セロー250にジェベル250XCのステップを装着

セローのステップはDRCのワイドステップ(これはもう廃版で現行品はクロモリワイドフットペグ)を装着してましたが
微妙に歪んできてるしそろそろ違うものをと探してました



セロー250に装着できるワイドステップは知ってる中では
レアルエキップ、IMS、DRCのクロモリ、純正を溶接加工したもの
などがあり、第一候補はIMSのワイドフットペグだったのですが、
調査を進めてみるとどうやらジェベル250XCの純正ステップが
取り付け可能らしい、セロー純正ステップより大きくてさらに安いらしい!

これは試してみねば・・・ということで準備しましたのは

SUZUKI 純正部品の
右ステップ:品番[43550-03B00-019] フツトレストフロントライト(フ″ラツク)  ¥1,242
左ステップ:品番[43560-03B00-019] フツトレストフロントレフト(フ″ラツク)  ¥1,242



と、セロー250純正のステップのスプリングはジェベル用のステップに入りませんでしたのであとで追加注文した
スプリング:品番[09448-15004] x2 ¥108 x2



あとは割りピンはホームセンターで適当なものを



このステップはジェベル用ということで在庫があるのか心配でしたがどうやら海外販売の
DR-Z125、DR-Z125L、DR200S、DR650SEなどに今でも使われているもののようで
簡単には在庫切れにはなりそうにないようです


ひとまず写真色々
作りは値段なりですが長年使われている品番なのでステップとしては問題は無いという事かな?



ステップの前後の幅は40mmでセロー250純正のステップは31mm、DRCのワイドステップは48mmくらい



左右の幅はどれもあまりかわらず



なのでセロー250純正と比較すると面積差はおおよそジェベル用=約1.3倍、DRCワイド=約1.5倍



あと高さも違うらしいのでギザギザ面を下にして固定部分の穴の位置で計測(爪楊枝に印つけて)




セロー純正=約33mm
ジェベル用=約18mm(セロー純正より15mmダウン)
DRCワイドS=約27mm(セロー純正より5mmダウン)

あとギザギザの差







よく見てみるとジェベル用は歯の前部分はちょいと下に向かって斜めになっている




取り付け部分の差




セロー250純正のスプリングは入らないのでご注意を



左がセロー純正、右がジェベル用のスプリング



ピン部分はセロー純正がそのまま使用可能



せっかくなのでそれぞれ取り付けて違いを三脚で記念撮影してみます


左:セロー250純正、真ん中:DRCワイドステップ(歪あり)、右:ジェベル用

横から



傾き加減



上から



前から



セロー250純正ステップと比較すると
ジェベル用:約5mm後退、下方に15mmダウン、面積1.3倍、傾きは少し前下がり?
DRC:前後位置同じ、下方に5mmダウン、面積1.5倍 、傾きは前上がり


装着具合ですが、ちょっと隙間ができるけど普通に取り付けできました


スプリングワッシャーで詰めることもできるけどバネで押さえられてそんなに動かないし
転倒時にステップにかかる力の逃げ場としてそのままにしました


で、気になったところが右側ステップを持ちあげた時に歯がブレーキペダル基部にぶつかるところ



ストッパーはこの部分なのですがもうちょっととどいてない・・・


まぁこれくらいならいいかなぁ・・・と悩みましたが・・・結局ヤスリで少し削りました
削ってみた感じでは普通に鉄製のようです



左側はどこにも干渉せずそのままで大丈夫でした


左側は微妙に斜め後ろになってるような?
セロー側の基部が歪んでるのか、そもそもそういうものなのか、はたまた制作精度の問題かは不明


正式取り付け前にちょっと塗装が艶々しててなんか気に入らなかったので
錆止め強化と併せてマットブラックで塗装して取り付けてこんな感じに



バネを入れて割りピンで止めて正式取り付け



DRCのワイドステップと比較しても10mmくらい下がって歯面の傾きも変わってるのでブレーキペダルを調整
(まずは勘でやって試乗して再調整)



合わせてブレーキランプスイッチも調整を忘れないように



シフトペダルは取り付け部を1山ずらしてますがギリギリ下限値で丁度いい感じに
(まずは勘でやって試乗して再調整)



ふむむ・・・おかしくは無い







所感
DRCのクロモリワイドフットペグの説明を見ると
・高さが上がる→重心があがりコーナーで倒しこみが楽に
・高さが下がる→重心が下がりスタンディング時にトラクション性能が向上
らしいけど・・・変わってるのかな?言われてみると変わってるかも?といった感じ
ステップに荷重かけてみると少し挙動量が少なくなったような?・・・う~ん・・・

変わったとわかったのは足首の負担がちょっと軽減、
傾きがDRCに比べて前下がりになったのと高さも下がったので合わせて足がけっこう楽に

スタンディング時の安定感と言うか安心感みたいなものはそのまま面積に比例してるような気がする
純正とDRCとの真ん中くらい

ギザギザ具合はちょっと物足りないような?
まだ慣れて無いだけかもだけど違和感が続くようならヤスリで歯を立ててみようかと
あと真ん中の梁の部分になにかギザギザっぽいもの付けられたらななぁ・・・と思案中

社外品より安いのでちょっとワイドにしてステップ位置を下げてみたいって人は試してみるのも良いかなと思います


※くれぐれもカスタムは自己責任でよろしくです (´・ω・`)








おまけ:
ネットで調べた分の情報と適合とかで付合わせてみると
セロー250に装着できそうなのは下記の車種に適合した製品

---------------------------------------
YZ80 97-98
DT200 WR
DT230 LANZA [ランツァ]
KLX125
D-TRACKER125
KLX150S
DJEBEL250/250XC
DR250/350S/R
---------------------------------------

IMS:ワイドフットペグ プロシリーズはこれでいくと
IM-297311-4 or IM-295512-4 のどっちかなのだけど・・・どう違いがあるのか不明
だれか付けてたら傾きがあるかどうかとか教えてもらえると助かります
DRCの場合はクロモリワイドフットペグ D48-02-507で決まりっぽいけどちょいと前上がりらしい

スポンサーサイト

予備部品にシフトペダル追加

予備部品は左右のレバー、点火プラグ、クラッチワイヤーを積んでましたが今回新たにシフトペダルを追加しました。

用意したのはキタコの可倒式アルミチェンジペダル(KSR110用)です
ペダル関係のトラブルは聞き知った分でも2件ほどあるのであったほうがいいかな~と



転倒によるボルト基部の破損も考慮して純正品ではなく直接付けるタイプ
取り付けると逆シフトになってしまうけどシフト変えられずに走って帰るよりは・・・ってことで
そこそこの値段のものなので作りはなかなか良さそうです

位置を比較するとこんな感じ


装着できるかどうかちょっと不安だったけどやってみるとすんなり装着できた
このギザギザ部分ってバイク業界で共通規格なのかな?
(ちょっとバリがあったようで多少引っかかったけど何度か付け外ししてるうちにバリが取れたみたい)



ブーツを置いてみるとペダルまで遠いけども
これを付ける時はショボーンっとしながらゆっくり帰る事になってるでしょうし
慣れない逆シフト状態ですから〇速固定+αくらいに思って使えば特に問題ないかなと



停車状態でガチャガチャとシフトチェンジしてみましたが、
頭でわかってても最初から普通に間違う、そして間違いまくり・・・
これは交換後走りだす前にちょいと練習しないと危ないかも

車体にわからないように隠そうかと場所を探したけどなかなか良い場所が見つからず
今のところ後ろの箱に放り込んでます。








キタコ アルミチェンジペダル


セロー250のシフトペダル調整

セロー250のシフトペダルの高さ調整ですが、ブーツを使う事もありほぼ上限いっぱいまで上げてあります。
調整の方法はリンク部分の左右のロックナットを緩めて繋いでるボルトをクルクル回すだけ




ここで注意する必要があるのは、ペダルを上げたときにリンクの後ろ部分がフレームに接触しないようにする事




ココまでは自分も以前からやってましたが、
リンク式シフトペダルの話しの中で気になる事を見かけたので実施してみました。

狙いは図であらわすと



シフトシャフトを回すのに必要な力を「赤矢印」とすると、リンクの角度がある場合は力が分散されてしまうので
斜めになってるリンクでは回す為の赤矢印の力を発生させるために「緑矢印」のような大きな力の必要になる。
なのでリンクを斜めな状態から直角に近づければより軽い力でシフトチェンジできるって理屈です。
そんなわけでシフトシャフトの取り付け部分をずらして直角に近づくように調整してみました。

ここのネジを外します。


山が切ってあるので外側に引っ張って外す感じです。


最初汚れてて気づかなかったけど印が付けてありました。


印の位置から1山分ずらして装着し、リンクの調整ネジで微調整


シフトシャフトのところは1山分の違いなのにリンク部分はギリギリまで短くする事になりました。
上限いっぱいまで上げるようにセットしてる状態でこれですので、
ちょいと下げてる位置の場合は同じような施工はできないかもしれません。



違いはこんな感じ

調整前


調整後


通常位置は直角にはなりませんでしたが、
遊び分も考えるとアップ時は直角に近くなる感じです。
フレームとのクリアランスを以前より1mmくらい多く取ったので少しシフトペダルの角度が違いでてます。

試走してみると・・・少しだけシフトチェンジが軽くなったような気配?
特に停車した時に4速からNまで落とすとかの動作が軽くなったような感じ

でもこの前オイル変えちゃってるのでいまいち自信無い・・・
感覚の鋭い方、まだやってなかったら試してみてください・・・





オマケ:
あと自分はシフトペダルのゴムを樽型の細いのに変えてます。


上限いっぱいに上げて更に上げたいって方は変えてみるとちょこっと高さを稼げて爪先を差込やすくなります。
あとゴムも硬くなって力が逃げずシフトも入りやすくなるような気がしてます。

でもスニーカーとか足の甲が柔らかい靴でで乗ってる人だと痛くなるかも


セロー250のシフトペダルゴム交換

セロー250のシフトペダルのゴムの淵がちぎれてきましたので
セロー250のシフトペダルのゴム


バイク用品店に並んでたキジマのチェンジクッションゴムってのを買ってきました。
キジマのチェンジゴム


前と同じような形も面白く無いし、オフブーツでもペダルの下に足先を滑り込ませやすくなるのを狙って
今までのより細い樽型タイプをチョイス





まず前のやつをカッターで切り裂き取り外し(細いドライバーでグリグリしてもよさそう)


比較するとこんな


そのままだと幅が合わないのでちょっと両端を切り落とし


あとはグリグリ押し込んで完了





ちょっと試した分には予定どうり引っかかりとかは減っているような気がします。
しかしこの先色々な状況で足先がやたら痛くなるとか滑るとかそんな事になるようなら
純正に似た形に変えようかなとは思います。

ともかくしばらく様子見です(´・ω・`)



追記:
オフブーツ着用でのツーリングの結果ですがシフトチェンジがなんだか楽になったように感じます
クッション性が低くなったおかげでペダルに加わる力が分散されないような感じ
前よりも軽い力でチェンジできるような気がします。
あとは特に滑るとかは感じず、あと不意に足に引っかかりにくくなった気がする
おおむね良好です。







キジマ チェンジゴム




NEXT≫
サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


クシタニ Eコーデュラパンツ


トロイリー Revパンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


NGKプレミアムRXプラグ


NGKプラグキャップ


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


ABUS Provogue 305


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


TOP工業 ハイパーレンチ


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30 (英語版)


Transystem TripMate852


ドイター トランスアルパイン25


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)


TGR
パフォーマンスリアショック