セロー250にタンクバッグ

「そろそろセロー250用のタンクバッグを・・」と、オフロード用タンクバッグを色々物色してました。

色々といってもオフ車向けのタンクバッグは少ないですが・・・

そんなこんなで買ったのが、ラフ&ロードBWP テーパードタンクバッグ(RR9211)です。
ラフ&ロードBWP テーパードタンクバッグ(RR9211)

モトフィズのオフロードタンクバッグ3より割高ですが
・BWPという側面と底の部分が防水インナーになっておりカバーと併用して防水する仕組み
・メイン気室の蓋が手前側オープン
2点に引かれてポッチッと(´・ω・`)

色々観察
テーパードタンクバッグ

手前に小ポケット(コインホルダー付き)
左側面になんかポーチつけるやつと取っ手
右側面にはグローブホルダー
底面はすべりにくそうな感じ

実際装着する角度だとこんな角度?



固定は強力磁石とナイロンロープを選べる式(どっちも併用可能)



最近の磁石は強力ですね・・・指挟んで痛い思いしました・・・


前の磁石格納フラップは上下の入れる場所を選べるようになってます
セロー250の場合は後ろのほうの磁石は意味無いので前フラップの上下に磁石入れてます


マップホルダー部分は逆L字に開閉(ジッパーは2個)

A5版ツーリングマップルいれるとこんな感じ


メイン収納部


開閉はダブルジッパー


蓋の裏にポケット(レインカバー詰めてます)


ペットボトル6本入る容量


満載して閉めてみるとこんな感じ


レインカバー装着(地図は見えるようになってる)


付属品
車体固定用ベルト2本、肩掛けベルト1本、連結ベルト1個



セロー250に取り付け

ハンドル切った時にぶつからないようにすると取り付け位置はこんな感じ
セロー250にテーパードタンクバッグ装着後

後ろ側はベルトでフレーム固定



給油時とかは少しバッグを起こせばこの通り(フラップで支えられた・・)


取り付けて少しツーリングしてダートもゴトゴト走ってニーグリップでガシガシ挟んで・・・
バッグがタンクの形状に馴染んだあと



ちょっと容量が減った様子、このバッグは容量10リットルらしいのですが
タンクの形状にもよるというところでしょうか
でも十分かな~

バッグを外したときのフレームに結んだベルトは連結ベルトでこんな感じ




所感:
前部分の固定は磁石フラップだけで林道を少し走りましたが特にずれたりすることもなく十分な固定力のようです。

手前の小ポケット部の4隅がが丈夫に作られているのかちょっと硬い感じで少し気になる存在です。
もうすこし使い込めば柔らかくなるかな?

10リットル入るとは思えないけどペットボトルとオヤツとタバコや小銭がすぐ取り出せるのは中々便利です。
地図をすぐチェックできるのも初体験ながら便利この上なしです。
背負ってるバッグから取り出すのがメンドウでうろ覚えの勘進んで結局迷った事が今まで何度あったことか・・・

ダートでスタンディングとかもやってみましたが無い時よりもやっぱり邪魔です
でもバッグの中身とか気にせずにガシガシ挟んでバッグも車体の一部と思えばそこまで気にならないかな?といった感じ。

いままでタンクバッグ購入を後回しにしてましたがあると便利ですね、ふらっとツーリングとか特に。
早めに買っとけば良かったかなぁ・・・


追記
二代目のタンクバッグに移行しました 
記事:セロー250の二代目タンクバッグ エンデュリスタン サンドストーム3Sタンクバッグ




ラフ&ロード BWPテーパードタンクバッグ RR9211
スポンサーサイト

スロットルアシスト

ラフ&ロードのスロットルアシストです。
ラフ&ロードのスロットルアシスト


コレの存在は前から知っていたのですが、微妙な値段にずっと二の足を踏んでました。
手のひらでアクセル操作出来るようにしてスロットルの操作「握る」「捻る」の負担を軽減できる小物
微妙なカーブを持った形状でスロットルに装着します。

ゴムの輪は付属品、グリップの保護用と思われます。

装着は簡単でグリップにゴム輪を装着して端っこにアシストをセットします。




こんな作りですがアクセルを開ける方向にはまったく滑りません
(両手使って結構な力でやってみました)
逆側には滑って回るようになってますので調整は簡単にできます。

使い心地ですが
確かに楽です。グリップに手を添えてるだけで一定速度で走れます。
高速道路を走る場合などは活躍しそうではあります。


しかし・・・

このスロットルアシストは掌で押して操作するのですが
掌での操作だけだとアクセルの開度に限界があります。

アシストを上の方にセットすれば大きく開けることもできますが
その場合はブレーキの操作に影響がでます。

そして自分は運転で結構アクセルを大きく開け閉めしてることに気づきました。
アシストだけで運転してると「なんだか鈍いなぁ・・」って感覚が・・・

アシストに頼らず握りなおしてアクセル開ければいいのですが
その場合はちょこっと邪魔・・・


コレは長距離を定速で走る場合、アクセル開度範囲が少なくても良いバイク(大排気量のバイクとか?)
あとは使ってて気にならない人!
に向いてると思います。


もうすこし使い方とか使いどころとかを工夫してみようと思いますが
御蔵行きかもしれません・・・


MSRのバハパック

MSRのツールバッグのBAJAPAK(バハパック)です。
MSRのツールバッグのBAJAPAK(バハパック)

MSRのウエストバッグ類の中で最大の大きさのもの
工具を収納できる箇所を持つツールバッグの部類です。

丈夫で長く使えそうなオフロード用ウエストバッグが欲しいな~~~
ということで前から気になってたヤツをポチッとしてしまいました。
最近MSR製がお気に入りなのです。(´・ω・`)

・宣伝文句
 「BAJAでの使用を前提に作られておりマルコム・スミスもテストした ~」
とのことですがBAJA1000のこともマルコム・スミスのこともよく知らないので・・・
とりあえず丈夫そう。

このバッグは買う前に色々検索してみましたが、記事が中々少なかったです
よく使ってるウェブショップには紹介されているのですがそれ以上の情報が
無かったのですが姿に引かれて買っちゃいました。

参考までに写真色々

外観
MSRのツールバッグ
MSRのウエストバッグ


素材は1680Dのバリスティックナイロンを使用とのこと
触った感じも丈夫さを伺わせます。
フラップは柔らかです
コンプレッションベルトは腰の後ろにつけたままだと締めにくそうだけど
随分と長いので他の使い道もありそう
MSRのロゴはラバー製


各部の長さ


ベルト幅:5cm
縦:20cmくらい
横:32cmくらい
腰に当たるパッド部分の長さ:62cmくらい
バッグ本体の厚み:7cmくらい

フラップはベルクロで貼り付け式

コンプレッションベルトがあるからこれで十分かな


フラップのポケット

ちょっと浅いポケットだけどハンカチやティッシュ入れには十分


メインポケット部


1方向のファスナーで開閉(止水ファスナーではない)
メインポケットの中は仕切りなど特になくいたってシンプル
ポケットの外側の部分の素材にはなにか硬いクッションのようなモノが仕込んであるらしく硬いです。
タバコの箱が余裕でこのように入ります。変形を考えればもっと太いものも入りそう。
試したら500mmペットボトル2本と缶コーヒー1個余裕で入りました。
ツーリングマップルA5版も余裕で収まります。



ベルト部分
メッシュのクッションが付いていて付け心地は良い。通気も良さそう


オプションをつける場所アリ、ループが縦横に張ってあるので色々付けられそう




中身部分

フラップ裏にはビニールポケット



ツール収納部は見ての通り
工具を固定するゴム布のエラスティックループが多数
ループの数を数えてみたら23個



透明ビニールのポケットが1箇所と縫い目で仕切られたポケット部分が1箇所


体に当たる側にはプラ製とウレタン製の板が各1枚づつ仕込んでありました(取り外し可)


ここにもツーリングマップルは余裕で入ります。


手持ちの工具を詰め込んでみたけどまだ入りそう・・・でも重いからこんなに入れませんが・・・



付いていた札の図



ベトナムで作ってるのかぁ・・・原価いくらだろ・・・



サイドにペットボトルとかをくっつけてみる


登山用品にあるペットボトルホルダーなどループが付いているものであれば普通に付けられそうです。
こんな感じに



所感
道具を詰め込むとそれなりの重量になりますが背面のプレートや外周の硬質クッションなどで型崩れしそうにないです
硬さを利用して乗車時に背もたれ的な姿勢も可能かな?
体に当たる部分のパッドも広く、ベルトも幅があるので工具を満載しても付け心地は思った以上に軽いです。
サイドにペットボトルホルダーなどをつける部分はブレが少なくなるように作られていてお気に入りです

細かいところで言うとツール格納部の縫製にちょっと雑さが見え隠れしますがこれはもうしょうがないかなぁ・・・。

自分は工具をいっぱい詰め込むつもりは無いのですが、
ループが多ければゴム紐やナイロンベルトなどを追加するなど
工夫次第でいろんなものをバッグで暴れそうなモノ達を固定できそうです。

防水については特に気にしていない作りではありますがフラップに防水スプレーを吹いていれば
多少ががんばってくれるかな?といった感じ。基本濡れて困るものはビニールで包むとかで対応でしょうか。

メインポケットだけでも容量も十分で、今のところ不満は無いです。

実際使ってみてなにか出てきたらまた記事にでもしようかと思います。




セロー250の予備レバーについて

前に宿六さんの「レバーが折れた」って話を聞いてからサイドバッグの中に
純正のクラッチレバーとブレーキレバーを入れてあるのですが
次のバイクシーズンに向けて車載しているモノを整理をするにあたって格納場所を考えてみました。



雑誌を見ると長距離レース?のマシンは予備レバーをタンデムステップに付けていたり、フレームに縛ってあったりしてます。

「マネしてみよう・・・」

ということで色々車体に取り付ける場所を探してみます。

タンデムステップはステーがついててディスクロックがついてるのでちょっと無理っぽい
マフラー側のステップ位置はマフラーが邪魔で無理

サイドカウルの裏のフレームはどうにも収まりが悪いし、うまく固定できない。

リアフェンダー近くのフレームも固定がうまくいかず。

最終的に一番しっくりしたのがリアキャリアでした。
サイドバッグサポートを取り付ける穴の部分を利用です


今まではステーで組んだサイドバッグサポートを付けてましたが
バッグへのダメージが顕著になってきたのと、
取り外し取り付けがちょっとメンドウになってきたので
今回の見直しでバッグを横につけるのを止めました。


準備したのは5mm厚のスペーサーと長めのボルト、ワッシャーなど


このスペーサーが無いと溶接部分の盛り上がりにレバーが干渉してキレイに取り付けできませんでした。
あとキャリアのフックをレバーと干渉させない為でもあります。

ワッシャーなどを適度に挟みつつ取り付け、ボルトだけだと落ちてくるのでタイラップも併用
セロー250の予備レバー




あんまり目立たないしなかなか良い場所かな~と自己満足(´・ω・`)


最近のセローの姿

セロー250
SEROW250



記録写真的なもので特に意味は無いです。

こうしてみると欲しいものとか、変えたいものとか色々浮かんできます。

欲望は尽きないものです・・・

セロー250のハンドル周辺交換&各部調整

最初の頃とくらべて乗り方、座る位置、などが多少変わってきたのと
ケーブルやホース類のパツンパツンな状態を解消と切り詰めすぎたハンドルがどうにも気になってたので
ハンドル交換を実施しました。
CXハンドルバー


今回準備したモノ
・ZETA CXハンドルバー (ED-Medium)
・ZETA バーライズキット(19mm↑)
・PRO GRIP #790
・ZETA テフロンスロットルチューブ

今度こそ長く使うつもりでちょっとでも良いものをと
ハンドルはCOMPバーからCXバーに変更
サイズは今までのものと同じ(Enduro - Medium)を選択
(標準ハンドルとの差はダートフリークのHPにシュミレーターがあるのでそちら参照するとわかりやすいです)



このCXバーというのは材質が変わっているらしく強度が高くなっている為か
COMPバーに採用されていた「リブドウォールデザイン」なる溝加工がなくなってます。
CXハンドルバー

材質の強度が高ければそんな加工いらないって事なのでしょうか・・・
良いものならばCXバーにも溝つけてもよさそうなものですが・・・強度高すぎるのもダメってことかな?
左:CX    右:COMP



あとCXバーにはバーパッドが標準で装備されています。
別売りのバーパッドより質がよさそう
でもこれは切れ目がなく取り外しが簡単に出来ずメンテナンス性が悪いので
カッターで切り簡単に着脱可能なように改造



ハンドルの両端は10mmカット(前のは25mmカットで切りすぎた感があったのでそれを踏まえて)

ハンドルカットはレバー類を全て取り付けてみて決めたほうが良いですよぅ(;´ρ`)


ケーブル類の余裕を作るためにバーライズキットを今までの30mm↑から19mm↑に取替え


11mmの変化ですがなかなか余裕ができました。
ケーブルの取り回しを変えなくても19mmアップなら普通にいけたかもしれません。

グリップは前と同じプログリップの790番
この防振グリップがなかなか調子が良くて同じものを選択しました。
グリップの接着剤は「セメダインスーパーⅩ」を愛用中、無溶剤でなかなか優れものです。
グリップドーナッツで隠れてますがステンレスワイヤーで根元の部分を縛ってあります。



作業も慣れてきたののか昔に比べて随分時間短縮




今回の作業にあわせてフロントフォークの突出し量を初期位置に変更
5mm突出してましたが
フロントフォークの突出し
初期位置へ


リアサスのスプリング初期加重を3回転分固くなる方向に変更(初期位置から1回転分固め)
リアサスは貫通ドライバーをゴムハンマーで叩いてリングを回して修正



今までは2回転分柔らかい設定にしていましたが
自分の体重のせいですが後ろが沈みすぎでモッサリとした感覚がしていたので調整です。
加速感もなかなか機敏になったと思います。
突出し量を戻しましたが、後ろを少し固くしたせいか特に変化が強く現れませんでした。
旋回性など気になる点がでてこなければ突出し量は標準でいってみようかと思います。

固めにしたリアが林道などでどうなるかは、もうすこし暖かくなってから検証ですかね

あとハンドル周りを変えて気づいた点ですが
「運転中に車体で目に入る範囲は暗い色のほうか疲れにくい」
ような気がします。(自分だけ?)






燃料ポンプ交換

ヤマハからお手紙が届いていたので早速交換してもらいました。


RDにて20分くらいで交換完了
エンジンの始動、運転時などで特に変化は無し、
高周波音がひょっとして無くなるんじゃ・・・と少し期待してましたがそれも変わらずでした。
音についてはもう気になってませんのでいいのですがね。

もうリコールとか無いといいなぁ・・・
サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


クシタニ Eコーデュラパンツ


トロイリー Revパンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


NGKプレミアムRXプラグ


NGKプラグキャップ


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


ABUS Provogue 305


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


TOP工業 ハイパーレンチ


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30 (英語版)


Transystem TripMate852


ドイター トランスアルパイン25


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)


TGR
パフォーマンスリアショック