



いつもは柔らかく強い衝撃で硬くなり、そして軽い というのは肘肩用としてはなかなか理想的と思います
今回気にしてたのがプロテクターの堅さによる肘~肩~背中のツッパリ感の解消
絵で表すとこんな感じの状態
プロテクターが硬いと余分にジャケットを引っ張る
肘プロテエクター硬


プロテクターが柔らかいと引っ張る部分が減る
肘プロテエクター軟


プロテクターの堅さで余分に生地を引っ張ってしまって動きに抵抗を感じてしまう
柔らかいと腕に密着しつつ余分な空間が少なくなって楽になると そんな感じ
ポケットの位置がピッタリな場合は無視して良い事ですが、自分の場合ちょっと上側にきてるので・・・




他のプロテクターと比べても似た大きさなのでクシタニとコミネのジャケットにはきちんと入りました




と言う事で現状のクシタニのジャケットのプロテクターはこんな感じに


背:RSタイチのCEバックプロテクター 48サイズ(形をクシタニ型に整形してポンチで空気穴を増量)340gくらい
肩:SAS-TECのSCL-2(ポンチで空気穴を増量)
肘:SAS-TECのSCL-1(ポンチで空気穴を増量)
胸:クシタニのレーシングブレストパッド + ピッドパット


ひとまず胸以外はCEレベル2で統一です
通気が微妙そうなので7mmのポンチを手でグリグリし穴を少し増やしましたので厳密には防御力が多少下がるかもですが





オマケ:
SAS-TECの肩肘に気を良くして背中のも試したくなったので買ってみました
レベル1、レベル2の二つ



思ってた通りの感触でしたが形状の都合でなにか台座?になるようなメッシュパッドなどを接着合体しておかないとずれます


色々試行錯誤してみましたがレベル2のものは19mmあるのでどうにも厚みが出すぎて断念
背中のほうは同時に試していたタイチのプロテクターのほうにしました

ジャケットには採用しませんでしたけどドイターのコンパクトEXP12の水袋入れる所にピッタリの形でした
形状からして似たようなサイズのザックには丁度合うかと思いますので柔らかいし
ザック用プロテクターとして丁度良さそうかと思います。




日本だとSAS-TECのプロテクターはデイトナ用の以外では正式に単品で販売している所はまだ無いっぽい?ですが
他の形のプロテクターも色々ありそうなのでちょっと注目なプロテクター会社になりそうです。
(どこか正規代理店になってくれないかな?)












デイトナ(DAYTONA) SAS-TEC 肩、ヒジ、ヒザ単体/ペア Mサイズ



デイトナ(DAYTONA) SAS-TEC 肩、ヒジ、ヒザ単体/ペア Lサイズ






スポンサーサイト

セロー250にスライダーを付けてみる

スライダーというのは転倒した際にゴリゴリーっとフレームとかの代わりに削れて車体を深刻なダメージから守るアイテム
antlion マウントスライダー

最初のバイク選びの時にモタード仕様?のカスタム車を見て「カッコイイな~」と思ったのにもスライダー付いてた
バイク買ったらあんな感じに~と思って数年・・・まぁすっかり忘れてたのですが・・・
力造のスキッドプレートを調べてた時にトリッカー用のスライダーを見つけまして記憶が蘇りゲットの流れ

モノはantlionのマウントスライダー Ver.II トリッカー用
中身はこんな感じでシャフトはステンかな?あとはアルミっぽい



取付には14mmのロングソケットが2つ必要
(1つでもなにか工夫すればできるとは思うけどメンドクサソウだったので2つ目を買ってます)



まずココのボルトを外します




シャフトを通してパーツを取付


シャフトは両端ネジの長ボルトなので適当な位置にナットを止めて


逆側をもう1個のロングソケットで押さえつつ規程のトルクで締め付け(60Nm)


こんな感じに


セロー250 スライダー

機能的にはエンジンを守るものだけど今までの経験からすると
ポテッと倒した時にペダルをちょっと守ってくれたらイイな~くらいの期待度
役立つかはさて置きようやくスライダーを付けられた事に満足感というか意義がある(´_ゝ`)









antlion マウントスライダー Ver.II




セロー250に力造のスキッドプレートを装着

力造のスキッドプレート(セロー250用)です
今までは長くZETAのEDスキッドプレートを付けていましたがこのたびリフレッシュ模様替え
力造のスキッドプレート


写真色々


付属品はアルミスペーサーとボルト、あとフレームとの隙間用のスポンジテープが付きます
アルミスペーサーは外径:15mm×高さ:15mm、内穴は6mmボルト用

スキッドプレートの後方のネジ穴はザグリがあり平らになる作り
5mm厚くらいのアルミ板を曲げた感じ、詳しい素材の内訳は不明だけど
ちょっとした小傷の付き具合からZETAのより柔らかく感じる
前側の空気穴?の仕上げは野趣あふれる感じで・・・きれいではないがたぶん誰も気にしない

ZETAのと大きさ比較


ZETAの後方取り付け部分の高さが違うのはZETAのほうがフレームの突起を迂回して内側に収まる作りの為







ZETAのは反響音対策で穴を開けまくったりとちょっと色々やりましたが・・・
大きな傷も付いててなかなか働いてくれた様子です。


形状的にサイド部分の出っ張りが特徴的ですがコレは飛び石だけじゃ無く
倒した時のペダルへのダメージを何度か防いでくれたんじゃないかな~と自分は推測しています。
(スキッドプレートは内側に微妙にフレーム接触部分を軸に曲がってる事から)



ひとまず仮取り付け
カラーは両面テープを少し付けてから作業

後ろ側だけ締めてみるとこんな感じです


ピッタリ車体に添うのではなく前側が少し浮いた感じに
スキッドプレートは真っすぐ平らなので、これはセロー側の取り付け基部がぶつけて曲がってる?
新車でも同じようになるのかは不明ですが他のスキッドプレートから変える場合は同じようになるかも

そして前側も締めつけてこんな感じに



スキッドプレート自体は真っすぐで縦折り目もないのでしなってくれます
スポンジ無しでこのくらいの隙間になります

フレームの一番曲がってる部分は接触してるかな?
あとフレームの後ろの縦に平らになってる突起がギリギリ付くか付かないか
自分のセローの場合は基部が既に歪んでいるようで左側はわずかに接触、右は0.5mmほどの隙間があるような状態



あと下から見るとこんな感じ


上からは目立たない感じ



反響音の違いをシートの位置から撮ってみました
ZETAのは対策改造してるので実際はもう少し大きな音するかもですが



スキッドプレート何も無しの音


ZETAのEDスキッドプレート改の音


力造のスキッドプレートの音


車庫内で撮ったのでわかりにくく音も大きいですがZETAのほうが少しシャラシャラした音混じるかな?
構造的にも力造のもののほうが音を拾わないのは確かっぽいけど激しい差があるわけでもないので気にならない



本格的な取り付けですが
調べた事や思いついた事を多少反映


・スペーサーの大型化とフレーム接触部のカバー
作り的にジャッキアップでキッチリと地面に平行にしないとプレートが曲がるらしいので
支えるあたりの補強の為にスペーサーをサイズアップ 外径:15mm×高さ:15mm、内穴は8mm用の
ものにアルミパイプを両面テープを巻いて押しこみ6mmサイズに加工したものに交換




既にスキッドプレートが左側フレームの突起と接触しているので大きなステンワッシャー
と共に隙間を調整し樹脂まな板を張りつけてビリビリ音防止加工
ステンワッシャーとアルミスペーサーは強力両面テープで固定


・前方に取り付けるスペーサー用に「力造スキッドプレート楽々取付君」を作成
前側は斜めに取り付けになっている都合で締めこむ時にずれるので遊びが必要 なので両面テープで固定できません


そこでスナップピンの大きいヤツを紐で結んで

こんな感じで止めておいて

ボルトがフレーム側のネジ穴に少し入ったら紐を引っ張って取り外す感じに使う


・フレーム接触部用の緩衝材交換
力造のは隙間がZETAのに比較すると大きく付属のスポンジだけでは共振などは抑えるのが難しそうなので
プレートを内側から支える支点を増やす意味でも硬いエストラマー製の椅子の足ゴムを加工
丁度良く収まるところを探して両面テープで固定、スポンジはその合間にオマケ的に



・リンクガード自作
ちゃんとした製品はトライアル車などに付けるリンクを岩から保護するガード的な厚い形のものですが
自分の場合は前輪からの泥除け水除け的な感じのものとして使用なので薄いものを自作(リンケージガードともいう)
ZETAのにも付けてたけどなかなかリンクのグリスを保護してくれてそうなのでこちらにも作成
1_0040104.jpg1_0040105.jpg1_0040109.jpg1_0040115.jpg1_0040116.jpg1_0040119.jpg1_0040121.jpg

いつもの樹脂まな板を加工して両面テープで貼りつけ(反復折り曲げに耐えられる丈夫なもの)
両面テープがもし剥がれても簡単には脱落しないようにこの形
プレート付けたままオイル交換はしませんので穴が塞がるのもOK
(付けたまま作業すると指で確認できずドレンボルトナメそうなので)



取りあえず走ってみて変なビビり音など特に無し
今までと比較すると立った視線からだと目立たないスキッドプレートですが、これはこれで!
力造のスキッドプレート

人によってはスキッドプレートは消耗品ごとしかもですが自分のペースだと長くお世話になりそうです














力造 セロー250 スキッドプレート




クシタニのジャケットのプロテクター入替え

クシタニのチームジャケットの標準で付いてるプロテクターは6mm厚のメッシュ状のウレタン?
軽くて空気も良く通すのでそれはそれで悪くは無いのですが、やっぱりちょっと心もとないのでプロテクター入れ替えです




まず胸部プロテクターはクシタニの「K-4395 RACING BREAST PAD」を追加
K-4395 RACING BREAST PAD


胸部プロテクターはやっぱり必須ということでコミネのにベルクロ貼って済まそうとも考えましたがやっぱりちゃんと買う事に
内部には小分けになったハードプロテクターが入ってるっぽい



真ん中が折れるので一枚板ではないですが、横に広く防御範囲が広いのが特徴

通気性はあるけどジンワリと空気が入って来る感じ

厚みは16mmくらい


コミネとの比較


あとピットパッドなる珍しい腹用のプロテクターものもあったのでついでに


合体するとこんな感じ
お腹が出てるのでさらにポッコリする・・・


XLサイズのチームジャケットと合わせてこのくらい



脊椎プロテクターもクシタニのCEプロテクター
ジャケットのプロテクター用のポケットを十全に使うにはと考えてやっぱり純正となった


ブロックの中身は堅いなにかが入ってる、指で押してもあまり沈まない
しかしブロックをつないでいる部分は薄いウレタン?なので全体として柔軟だがその部分の強度がちょっと気になる

厚みは16mmくらい


重さは148g


ちなみに標準のベンチレーションパッドは63g



次に肩・肘ですが
クシタニの純正「K-4362 CE LEVEL2 PROTECTOR」を買ってみたのですが
K-4362 CE LEVEL2 PROTECTOR

結構これの厚み(14mm前後)があるのとジャケットのサイズに余裕が無かったのが合わさって
まず腕を体の前で曲げるとこんな感じでジャケットが突っ張る

さらにギュウギュウな弊害として腕を上げると肩のプロテクターの淵が肉に食い込んでくる

ということでCEプロテクターは断念してPOIデザインのハニカムシートで自作することに
このハニカムシートの堅さは純正パッドよりコシがあり純正パッドよりは痛くなさそうなので採用しました
POI ハニカムシート

4mmと6mmを準備し
4mmはちょっと不安な脊椎プロテクターに重ねる為に使用、長さがちょっと足りなかったので斜めに切りぬきこんな感じに


重さは70g


6mmのハニカムシートは純正パッドから型を取って切りぬき


重量は肩:27g 肘:38g


ちなみに標準のベンチレーションパッドは肩:12g 肘:17g



装着して動きをチェックして調整して最終的にこの形に


熱で丸みを付けようかと実験しましたが、温めて曲げてもあまり形状を覚えないような曲がってそのままな感じ?
あまり形状記憶しないような素材なようでジャケットに付けておいて手でちょっと曲げるだけで良さそうな感じでした
ので特に熱曲げはせずそのまま


現状はで窮屈さ無くプロテクターのレベルアップはこのくらいで
なにかもっと軽くて安くて衝撃吸収抜群な素材があればよいのですがね~



追記:
やっぱりレベル2が良い気がする・・・ということでもっと良いプロテクターが無いか調査中




参考までに「K-4362 CE LEVEL2 PROTECTOR」の写真色々
K-4362 CE LEVEL2 PROTECTOR







クシタニ K-4363 CEプロテクター





NEXT≫
サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


トロイリー Revパンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


NGKプレミアムRXプラグ


NGKプラグキャップ


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


力造 スキッドプレート


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー
LFX14L2-BS12


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


GIVI E43NTL


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30x (英語版)


ドイター コンパクトEXP12


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)


TGR
パフォーマンスリアショック