バレル4Sの消音を試みる その8

バレル4Sサイレンサーの消音化をするべく分解してみたのが2月末でしたが
過去記事:バレル4サイレンサーの中身

色々ありまして時間がかかりましたがようやく完了したので記事アップです
実施した消音化の改良点は以下のとおり

①パンチングの筒は穴がもっとあいたものを自作
②排気干渉型のインナーサイレンサーを中身に仕込む
③グラスウールは新品に交換
④マフラーエンド部ももう少し形状を考える


ひとまず作業風景

①パンチングの筒は穴がもっとあいたものを自作

サイレンサー内部のグラスウールを巻くパイプはパンチングが少ないので


吸音効率を上げる目的でステンレスのパンチング板を丸めて作成
塩ビパイプに固定しつつもじっくりゆっくり筒型にしました
本来のパイプはテーパー状になってますが上手く絞れそうになかったので真っすぐな円筒形です



②排気干渉型のインナーサイレンサーを中身に仕込む

サイレンサー内部の径を測って丁度良さそうな排気干渉型のインナーサイレンサーを準備
キジマのインナーサイレンサー (ドラッグパイプタイプ) 44.6φx150mm


本来は真っすぐな筒の中に仕込むものなのでしょうけどまぁ影響は多少はあるはず

羽?部分が結構不規則に曲がっていたので調整したあと


サイレンサーのエンジン側の部分に穴を開け(すごく硬い)


パンチングパイプと一緒にボルトでトモジメ
パンチング板の厚みが良い感じにムギュッと隙間を塞ぎパーツ合いは良い感じに



③グラスウールは新品に交換

サイレンサーの外側筒に排気側の底を付け直し
ガスケットを塗ってトントン叩きいれてリベット止め



パンチング筒がちょっと長かったので微調整し


新品の純正グラスウールをセット


ここで違いを発見、交換用に準備したもののステンウール部分が細いものに変わっている
どっちが新しいデザインなのかは不明
(左:交換用に買ったリプレースメントグラスウール 右:最初に入ってたグラスウール)



本来はテーパー状になっているパンチング筒部分に合わせて作ってあるらしく真っすぐ作ってしまった自作筒に
すんなりとははまらない、慎重に無理やりどうにか押し込む


本当はさらに追加でグラスウールを巻いてやろうかと思っていたけど結構ギリギリまで巻いてあるようで追加の余地なし

グラスウールをセットしたものをガスケットを塗り慎重に本体に叩き入れ後にリベット固定


最後にリストラクターもセット



ひとまず復元完了



④マフラーエンド部ももう少し形状を考える

マフラーエンド部分は今までの経験上から「排気管をテールピースの外に出す、そしてできるだけ遠くに」
だけにしてみる(曲げパイプは装着の手間がかかるので)

延長パイプは今回新しくみつけた片アジャストパイプを利用
スポッとバッフル部分の筒に重ねられる良い感じのパイプ(ちょっと高いけど)


パイプカッターで適当に処理をして型合わせて短すぎず長すぎずな所でカット



これに穴をあけて以前あけたサイレンサー側の穴とガスケットを塗ってボルトで固定



あとはリストラクターの押さえ兼ゴミ侵入防止としてステンタワシを根元に通しテールピースをセットし完成



こんな感じに
バレル4Sサイレンサー

そしてセローに装着
装着前


装着後



バレル4S装着時にタンデムステップ(TZR250R用)が干渉したのでスペーサーを入れて調整しました。



肝心の音量比較

純正サイレンサー


バレル4S消音ver8



なんだかポッポッポッポっと排気管の形状由来の音がする感じがしたのでパイプを斜めにカット後





参考:
昔の動画ですがバレル4Sそのものの音





間が開きすぎてどうにも曖昧な感想でありますが
以前作ったエンドパイプ延長だけのものよりは音質の極端な変化はありませんが音量は下がったように感じます
「ご近所迷惑だから早目にエンジン切らなきゃ」感が以前と比べて薄くなったような?
シートに座って走ってる分には音が随分遠く離れたとこに行った感じです

もうひとつの目的の目的であった出力特性を純正サイレンサーに近づける件ですが
走って見た感じはバレル4S無改造と比べると純正サイレンサー寄りに20%くらい寄ったかな?といったところ
発進時や低速時に気を緩めるとガッっとなっちゃう部分は残ってるけどちょこっとだけマイルドさが漂うような・・
巡航時は・・・違いが分かんない・・・回転の伸び方は無改造と差が明確ではない感じ

インナーバッフル詰めたから吹け上がりの変化が大きいものと思っていたけどそれくらいではそこまで変わらないらしい
音量を下げる目的は果たしたとみなしひとまず今回はここまでにしておきます。


あと、ヒートガードですが今までは耐熱樹脂で手作りしていたりしましたが今回純正のものを使いました


純正サイレンサーからヒートガードを取り外し


タンデムステップ用?の黒いカバー部分を外し


ステンレスステーを装着



その上に耐熱樹脂(樹脂まな板)を両面テープで張りつけ


完成


ステンバンドでバレル4Sに装着しこんな感じに


その他はフェンダーに排気が当たりやすくなったのでフェンダーにアルミテープを張りつけカバー



純正ヒートガードはちょっと重いけど、なかなかキレイに収まりました。


しばらくはこれで




スポンサーサイト

バレル4サイレンサーの中身

今のところ純正のサイレンサーを付けてるので押入れの中に入ってるバレル4Sサイレンサー


でもやはり軽量化を考えるとなんとか使えるようにしたいところ・・・

現状の不満な点は
 ①純正よりも音が大きい
 ②発進時にガッ!っとなる(出力特性変化)

①については
 色々マフラーエンドの加工したりで多少は静かになったけど まだ工夫の余地があるのではないか?
 


②については
 排気の抜けをもう少し鈍くして出力特性を純正に近づけられないかな?

ということでもう中身になにか仕込んでみようかと思いまずは分解調査です

バレル4のグラスウールの交換は先達の記事を参考に

まずはリベット外し
「ドリルで削り取る」とは見かけるけど・・・やるのは初めて・・・


何度か試行錯誤して結果としましては
・5.5mm~6mmのドリルでゆっくり慎重にリベット中心を掘り進む(リベットの径より少し大きいドリル
 (サイレンサー本体を削ってしまわないようにユックリ)


・丁度良く削り進みむとリベットの皿の?ところが削り切れて取れる→皿部分がクルクル回りだすのが合図


・最後にピンポンチなどで内側に叩きこみ外す


みたいな感じ

よ~し終わった終わった っと喜びもつかの間・・・


エキパイにつながる所の蓋が全然外れないぞ・・・

手で引っ張ってもびくともしない
タイラップで棒に引っかけて引っ張ってもびくともしない
全然力が入らない&変形させたくない・・・というのも合わさり途方に暮れる・・・

ひょっとしてエンド部なら外れるんじゃ?と思いリベットを外してみるもののこちらも動かない・・・
固着して外れないのでは?と思って内側にゴムハンマーで打ち込んでみたら内側に少しずれた


そしてやっぱり緩まなかった・・・

その後しばらく試行錯誤しようやく外れた・・・



蓋の外し方(自己流)
・リベットを取ったらミッドパイプを接続しスプリングも付けておく
・サイレンサーを脇に抱え込み固定しミッドパイプを掴んで細かく左右に揺らしながら外そうとガンバル
・大きく揺らすと変形しちゃうので細かくギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコ・・・・
・最初はまったく外れる気配が無いけどあわてずにギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコギコ・・・・

・結果:外れる
・液体ガスケットが塗ってあり結構抜けにくくなっている模様



本当はサイレンサー本体をシッカリ固定してやるのだろうけど・・・グラスウール交換をやろうと思ってる人は焦らずに

エンド部の蓋は塩ビパイプでガッっと内側から叩きだしました






バレル4の中身は
・本体
_0035266.jpg

・グラスウール(メッシュ網、ステンウール、グラスウールの積層構造)


・パンチングのステンレス?の筒(先細り)


ステンメッシュの網は一番内側
次のステンウールは結構な量?

その外側にグラスウール(約1m分)


調べてみるとグラスウールが吹き飛ばないようにとの構造らしい?
確かにそんなにいっぱい乗ってはいないがグラスウールにそれほど劣化や減りはみられない

パンチングのパイプは先が少し細くなっている、パンチングの無い部分もあり


どうやら先細りなのは良い感じで排気効率はどうのこうの・・・というものらしくはある
パンチングされてない部分は溶接の為?それともこれも性能が云々ということか



う~ん
これの抜けを鈍くしつつ消音効果を増大させるには・・・と改造計画を考えると

・排気干渉型のインナーサイレンサーを中身に仕込む
・パンチングの筒は穴がもっとあいたものを自作
・ステンウールの量を減らしグラスウールを増やす
・マフラーエンド部ももう少し形状を考える

と言ったところでしょうか


結果どうなるか想像つかないが目下のところ加工中です
静かで軽くて純正みたいな排気のものに運良くなってくれればいいのだが・・・








DELTA(デルタ) バレル4-S(JMCA) サイレンサー セロー250用



マフラーのメンテと錆止めペイント

しばらくは純正マフラーで行く事にしたので少々メンテナンスをば



なんだかヒートガードが熱いな~と思ってた時に以前取り外して分解した際に耐熱ワッシャーを
2個ほどボロボロにして取り外した事を思いだしたので



このワッシャー結構脆いので注意



まな板(耐熱120度)を適当に丸く切りだし挟み込み


本当はヒートガードが熱くならないように中になにか仕込もうかと思ってたのだけど
なにかする余地があまりないくらい断熱材が細かく入ってた・・・





あと、エキパイやマフラーをとっかえひっかえ試してる時に傷をつけてしまったのと



底面部が小石?などで以前から少し塗装がはげていたようなので



耐熱塗装スプレーを買ってきて



細かい下地処理とかは無しで脱脂のみでブシューっと適当に(なるべく薄くを心がけて2回塗り)



熱で硬化するとのことなのでしばしアイドリング



よーくみるとちょっと汚いけど遠くならわからないかな・・・



そのついでに各部の微妙な錆部分も



錆止めペイントなるもので処理


g


さすがに細かい傷が増えてきたなぁ・・・

セロー250にSP忠男パワーボックスエキゾーストパイプを装着

セロー250用SP忠男パワーボックスエキゾーストパイプです



インプレが好評なようなのでいったいどんなものか試してみたくて買っちゃいました
梅雨前には届いてたのですが雨とか用事とかでようやくこのたび装着です
製作者の言う「気持ちイー」とはいったいなんなのか・・・その謎にせまる!

他のエキパイと比較するとこんな感じ
パワーボックスが一番長く径が大きい、トルクヘッドパイプは微妙に純正より径が大きい




パワーボックスを装着前にサイレンサー(純正、バレル4S)とエキパイ(純正、トルクヘッド、忠男)を
入れ替え差し替え試しましたが、それはあとでまとめるとしてまずは装着してみた図



装着方法は説明書が写真(モノクロ)付で1枚同封されていますのでその通りにやればおおよそ大丈夫
説明書に書いてあるけど以下の2点はシッカリ守る事をお勧め
 ・装着終わったらパーツクリーナーでよく指紋などを落とす事(指紋が焼き付いて浮かび上がると残念な気分に)
 ・ボックス部分が接触しないように上側に押し上げながらしっかり固定する事(隙間は5mm前後)



自分は・・・押し上げ方が足りなくて試走後にボックス部分が接触してて跡がついてしまった・・・
(あと接触したままだとクラックの原因になるそうなので注意)

純正のヒートガード(fiセロー用)が使えるのでズボンが溶ける心配はなさそう
ボックス部分はヒートガードより内側にくるので滅多なことでは接触しなさそう、でも丁度良く転倒して挟まれたら焼印つきそう

あと気付いた点
・ZETAのEDスキッドプレートは問題無く装着可能
・純正マフラーを付ける分には液体ガスケット使わなくても排気漏れなし(これは個々のパーツの歪み具合による)
・バレル4sに装着する時にはスリット部分の隙間ができて液体ガスケットを付けてパイプバンドで上から押さえる感じに
・ちょっと走るとキツネ色に変色
 


試走後のインプレですが、製作者のブログ:SPTADAO SEROW250編 の表現を引用しつつ
 

◎忠男+純正サイレンサー (擬音:トゥル トゥル トゥル)
・発進時、なんだか坂道をクラッチ切ったまま下るような感覚で加速
・発進時、アクセルの開閉時のガッっとくる衝撃が随分和らいでる
・引っ張ってみても「ある回転数からグォーー」とかは無く「モーーーーー」っとスピードが順当に上がる感じ
・エンジンが「頑張ってるぞ!」っと主張しなくなったけどいつもの仕事はしてるかのような
・トルクアップのほどはよくわかりません、上り坂を回転不足気味でテストしてみたけど変わった印象なし
 (変わってるかもだがハッキリ断言できるほどには違いを感じられなかった)
・キンキンキンっという音、これはさほど気になりません、注意して聞かないと聞き取れないくらい
 (でもたまに耳に入ってくる、聞こえ始めると集中しちゃうのかしばらく聞こえ続ける)

◎純正エキパイ+純正サイレンサー (擬音:トッ トッ トッ)
・なんだか懐かしいような・・・ぁぁ・・・そうそうこんな感じだった・・・

◎トルクヘッド+純正サイレンサー (擬音::タッ タッ タッ)
・発進時、アクセルの開閉時のガッ が現れる
・引っ張ってる時の初めのほうからギアチェンジまでの間の後半部分にグアーっとくる

◎忠男+バレル4s (擬音:ダゥ ダゥ ダゥ)
・発進時、アクセルの開閉時のガッ がより強く現れる
・バレル4sの強い個性の影に「トゥル」が見え隠れする
・相殺というよりも被ってる感じ

◎トルクヘッド+バレル4s (擬音:ダッ ダッ ダッ)
・今まで乗ってきた組み合わせ、いったん忠男+純正サイレンサーにしてみるとパルス感がどれだけ強いのかわかる
・発進時、アクセルの開閉時のガッ が一番強く現れる
・高回転時の勢いは捨てがたい


試走後に製作者のブログを読み返すとなんとなく言ってることがわかる気がする
アクセル開閉の衝撃が緩くなる事によって負担が減ると言う話もなるほどな感じ
ひょっとして手の痛みとかお尻の痛みなども軽減するのかな・・・

そんなわけでしばらくは「忠男+純正サイレンサー」で行くこととしました
_0032873.jpg


パワーボックスエキゾーストパイプについての所感
デルタのペアと忠男+純正ペアで比較するとモーターで発進するかのような感覚で面白い
「気持ちイー」というのもなんとなくわかるような気もする
極端なパワーアップやトルクアップは感じませんでしたが、特に減っているわけではない感じ
エンジンは「頑張ってるぞ!」主張しなくなったくせにしれっといつもの仕事はしてるかのような具合
パルス感を押さえつつもパワーダウンを感じさせないところがこれの良いところかな?
オフ車の場合は頑張り具合をエンジン音や振動で判断する事が多いと思うので
静かでいつも通りであれば相対的にパワーアップを感じるかのかも?と思ったり
ポジション的にはトルクヘッドパイプの反対側の存在かなと、人によっては物足りなさを感じるかもしれない
でも変化量が大きいので気分転換用に持ってても損は無いパーツと思います。










POWER BOX(パワーボックス) エキゾーストパイプ SP忠男




NEXT≫
サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


クシタニ Eコーデュラパンツ


トロイリー Revパンツ


Thor Range ジャケット


Thor Range パンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


ABUS Provogue 305


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


TOP工業 ハイパーレンチ


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30 (英語版)


Transystem TripMate852


ドイター トランスアルパイン25


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)