パンク修理セットの車載

予備レバーに続いてのセロー250の常備品車載場所検討

対象はチューブタイヤ用のパンク修理スプレーとチューブレス用の修理キット
チューブレス用の修理キット


とりあえずやってみたのが
釣具屋さんで見つけたペンケースのようなポーチに



一式詰め込み



キャリアのこの部分に



タイラップで軽く引っ掛けて



ホームセンターので見つけたゴムバンドで



十字に締めて固定



裏側でヘルメットロックがあった場所にもゴムを回してるので固定は十分
横にもあんまり出っ張らなくて良い場所ではあるのですが
なんとなくスマートな雰囲気が無いように思えます
もうすこし考えないといけないかなぁ・・・

スポンサーサイト

ZETAのハンドルクランプスタビライザー

ZETAの純正の2ピースクランプを1ピース化するスタビライザーです。
ワンピーススタビライザーとか言われてます。
ZETAのCOMPスタビライザー
ワンピーススタビライザー


バーライズキットでハンドルバークランプの高さが上がってるので
クランプに対する横への強度については気になってました
ZETAのバーライズキット


実際に手にとってみると随分と軽いし質感も上々です。

装着後
COMPスタビライザー装着後




色もあまりバーライズキットと違いも無く浮いてる感じはしないかな?

良い感じのデザインですが乗車時にはバーパッドで余り見えないですね・・・










ZETA ジータ COMPスタビライザー

セロー250へMDFグラフィックキット その2

前に貼ったMDFのグラフィックが気に入ったのでスイングアーム部分を追加です。
セロー250用 FIREROADモデル 赤
MDFグラフィックキット スイングアーム


曲面がほぼ無いので貼りやすかったですが、微妙な凹凸がありますので注意をば
MDFグラフィック貼り付け後

MDFスイングアーム



結構長さがあってスイングアームの奥まであるので脱脂は十分にする必要があります。
あと指での淵馴染ませは十分に、すぐ剥がれるかどうかはこの作業にかかってる(と思う)



赤黒化ますます促進中(´・ω・`)




ZETAのオイルフィラーキャップ

ZETAのオイルフィラーキャップです
ZETAのオイルフィラーキャップ


見た目重視、エンジン部のワンポイント

それ以上でも以下でも無いものです。

良いんですソレで( ̄。 ̄)y-~~




取り付けは簡単、純正のOリングの付け忘れに注意するくらいです



こんな感じ




良いんですコレで( ̄。 ̄)y-~~




追記
5年と3カ月後にキャップが割れてしまいました
強く締めすぎたのが原因とみています、締めすぎには注意しましょう
記事:オイルフィラーキャップが割れた

ROKOのクイックストラップ

ROKOのクイックストラップです
「眼鏡&ゴーグルの場合に楽になる」と聞いてゴーグルの新調とあわせて購入
ROKOのクイックストラップ


自分だけかもしれませんが、ゴーグル装着に関しての眼鏡っ子の問題点は

・ストラップの引っ張りが強すぎで眼鏡が押し付けられて痛い(頭大きくて結果ヘルメットが大きいのでなおさら・・)
 あと着脱時にストラップからの力の係り具合の変化で眼鏡が動いて食い込んだりして痛い
・装着時にスパッとすばやくできたためしが無い (毎度眼鏡のポジション調整しつつなので)
・ゴーグルを外すと一緒に眼鏡も外れる時がある

装着着脱の手順を変えてみてもどうにもストラップからの負荷により眼鏡が動いて食い込むような状態でした
眼鏡っ子にとってのゴーグル装着着脱はなかなか煩わしいものです。


設置方法ですが
まずゴーグルを普通に付ける位置を確認


あとはヘルメットを良く脱脂して


付属のフックとベルクロな部品を貼ります。

ツアークロス2なのでバイザー基部がちょっと邪魔でこんな位置ですが、本来はもうちょっと上でしょうか

あとはゴーグルのストラップを交換して装着するだけ
ROKOのクイックストラップ装着



使用感
・ストラップの強度が自在に調整可能なので圧迫されていたのがかなり快適になった(結構緩くしてます)
・着脱が楽で早い、信号待ちでもちょっと外して目を擦ったりできるようになった。
・先にゴーグルを首に通す必要がなくなった(よく忘れてました)


たいへん良好です(´・ω・`)
悩みをかなり解消してくれました。
眼鏡の方はお勧めですよ。



クイックストラップ採用で必要なくなりましたが疑問が1個
ゴーグルの正しい装着手順ってどうなんでしょうか

①: ・1、ゴーグル本体を顔面に当てる
   ・2、ストラップをヘルメットの後ろに引き上げる

②: ・1、ストラップをヘルメットの後ろに引き上げる
   ・2、ゴーグル本体を顔面に当てる

眼鏡してると①の手順じゃないとストラップの引っ張りに抵抗しながらの眼鏡ポジションを
調整しつつ装着になるのでかなりツライのですが・・・あってるのかな?正解ってあるのかな・・・



プログリップのステルスゴーグル

プログリップのステルスゴーグル(PG3450)シルバーです
プログリップのステルスゴーグル(PG3450)
PROGRIPのステルスゴーグル

前に買ったSMITHのオプションOTGゴーグルがなんとなく合わない感じだったので買い足しです。


選んだ理由1は眼鏡OKであること
樹脂フレーム部分にちゃんと眼鏡のツルの逃げ場が用意されてます(凹み部分)


あとスポンジに眼鏡用切れ込みが最初からついてます。



選んだ理由2は調光レンズ(ライトセンスティブレンズ)を標準で採用していることです。
(明るさにより透過率が変化するやつ)
前々から興味がありました。




SMITHのオプションOTGとちょっと比較


ちょっと小さいかな?
あとカーブの仕方が違うかも


眼鏡のサイズは56□15-146ですがこの通り装着可能
眼鏡とゴーグル


自分は眼鏡の部分をもっと快適にする為に切れ込みを深くしてます。



使用感はなかなか、自分の顔の形状と合ってるかも
調光レンズですがサングラスのように真っ暗になることは無いです。
でも確かに眩しさは減ってます。

しばらくツアークロスのシールドで過ごしてましたが、今慣れるのも含めてゴーグル装着しております。
今年の夏はずっとゴーグルで行ってみるつもりです。

ハンドガード塗装

ZETAのアーマーハンドガードにつけてるXCプロテクターですが
こけたり何か飛んできてたりで傷と汚れが目に付くようになってきました。
XCプロテクター

この際なので色を塗ってイメージチェンジしてみようかなと


バイクの樹脂パーツは振動と塗装とパーツの柔らかさの違いで剥げ安いとのことなので
ウレタン樹脂塗料などが柔軟性もあるそうで樹脂パーツの塗装にふさわしいのですが
高価です・・・普通に新品プロテクター買ったほうが良いほど
そして2液混合タイプなので1回使うとすぐに使わないといけません(間を置いてチョビチョビ塗れない)


そして用意したのは車用品のコーナーにほぼ置いてある「ボディペン」のつや消し黒とプラサフ
いちおうバンパーにOKってことなので樹脂もきっとOKなはず・・・

(プラサフとは表面の凸凹をなくし且つ塗料とパーツの接着を良くしてくれるものらしい)

まず紙ヤスリとナイロンタワシで傷を落とします
(細かい曲面が多い部品にヤスリをかけたい時はナイロンタワシがかなり便利)


ヤスリをかけたらなんだかキレイに仕上がったのでコレでもいいんじゃ・・・って気持ちになりましたが
主旨貫徹で続行

まずボルト止める穴に箸を刺して


ハンガーとダンボールで作った塗装台へ設置


プラサフを塗布


しばらくしてつや消しブラックを塗布(3回くらい重ね塗り)



出来上がりはこちら






スプレー代と傷が入れば白い地が見えちゃう事を考えれば黒いプロテクター買いなおしたほうがいいんじゃ?ともおもったりしましたが・・・
今後の樹脂パーツに対する塗装の練習もかねてますから良いんデス(´・ω・`)

現在塗装強度がどのくらいなものなのかを経過観察中です。












ZETA アーマーハンドガード ベンド(チタニウム)


ZETA XCプロテクター(ホワイト)

ZETAのリアブレーキクレビス

ZETAのリアブレーキクレビスです
ZETAのリアブレーキクレビス


剛性とか軽量化とかブレーキのダイレクト感とか効能は書いてあったりするのですが
正直なところ効果は分からないので見た目重視アイテムです。


取り付けも簡単

元々付いてる部品を


外して



セットするだけ



足元が引き締まったかな?




小さいアイテムですが中々気に入ってます。









ZETA リアブレーキクレビス(レッド)

クランクケース減圧バルブのチェックと取り付け位置再考

去年、セロー250に流用取り付けしたKTMのバックプレッシャーバルブ(BPV)
いわゆるクランクケース減圧バルブです
バックプレッシャーバルブ(BPV)

そろそろチェックやっておかないとかなぁっと思い立って作業開始

内圧制御バルブはブローバイホースに接続して使用することから乳化したオイル(エマルション)が溜り安い
とのことらしい、固着してバルブが開かなくなったらもう大変

とのことでしたがチェックしてみると



エマルションの「エ」の字も見当たりません(´・ω・`)
少し薄汚れてる程度

昔、このバックプレッシャーバルブはリコールになったそうで、
セローに使用しているのはリコール対応済みのモノです。(中古とかで手にしていなければ今手に入るものは全て対応済みかな)

構造上減圧効果は低いレベルの製品であろう事は想像も実感もしているのですが、
その代わりにメンテナンスフリーなのかな?
もしくは取り付け位置がエアクリボックスの近くだからなのかな?
よくわかりません・・・




ココからが今回の弄りの本編

装着当初は頭が回らなかったので「ある程度の傾き」と「装着できる空間」を両立する為に
エアクリーナボックスの近くに装着してました。
バルブの径が大きくノーマルのブローバイホースでは付けられないのでホース継ぎ手を間に挟んで
径を小さく調整していたこともあり、その継ぎ手が邪魔でバルブを傾けてブローバイ出口付近に
設置はできていませんでした。

でもきっとエンジンのブローバイ出口に近いほうが余分な空気容積も減ってもっと効果が出るはず
装着方法を色々構想してて今回実施してみました、参考までに方法をば記述



まずスペースの確保

セローの電装系のコード類はこんな感じでタイラップで固定されてます



このままだとブローバイホースが通らないので既存のタイラップを切り、
コード類を右のフレームに寄せるように固定しなおします。



これでホースの通り道を確保
(このとき工具トレーとか外しておいたほうが柔軟に寄せられるかも)




次に径の違いの問題

KTMのバックプレッシャーバルブの径が大きく標準のホース径では接続できません


ホースの継ぎ手とかを使用すると長くなってしまって収まらなくなってしまうので
エンジンからの出口とエアクリーナボックスの口にシリコンホースをまず被せて


KTMのバルブにそのまま差し込めるサイズの太めのブローバイホースを継ぎ手無しで使用します。
(使用したのは12x18の対油ブレードホース)


曲がりが急なので先端は斜めにカット



これで径が違う問題と収納問題も解決


そしてこんな感じで仮設置
(少しわかりづらいですがフレームに近いほうのビニールテープ巻いてる部分がバルブです)




各所をタイラップで固定してます


タンク乗せてみた図(バイク左側からタンク下を覗いてます)

ちょうど隙間に入ってます

他のクランクケース減圧バルブを装着する場合でもこのルートを取らないと
「バルブを傾けて」&「ブローバイ出口付近」には設置は難しいとは思います。


電気コードが密集しているところの設置なので最終的にバルブとホースの接続固定はタイラップに変更


しっかり最初からついてるホースカバーをかぶせて設置
(冷えると水滴が発生してエマルションの原因になると思うので保温とエンジンからの熱対策の為)



位置を変えての効果ですが

・吹け上がりが少しよくなった気がします。
・エンジンブレーキの変化はよくわからないレベル(角が取れたような感触なのは相変わらず)
・ある程度の回転の時にアクセルの開け閉めするとをすると「ヒュッ」っと音が聞こえるようになった・・・
 バルブ位置が近くなった事と外に露出したことが主な原因と思いますが、たぶんどうしようも無いかなぁ
 ちょっと気になる音ですがバルブが働いてる証拠と思えば・・・

 ↑の症状はエンジンのブローバイ出口とホースの取りつけが甘く隙間があった為でした
 付け直したら鳴らなくなりました。


今までの位置とは逆さの傾きに配置されたので次のチェックではエマルションが出てるかも知れないかも?
装着状況が変わったのでまた違う変化が見られるかもしれません






最近、寺本自動車商会ってトコからクランクケースの内圧コントロールバルブがでてきましたね
リードバルブ式で分解もできて良さそうなんですが諭吉様が2.5人ほど必要です・・・



追記:
エンジンとホースの接続部分が走る度に外れかかるようになってしまったため
対油ホースの細いのと中間ニップルでこんな感じに修正しました。


ラフ&ロードのボディプロテクターベスト

ラフ&ロードのボディプロテクターベスト(RR10061)です。
ボディプロテクターベスト(RR10061)


最初は失敗したかな~と思ってたプロテクターですが、使ってみると中々良くて
結局一番多く使ってるプロテクターです。


こんな感じでプロテクターが入ってます。
(写真のは初期付属のパッドとは別ものです。最近出たのを書い足して入れてます)


初期に入っている脇腹パッドは乗車姿勢時に腿の付け根に当たってベスト全体がずり上がってしまうので
コミネの脇腹パッドに交換してます。
胸と脊椎のパッドもラフ&ロードの新しいものに交換済み
(コッチのほうが防御範囲が広く通気性も良いしちょっと薄め)

肩は鎖骨から肩甲骨にかけて固定パッド装備



腰部分にもパッド付き



胸部プロテクターは2分割式ですがファスナーの裏にパッドがあってカバーしてます。



調整用ベルクロベルトが裾と脇付近に左右2つづつ付いているので厚着した場合を考えて大きめを選択しても大丈夫。
(もう1サイズ上を買えばよかったかな・・・と後悔中)



良い点:
 防御範囲広めで安心感いっぱい
 上着を脱いでプロテクター丸出しでも一般人の目をあまり気にしなくても良い
 なかなか着心地が良い、プロテクターがあんまり主張してない感じ(特に胸部)
 体との密着度が高くほとんどずれない
 ベストタイプのプロテクターは他にも色々ありますが、プロテクター部分が露出して無いタイプは希少
 
難点:
 標準の脇腹パッドは防御範囲は広いのですが、硬くて少し動きづらい
 ちょっと暑い、秋~春は大丈夫なのですが夏はキツイ感じ。
  (ポケットの袋を切り取って通気穴に改造、少し改善されました)


初期状態だとちょっと使いにくかったですが、パッド交換でなかなか良い感じなってます。
脇の交換だけでもなかなか違いますです。
こういうものも自分に合わせていじると愛着が沸きまね。(もうちょっと涼しくできないか検討中です)









★ラフ&ロード ボディプロテクターベスト RR10061

ツーリングマップル2011

ツーリングマップルの2011版が本屋に並んでたので何か違いあるかな~と
ちょっと立ち読みしてたら・・・

「あ 横谷林道と大通越林道のとこに林道名がちゃんと入ってる!!」

っとさっさとそのままレジへ(´・ω・`)




2009年版を今まで使ってきたのですが、横谷林道とかはただのダート道の表示しかなかったのです。

「これは新たな林道なんか載ってるんじゃ?」

と期待しつつ家でゆっくり2009年版と見比べてみると


「吉無田林道と外輪山南方面は相変わらず点線表示だなぁ・・・」

「祝川林道は舗装されてるのにまだダート表示だ・・・」

「内大臣林道と椎葉林道のお勧めルート表示なくなっちゃった・・・」

「あれ・・このダート道は舗装路表示にかわってる・・・あ・・ココも・・あそこも・・」


地図は2年も経つと結構変化があるものですなぁ
内容に変化があるということはそれなりに調査されて最新化されているということなので
悪いことでは無い、むしろ良いこと、舗装されるのは地元の人が便利になってるはず!
すこし当初の期待はそがれましたが・・・


今まで林道めぐりなどしていて地図で思うところは

「山頂に続かず一般道に合流している【その他・徒歩道】(細い点線)が怪しい」

これはあいかわらず無数に表記されてます。
今年は地図に名前が載ってない隠れた林道を色々探し回ってみようかな~





SIGNETのフレックスギアレンチ

セローをメンテするのに一番使ってる工具は?と聞かれれば
「600円くらいの8-10mm板ラチェット」と答えます。

8mm:チェーン清掃の時のカバー外し、シート外し
10mm:ハンドルの位置調整、レバー類の取り外し時の押さえ側、など
使用頻度は高いです。

工具箱を探してなかなか見つからず「買う」→「後から見つかる」を繰り返し
同じような板ラチェットが3個もありますが、それはそれで発見率が高くなっていいかなと・・・


そして「ちょっと良いもの買っちゃおうかな!」思い立って調査後に仕入れたのが
シグネット(SIGNET)のフレックスギアレンチ(8-10mm)です。
シグネット(SIGNET)のフレックスギアレンチ



同じようなタイプのギアレンチは各社からでていますが値段はほとんどにたようなもの
とりあえず「本締めOK」のものを選びました。

この「本締めOK」について調べてみると
「そのサイズのボルトナットを標準締め付けトルクで締める事が出来る」
とのことらしい「本気で締める」とは違うとのこと
標準締め付けトルクもボルトの材質で分かれているらしく

標準締め付けトルク
・車両、エンジン向け用途ボルト類
8mm:22N・m
10mm:59N・m
・一般用途ボルト類
8mm:12.5N・m
10mm:24.5N・m

う~ん・・・どっちの基準で作ってあるんだろう・・・
本締め不可のものよりは丈夫ならいいかなぁ



ギア歯数は72で回してみると「チキキキキ!」と心地よいです(´・ω・`)
いままでの板ラチェットの歯数は多分半分くらいだったので少しの角度でも回せて使い勝手が良いです。
回る方向は一方のみで逆に回したい場合は裏返して使います。

フレックスの所以である首曲げ、最大はこれくらい


首の部分はある程度硬さがあるので特に困ってませんが、固定機構があるタイプも出てるようです


またバイクいじりが楽しくなりそうです。









SIGNET フレックスメガネギアレンチ

サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


クシタニ Eコーデュラパンツ


トロイリー Revパンツ


Thor Range ジャケット


Thor Range パンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


ABUS Provogue 305


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


TOP工業 ハイパーレンチ


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30 (英語版)


Transystem TripMate852


ドイター トランスアルパイン25


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)