セロー250にツーリングシート装着

セロー250のツーリングシートです。勢いで買っちゃいました。
セロー250 ツーリングシート


いままで自分でアンコ盛りしてみたりシート革を変えたりと色々してきましたが
快適さを求める気持ちには底が無く、さらにその上があるのならばと・・・

見た目平らな面が広くなり、最底部の位置が後ろ寄りに?
触った印象が今のアンコ盛りしたシートより「硬い」、なんというか淵までしっかり硬い

シートは柔らかすぎてもダメとか聞くけど、元の純正はどうだったかな・・・思い出せない・・
アンコ盛りもこのくらい硬くないとダメだったのであろうか


さて、このツーリングシート、水が染み出る(雨に降られた後)との評価が多い品
既にわかっていることであるのであればってことで試し乗りする前に防水加工をしちゃいます。

内容は
・内部に被せてあるであろうビニールを丈夫なものに交換
・シート革の縫い目にコーキング材を塗りまくり


復元用に写真を撮ったあとにタッカー(STRAIGHT)と針抜きを準備し革外し
(剥がす前に革の位置をサインペンかなにかで印をつけておくと同じ張り具合に戻しやすくなると思います)



革を取ると薄いビニールで包まれた本体が



ビニールが思ってたより薄い、これを分厚くすれば?とも考えたけど硬いビニールだと座り心地も変わってしまうのでは?
と思い厚いビニールへの交換は中止です

一部破れてしまったので梱包時に被せてあったビニールが丁度同じような感じでだったのでこちらに交換





次にシート革の縫い目にコーキング塗布

縫い目はこんな感じ



これをバスコークで(乾燥後も硬化しない柔軟なものならばなんでも?)



縫い目の上と合わせ目の隙間に塗りこみ、そして塗り重ね、その後1日乾燥の為放置
_0036616.jpg


あとは慎重に写真をみつつタッカーで止めて、不要なビニールをカットしたりして完成



装着前後



アンコ盛りバージョンと比べると平らな部分の多さが目立ちます



座って見るとタンクとの隙間が少し大きくなったような気がするけど気にしない



シートの配色もあってかセローちょっと太ったような感じに?




少し試走してみての感想ですが
・お尻の接触面が少し増えたのとあわせて内腿も少しシートの上に載せてるような感じになってる
・シートが太くなったせいかニーグリップならぬモモグリップがやりやすくなってる
・タンク近くのくぼみが浅くなって後ろ側に座るのも少し楽になったような
・シートの硬さは「あ~硬めのほうが正解なのかなぁ・・」と、これの好みは個人差が出るかな
・お尻の痛くなってくる時間(スタンディングで尻休みしたくなってくる時間)は2割増で改善だろうか
 (自作アンコ盛りシートと比較して)
・足付きは特に気になるほどは差がでなかったが、視線の高さが随分上がった
 今までより硬いシートで沈み込みが減ったせいかな
・膝の曲がり具合が少し改善、スタンディングの為のスクワットもちょこっと楽に

多くを語るにはまだ走行距離が足りないですがマイナスな面はあまり無さそうです
値段が高いのがネックですが・・・いや値段が高いからこそブラシーボ効果でさらに快適度抜群!
(病は気からといいますし・・・)

シートは改善手段は限られますのでセローに長く乗るのであれば買っても損はないかと








セロー250  ツーリングシート





スポンサーサイト

セロー250のシートにMOTIONのユニバーサルシートカバー装着とアンコ盛

以前の林道ツーリングで下り道でかなり前のほうに荷重がかかってしまってるみたいで
フロントフォークが動いてないかのような感触
それはシートに座ってる時に顕著で同様の事は前からあったのですがどうも意識して後ろに座っても
すぐ忘れたりお尻が滑ったりでいつの間にやら前側に座ってるという・・・

それじゃー以前から考えてたアンコ盛の増量と含めてシートカバーも滑りにくいヤツに交換してみようと
年末に買っていたのですが、なんだかんだで今頃ようやく実施です。


準備したのはMOTIONのユニバーサルシートカバー オールグリッパー(ブラック)



見た感じ滑りにくさを感じさせる



裏面はこんな感じ


前側にちょっとシート形状を意識した縫い方してますが、縫い目はあまり美しくはない
縫い目には特に特別な防水加工は無いかな?


シート加工ですが今回はアンコ盛もするので元のシートの黒い部分を計測して



20mm厚のスポンジに線を描いて定規でギューっと押しつつカッターでユックリとノコギリ引きしてカット



今回は以前いれた10mm厚の2倍の厚みのスポンジを入れるということで端っこが圧縮されて固くならないようにと
スポンジ周囲を斜めにカットも追加で内側に線を引いて定規と下板の淵を使ってこれまたユックリとノコギリ引き



さらに以前の反省から中央部を凹ませるために2cm幅ほどカット



自分はお尻の痛みは2種類あると思ってます
①シートが固いor接触面積が少ない時の痛み(座り続ける事による鬱血により大臀筋付近が辛くなる痛み)
②シートが柔らかすぎる時の痛み(中央部のスポンジが食い込み肛門付近が摩擦や圧迫を受ける事による痛み)

スポンジが柔らかいと②番が発生しやすいと身を持って体験してますので・・・
完治に時間かかるし辛いんですよね・・・
純正と同じウレタンなら大丈夫なのかもしれませんが近くにはなかったもので、そんなわけで溝を掘ります


次にタッカーの針を外してみると以前仕込んだ10mm厚のスポンジが5mmくらいにぺちゃんこになってました



しばらく置いておいても復元しないことからずっと柔らかいスポンジを圧迫するとこんな感じになるみたい
なんだか純正ウレタンの感じと似ている・・・とすると20mm厚のは最終的に10mm厚くらいになるのかな?

ともかく剥がします、接着剤を部分的に使ってるので純正部分を千切ってしまわないようにカッターで切りつつユックリと



改めて見ると汚くなってるな・・・



作業中ずれないように両面テープをチョコチョコ張って、シートの上に乗せ
20140126-_0027254.jpg


防水がちょっと心配だったので厚手のビニール袋を被せて軽くタッカーで止めて余剰部分をカット
(XRのシート張替えを参考にしました)
20140126-_0027265.jpg


そして仮止めしつつシート位置決め


大きめなので場所を色々迷いましたがシートカバーの一番後ろを基準にする感じで決まりました。
MOTIONのロゴが表に出ないけど・・・ロゴ位置に合わせようとするとどうも縫い目が当って痛そうだったので


あとは前後をタッカーで止めつつ伸ばしつつ針を抜いてまた伸ばしてやっぱりダメだと針を全部外したり・・・
もうすっかり昔得たコツを忘れている・・・
結構固い革で純正やソファー用の合皮より加工がしにくい感じです、クリップじゃ仮止めがうまくいかないし
厚いし表面固いしでタッカーの針もなかなか通らない事も多かった
あと手に豆できて潰れたし・・・引っ張ったり伸ばしたりする時は手袋するのをお勧めします


タッカー針を5回ほど交換したかしないかくらいでようやくココまできました、おそらく下の樹脂は穴だらけでしょう




最後はこの部分がシワが残りますが針を外して斜め前に押し伸ばす感じでグイーーーーーっと引っ張ってどうにか




まぁいいか・・・くらいまでには到達できたので余剰部分をカット



そしてこんな感じに




補強としてカットした余剰部分を両面テープで後ろの角のトコに張ります(昔メンテで外して立てかけてたら穴あいたから)
あとMOTIONのロゴを切り取って前のほうにペタッと



純正に比べると明らかに滑りそうにない



セローに装着後




タンク部分とかとの隙間が目立ちますがおそらく淵部分の強く皮を引っ張ったせいで淵の部分のスポンジが潰れてしまいボリュームが減った為と思われます。
跨ってみるとなかなかのグリップ感、柔らかいズボンなんかで乗ったら腿と尻の皮が剥げそうな気がする
中央の溝も思った感じになってるみたいだしひとまず成功かな?
ハイシート効果は実質10mm分アップくらい?って感じです
しばらく乗ってスポンジがある程度つぶれて革もちょっと伸びたとこでもう一回張り直しがいるかな~



実際に走っての評価については別件で問題が起こって動かせない状態になってしまいまして・・・(-_-;)
またいずれ・・・



















シートカバーでアンコ盛り

コミネの3Dエアメッシュシートカバーによりお尻対策はさらに良くなるはずだったのですが・・・


なんだかこの頃から肛門に痛みが!(-_-;)
最初は乗り方が悪かったかな?と気にしなかったのですが乗車を重ねる毎に確信に変わり・・・


バイクの「お尻が痛い」にも色々あるとは思いますが、
これは痔になるコースでは・・・と心配になりちょっと対策を


メッシュシートカバーをつけたシートを観察するとカマボコ状になってます。


どうもシートカバーにより表面が柔らかくなり尻の谷間に入り込んできてしまって
尻の谷の底が攻撃されてしまっている様子
となれば柔らかいシートは中央に溝を掘ったりして凹ませれば解消するはず

ということで3Dエアメッシュシートカバーとシートの合間にスポンジを追加してみました。
2cmくらいの柔らかいスポンジをシート形状に合わせて中央を切り抜き


ちょっとスポンジを両面テープで軽く固定してシートカバーを上から被せます


これでは外から丸わかりでかっこ悪いので滑り止めシートを被せて色でわからなく



300キロほど無理やりツーリングしてテスト(山の上に逃げたけど暑かった・・・)


既に半分くらいに潰れてしまったけど、効果は十分だったようで穴への攻撃性は随分弱くなりました。


大殿筋の鬱血からくる辛さは増してしまいましたががこれは休憩でなんとか回復できます。
「柔らかすぎると逆に痛くなる」っていうのはおそらくこういう事だったのかなぁ


今までの経験からのアンコ盛注意点
・シート上面の形状は平らになるように(カマボコ状にならないようにする。)
・左右の大殿筋で体を支える事を基本とする(中央は浮いてる状態に)
・柔らかくする場合は沈み込みを考慮し谷間への食い込みが無いように中央を凹ませるなど処理する


上記を踏まえて涼しくなってきたらシート革の中に追加してあるスポンジをもう少し厚手にしてみようかな

コミネの3Dエアメッシュシートカバー

お尻対策、コミネの3Dエアメッシュシートカバー(XLサイズ)です





以前から同目的なラフ&ロードのミネルヴァシートカバーって製品が気になってたのですが高くて躊躇してました。
今回コミネから似た製品が出てるをを知り、思わず単品でポチッと・・・
サイズは一番大きいXLです。

正位置に座り続けるならSlimサイズでも良さそうなのですが
長時間乗ると前座ったり後ろ座ったりとお尻の移動幅が大きいもので・・・あとお尻自体も大きいもので・・・
それと全体を覆うようなサイズなら「なにか付けてるぞ」感も和らぐかな~と思いまして

各部サイズ



取り付けですがベルクロです(ゴムが仕込んであってちょっと伸び縮みする)


でもセロー250のシートだとちょっとベルクロが長くて収まりが悪くちょっと弛みも気になる



しばし悩んでからベルクロをバッサリ切除


かわりにテントポール用のショックコードで固定することに

(ショックコードは便利ですよ~色んな事に使ってます)


たるまないように&吸気穴の位置を考慮して固定





取り付け後に触ってみると思ってたよりシッカリ感がある



そこまで目立たないかな?シートがツートンカラーなのでちょっと境界線がわかり安いのがちょっと惜しい





とりあえず100キロほど走ってみての所感

・確かに蒸れによる不快感はかなり軽減されている

・既にセローのシートにはスポンジ1cm厚を1枚仕込んでるので逆に硬くなった印象だが
 座圧の分散の効果はでてそう、座り続ける事によるお尻の血行の悪さからくる不快感は軽減している様子

・滑り止め加工はされていないがブレーキや加速などでお尻が滑るという事は感じなかった。
 網目の凸凹で良い感じ引っかかってるのかな?

・シートとエアメッシュシートカバーのズレは無し
 XLサイズで接触面が大きく固定箇所を多くしたせいかな?

・編んであるナイロン紐が荒い為かちょっと接触面のさわり心地というかが気になる
 薄いズボンとかだと「網の上に座ってる」感が強く感じるかも

・ちょっとハイシートになった



走り終わったあと網目感がちょっと気になったので紙ヤスリでちょっとなでて細かく毛羽立たせて
ちょっとさわり心地を柔らかくしてみました。変化はほんの少しですけど。




ザラザラしたさわり心地は賛否あるかもですが値段からすればなかなかのコストパフォーマンス高いかな?
安いから気軽に試せるのはなかなか良いかも
今後シート間で滑るようなら滑り止めシートを挟んだり、さわり心地が気になるなら合皮を縫い付けたりで
対処してみようかと思います。








追記
どうやら固定のショックコードを強く張り過ぎると表面が硬くなってしまう様子なので、
ショックコードを各部をできるだけゆるく張り直し


ゆるくすると滑りそうな気がしないでもないので滑り止めシートを間にサンド


結果:結構さわり心地が違う・・・この製品は強く固定するのが良いってわけでもないみたい










コミネ AK-107 3Dエアメッシュシートカバー(サイズ:XL)




ミネルヴァシートカバー(サイズ:SLIM)


お店で見た感じだと裏にゴムで滑り止め加工がしてあって表はさわり心地が良さそうに見えた
でもちょっと高い


NEXT≫
サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


クシタニ Eコーデュラパンツ


トロイリー Revパンツ


Thor Range ジャケット


Thor Range パンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


ABUS Provogue 305


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


TOP工業 ハイパーレンチ


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30 (英語版)


Transystem TripMate852


ドイター トランスアルパイン25


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)