ZETAのアーマーハンドガードをさらに固定してみる

ケンタさんとの話の中ででてきたZETAのハンドガードマウントサイドタイプ
固定することが最良では無いということはわかっているつもりですが
ステーで代用することを思いついてしまったのでやってみます。


サイドマウントが取り付くボルトと今のアーマーハンドガードのマウントとの距離をおおよそ測ってDIY店へ行き

買ってきたのはコレ


90度ネジレたステーです。加工や曲げを考慮してステンレスではなく鉄にしときました。

このままだとボルトが入らないのでリーマーでグリグリして穴を広げてから





装着!
アーマーハンドガード





う~む・・・思ってたよりピッタリ合ってる・・・ほぼガードの位置を調整せずに装着できました。

ねじれた部分が見事にブレーキホースを回避してるとこなんかステキ・・セローにあつらえたようだ

純正マウントのままで正面からの衝撃にも強く上回転もしにくい
コレは「なんちゃってハイブリッドマウント」と名付けよう(´・ω・`)

でもステーが下のボルトとちょっと干渉してるかな・・あとで削らないと


構造上はガードの上回転には強くなったはず

でも色々考えると~
 真横からの衝撃にはあんまり効果は期待できないな・・・
 下への回転は多分ステーがフンニャリと曲がってしまうだろうし・・・
 ステーのホーク固定ボルト1本支持は大丈夫かなぁ・・・
 すさまじい衝撃を受けた場合はステーがボルトの頭をそぎ落とすかステー自体が千切れるかだろうか?
 でもそんな衝撃を受けてる時点でバイクのほかの部分が無事であるとも考えにくいからいいか・・・


結構うまくいった感はあるのですがちょっと実戦配備するかどうか要検討ですかね・・・









ZETA ジータ リプレースメントハンドガードマウント サイドタイプ



ZETA アーマーハンドガード ベンド(チタニウム)

スポンサーサイト

セロー250のブレーキフルード入替え

ブレーキパッドを交換したのでフルードも交換しておこうかと
今回は入念なエア抜き不要な方法をやってる記事を見つけたのでマネしてみることに


準備したブレーキフルードは純正のDOT4
DOT4

まず後ろからやってみます


ガードを外して



ブリードスクリューのキャップを外して


スクリューに適当な長さのシリコンホースを接続


下にトレーを用意して準備完了



次にマスターシリンダーの蓋を開けて


覗いてみるとちょっと減ってるくらいかな?



満タンまでフルードを満たしておいて


スクリューをすこし緩めます


そうするとホースから古いフルードがゆっくり降りてきます



あとはマスターシリンダーのフルードを空にしないようにドンドン継ぎ足し継ぎ足しフルードを入れ替えます
こうするとエア抜きとかいらないらしい

フルードがホースの下のほうに下っていくほどに気泡がいっぱいでてきますが


この気泡は負圧によってスクリューの隙間から入り込んだ空気のようです。
キャリパーの中に空気が入ってるわけではないのでまったく問題ないっぽい

おおよそ入れ替わったかな~というくらいでスクリューを締めてフルードを止めて
少しブレーキをポンプして最後に念のために1回エア抜き

手順は
1.スクリュー締める
2.ブレーキを何回か踏んで最後は踏んだままにして
3.スクリューを緩める
4.プシュッっとフルードが抜ける
5.手早くスクリューを締める (締めるまでブレーキは踏んだまま戻さない)

これで合ってるだろうか・・・

前輪も同じように




フルードの降下速度はかなりユックリなので余裕を持ってできました。
途中からは早く抜け無いことにイライラしてたり・・・
でもおおむね結構早く済みました。
フルードの色は前輪後輪ともにほとんど変化なし
黒ずんだりするものでは無いのかなコレって・・・ブレーキあんまり使ってないのだろうか自分は・・・


この方法はすっきりキレイサッパリ交換する感じではないですが十分入れ替わってるとは思いますので
小まめに交換するならばこの方法でも十分かなとは思います。




現状のアーマーハンドガード装着位置

解析でハンドガードの写真を見てる人が多そうなので
参考用に現状のアーマーハンドガードの写真を追加アップ

ハンドルはZETA CXハンドルバー(ED-Medium)&バーライズキット(19mm)を装着
バンジョー角度は納車時から変更なし

現状はハンドルが高くなり下方にスペースができたのでブレーキホースをガードの下へ通してます。
下を通してるのは「ハンドガードをぶつけたら上方向へ動く」という話を多く見かけるのも理由のひとつ
もし下に動いたらホース破損するかなぁ・・

位置調整はブレーキレバーの角度を決めてからマウントを少し当てる感じで固定
レバーは下向きに30°くらい、スタンディング時を考慮したのと
ガードの干渉をどうにかしようとした末の角度です
ガードは少し上を向いてますが、最初から上を向いてるから受け流し効果でずれにくいのかも?とも考えられる

アーマーハンドガード

ココが固定のメインなのでガッチリ締めつけてます


ぶつけてガードが上がるとリザーバータンク直撃なので厚手のバンドを巻いて保護してます
バンドにプラの板を挟むとなお良いかも?とは思案中


気になるブレーキ側色々







クラッチ側はまだ余裕があるのでブレーキ側の角度にあわせる感じで


ちなみにレバーはZETAのピボットレバーに変えてありますがカバーは純正をちょっと切ってそのまま使ってます。


これはその昔バーライズキットをつけていない時期にガードの上にホースを通していた時のもの
バンジョーの角度は納車時から変えてません


同じくバーライズキットをつけていない時期にガードの下にホースを通していた時のもの



オマケのバーエンド部
左が純正、右がZETAのCOMPハンドルバー
アーマーハンドガードにはたしか二種類の接続パーツが付属しててどっちの径も対応できてた気がします
純正は左グリップとスロットルグリップに穴あけ加工の必要があるかな










ZETA アーマーハンドガード ベンド


PROXXONのスパークプラグソケット

九州は大雨続きでネタもないので小物紹介

PROXXON(プロクソン)のスパークプラグソケット18mmです。
PROXXON(プロクソン)のスパークプラグソケット



ゴム固定型のプラグレンチで高級品でもなんでもないですがこれに引かれた最大の理由は
プラグのマークがプリントされてて分かり安すぎるから!


車載工具のプラグ用工具で締め緩めは全然大丈夫なのですが
送料無料の調整用に何かないかと物色してて目に止まりましてついついポチってしまいました。
車載はいままでどうり純正の工具を入れるのでこれは工具箱行きです


特段使い安いとか軽いとかは無いですが車載工具のよりはさすがにシッカリしてますし
これでセロー250の車載工具入れカバーを開けずにすみます。
利点はそれだけのような気もする・・・





セロー250にISAのスプロケット(ダンパー無し)を付けてみる

セロー250のリアスプロケをXAM(旧AFAM)のに変えた事はこの前記事にしましたが・・・
実はZAMの「プレミアム」を買うつもりだったのですが「クラシック」をポチり間違えておりまして
少し悶々としておりました。

そしてベアリングやらなんやら問題が多発して・・・散財が続き・・・もうやっちゃえ!
って気分になってしまったので再びポチッ!
勿体無いといわれても思いついてしまったので止まりません・・・ではレポート



ISAのリアスプロケットは持ちが良いとか精度が良いとか、なかなか良い評判を聞きます。
セロー250,トリッカー,XT250X用にもダンパー付きのスプロケットがラインアップされています
ISA
でもこのダンパー付きのやつは「ダンパーがすぐダメになる」などの記事が散見されていたので候補から除外していました。


今回試してみたかったのはXAMのスプロケットキャリア(PCY)使ったらISAのスプロケット付けられるんじゃ?
というものです。

購入したのはISAの[Y-6]の50丁
ISAのY-6 ドリブンスプロケット
ISAのスプロケット50丁


この型番[Y-6]はメーカーのページある対応車種表だと
FZ250 Phazer,FZR250,FZR400RR,FZR400RR SP,SDR200,SRX400,SRX600,ZEALのためのスプロケットですが、
XAMにある対応表だと同じ車種の型番とセロー250の型番が同じ(PCY装着前提)なのである程度PCYを利用可能なのは確信がありました。
(くわしくはXAMとISAのHPを見てみてください)

XAMのA3206-50Tと重ねてみると内径はピッタリ


少しXAMのと比較
ISAとXAMの比較

裏面



コレがXAMのスプロケットキャリア(PCY)
XAMのPCYスプロケットキャリア

取りつけ


XAMのスプロケとPCYを組み合わせるとスッっと入りまして、組み合わせたまま互いにずらせるくらいだったのですが
ISAとPCYの組み合わせはギチギチのギリギリです、少し傾けるとなかなか入りません、組み合わせてしまったらほぼずれない感じ
精度の違い?どっちが精度が高いとかはこれではわかりませんが・・
たぶん動いてもらっても困るしキツイくらいがでもいいのかなとは思います。




良い感じに合体しました




純正スプロケとの高さ比較、ほぼ変わらないかな?
ISAと純正の比較


でも気づいたことがひとつ

手で装着しただけでは少しだけ隙間ができています


これはPCYの取りつけ部の根元付近が少しだけ丸くなっていることとスプロケの内側の角の違いによるもので


XAMのスプロケットだとスプロケ側の角が丸いので干渉せず隙間はありません。



ISAの場合角が立ってるのでのでそれに引っかかって隙間を生むようです。


でもボルトで軽く締めたら問題なく密着しました。これなら問題無しかな?
グラインダーなどがあれば少し削っても良さそうですが、無いのでそのままいきます。



こんな感じに




どうもスタッドボルトの強度と規定トルク33Nmがギリギリの関係ようでして
ボルトにグリスなんか塗ってあると規定トルクではなめてしまいそうな感じです。
今回はトルクレンチのクリックが来なくても抵抗やナットの周り具合で判断してそこまでとしました。
(6本中4本はクリックがでたのですが・・2本は危ないとこまで回りそうな感じに・・)

純正のワッシャーはダンパー部分の保護もかねているようで大きいのですがそのまま使用しました
小さい物に変更しても問題なさそうではあります。


その他スプロケットデータ

歯の部分の最大厚み
 純正:6.9mm
 XAM:7.5mm
 ISA:7.2mm

重量
 純正(48丁):1081g
 XAM(50丁)+PCY:537g
 ISA(50丁)+PCY:556g

ISAがXAMより重いのは肉抜きの微妙なところの差かなとは思います、両方超々ジェラルミンですし特段差はないようです。




結果的に無事装着可能でしたが、このISA+PCYの組み合わせは取り上げている記事が見つからなかったので少しドキドキしてました。
価格的にはお得感は少ないですがうわさに聞く耐久性を考慮したら少しお得?かもしれません
このスプロケの部分はセローだけでなくTRICKERとXT250Xも同じでしょうからYAMAHA仲間の方の参考になれば幸いです。

でもカスタムは自己責任でよろしくお願いします(´・ω・`)









ISA リアスプロケット Y-6



山の潰れたメネジの補修 リコイルキット

フロントのブレーキパッド交換の最後の取りつけで起こった事件です。
最後の最後に下のスライドピンをトルクレンチで締めていたら



(´・ω・`)・・・・・・回りすぎじゃ?



覚えのある何かが焦げたようなニオイ・・・
既にもう確信、ネジ山をなめた・・・
確信しつつも回し続ける
いつもながらあきらめ切れずに回し続けちゃうのですよね・・なにかの中毒みたいなモノを感じます。


しばし手を止めて考える
考えてもどうしようもないのですが、脱力感がいっぱいです

「スライドピン注文か~」と思いつつボルトを抜いてみるとスライドピンはまったくの無事

なめたのはキャリパアセンブリのほうでした・・・めねじです。
ネジなめた



もうボロボロ


このパーツいくらするのかとメーカーHPで調べてみるとこの部分はなんとなくバラ注文できない様子?
キャリパー完全セットで「17,955円也」

やっちゃった感がいっぱいです・・・


色々自分なりになんとかならないか考えてみる
・10mm径のスライドピンだからタップで12mmにしちゃって12mmのスライドピンとかつけたらどうだろう。
・パイプ止め用の薄いナットを裏から止められないだろうか・・・
・ねじ山はボロボロだけど凸凹はある程度のこってるからスライドピンのボルトに針金巻いたらギチギチに固められるんじゃ?

どれもイマイチで心配が残ります。
(12mmネジ付きスライドピンなんて見つけられなかったし・・)

色々調べてみるとメネジの山の修理の工具でこんなのを見つけました。

「リコイルシステム」です
リコイルキット


効果は色々
・めねじのネジ山を修正し強固なものにする
・バネの力で半永久的に抜けない
・ボルトの山に掛かる力偏りを少なくする

ちょっと高いけどキャリパー買いなおすより安いし、また潰してしまうかもだし・・と自分に言い聞かせて
STRAIGHTのカタログにあったのですぐさま買いに出かけてゲット

スライドピンのねじ山を測って径10mmのピッチ1.25を購入
下穴加工で失敗したくなかったし貫通穴なのでドリル不要のパイロットタップのセットです。




内容物
リコイルインサート
ちゃんと菱形をしたバネ?ステンレス製らしい



インサート工具
これでリコイルをいれるらしい


パイロットタップ
このリコイルキットの値段のほとんどを占めているものらしい




リコイルのバネだけあったらタップは市販のやつで代用できるんじゃないか?と思って測って見ました
12mmのタップ


リコイルキットのタップ
リコイルのタップ

リコイルのほうが11.5mmなサイズ、これは市販品にありません
さすがに考えてるようですな・・・
12mmのナットに試しにバネをセットしてみましたがスルスルで固定してる感じがありません
0.5mmの差に秘密があるのでしょうか、それとも大人の事情?
とりあえず安いタップでの代用は効きそうにありません


作業手順は

1.ドリルで下穴をキレイにする(パイロットタップならば不要)
2.タップでねじ山を切る
3.リコイルインサートを挿入
4.最後にタングをへし折る

とのこと、今回はパイロットタップのやつを準備したのでドリル不要


早速加工開始(タップを使うのが始めてなのでちょっとドキドキ)

メネジをキレイにしてから作業代に固定

(パイロットタップではない場合はドリルで下穴加工10.3mm)

パイロットタップをタップハンドルに装着し(ハンドルはセットに入ってない)


潤滑オイルを吹き付けてユックリ直角になるように回していきます。






「ショリショリ」と割と簡単に削れていく、ちょっと感動・・・

1回転まわして削ったら半回転戻して切りくずを落とすを繰り返し
OA機器清掃用のエアダスター使うと楽チン清掃(後で掃除が大変ですが)


無事開通


次にインサート工具にリコイルをセットして絞るようにねじ込んでいきます


ちょっとリコイルが長すぎたようなのでそのまま回転させ続けて一旦外しペンチで長さ調整


そして無事セット完了



早速スライドピンをはめてみますとするするとはまります



さすがに鉄と違ってすべりが良い

無事メネジ修理完了です。
とくにボルトのガタツキなどはなくシッカリしてるみたいです。
今度はトルクレンチで締めてもちゃんとクリック感がでました。



メネジは以前から半分潰れていたのかもしれません。いつやったかはわかりませんが・・
思い起こせば最初に外すときもへんな重さがありました。
前整備したとき?から貯まってたツケが今回きたのでしょうね・・・
ブレーキパーツのくせに軟いとはすこし腹立たしいですが、自分のしたことなのでしょうがない・・

あとタップで削るのってなんだか気持ち良いというか心地良い
他のボルトもリコイルしてあげちゃいたい気分になります・・・(´・ω・`)

この製品、存在を知ってるだけでも整備に安心感がでますな
失敗しちゃったときに慌てて色々やっちゃって取り返しの付かない事態にもなりにくいでしょうし
買わなくてもバイク屋さんに常備してたりして? 


このリコイルキットはいろんなサイズがあってドレンボルトサイズやプラグ穴用のものもあるらしいです。
考えたくないけどドレンなめてしまったらまた買うしかないですな・・・
交換パーツ代と比べて同じくらいまでならばリコイルで強化してあげちゃうというのも手かもしれません。


高いものなのでタップのピッチは間違えないように注意です
バネもタップもインサート工具もバラ売りしてるようで、バネも色々材質選べるみたい
詳しくないけどタップも色々種類がある様子です。








リコイルネジ山修正キット スタンダードリコイルキット M10-1.25

セロー250のブレーキパッド交換

セロー250のリアブレーキパッド交換です
セロー250のリアブレーキキャリパー
パッド交換はタイヤ外さないと出来ないのでベアリングの件でリアタイヤ外したままということもありこの際にパッド交換をしました。

キャリパーからプロテクターを外して



パッドピンを抜き取り


結構固い・・・いずれは六角部分を潰してしまいそう・・

そしてキャリパーアセンブリを分離してパッドを取り出し


これはアセンブリは固定連結してるわけでは無いので簡単に取れる

まぁ結構汚い・・・

少し押し出して根元もキレイにしておかないと厚い新品パッドを入れるときにシールが汚れで傷つくそうなので
3回ほどブレーキを踏んでピストンを押し出して洗剤でゴシゴシ、ウエスで拭き拭き
(洗剤は普通の洗車用洗剤)


今回交換で用意したのはブレーキに特に不満な点もないので標準的?なデイトナの赤パッド


比べるとそんなに減ってない?けど交換しちゃいます

シリコングリスも奮発してワコーズのやつを準備

(おそらくブレーキだけに使ってたら10年以上もちそうなので費用対効果?は大きいかも)

グリスをパッドピンに薄く塗って締め


アセンブリにくっついてるスライドピンにも塗って、スライドピンの受け側も麺棒で掃除して



合体させて完成





次にフロントブレーキも一緒に交換
フロントはタイヤ外さなくてもできるのでもう一気に


キャリパアセンブリを外す前にスライドピンを緩めておくと楽


とりはずしてみるとピストンの裏が錆びが・・リアは全然だったのに・・フロントは水がかかるからかな?




こっちも3回ほどブレーキを踏んで少しピストンを押し出してからゴシゴシ



こっちもパッドはそこまでは減ってないけど交換


パッドを見ると片方だけ薄い鉄板?がくっついてます。「キャリパシム」と言うらしい


パッドの編磨耗を防いだりキャリパーに熱を伝えにくくしたりと色々あるらしい
でもサービスマニュアルによると「内側のパッドにつける」とあります。
「熱関係なら外側では?」と思いつつもきっとなにか理由があるに違いないということでそのまま内側のパッドに移植
(錆び跡がシムにくっついてるのは一時期気にしてなくて逆につけていた時期があるため)


取りつけはアセンブリのバイク固定側を装着し、パッドに鳴き止めのブレーキプロテクターを裏面に塗り塗りしてそっと装着


あとはスライドピンにシリコングリスを塗ってからキャリパーをセット


トルクレンチで規定値で締め

・スライドピン=31Nm
・バイク固定ボルト=40Nm

ここでまた事件発生!
またまたあーだこーだと考えて財布を痛めつつなんとか完了


最近はいじるたびになにか壊してるようなきもする・・・



セロー250のリアホイールベアリング交換

スプロケ交換の時にベアリングの動きがやたらと重いことに気づいた事から交換に踏み切りました。
セロー250のベアリング部分


重かった原因を先に書いておきますと

 ・リアアクスルをオーバートルクで締めていたようでリアのベアリング3つが全て繋がった状態であった
  (片方を回してみるともう片方も一緒に回る)
 ・昔パーツクリーナーを使ってしまったせいかベアリング内のグリスが乳化?していた

正確な理由はまだあるかもしれませんがおそらくこんな理由と思われます。
前のトルクレンチが目盛りよりも実際は高いトルクになっていたのが一番かなと思います。
ベアリングが繋がった状態だけであったら交換は不要だったかな?



では交換作業

まずベアリングを抜き取らないといけませんので、
STRAIGHTのパイロットベアリングプーラーセットを購入(ちょっと高い・・・財布にこたえる・・・)
STRAIGHTのパイロットベアリングプーラーセット


このチャックの短い爪がベアリングの少し丸い淵に引っかかってくれます。



ちょうど良いサイズのチャックをまずセット


チャックの先が少しだけ広がってるのでスルッとは入りません
ベアリングのインナーレースの内側に押しつけつつグリグリとユックリといれていきますと


ベアリングの淵の溝に到達したときに「カチッ」と音と手ごたえがあります。

あとはチャックを押し広げるボルトをセットし締め上げてチェックを押し広げて固定し


本体をセット


六角ボルトを持ちつつナットを回していきますと


「キュキュ」とか「コッコッ」とか音を立てつつ抜けていきます。

こんな感じ



セロー250のリアホイールにセットされているベアリングはスプロケ側2個、ブレーキ側1個の計3個
それぞれ同じ要領で全て抜き取ります
中にはディスタンスカラーがありますので落下とかしないように片一方が終わったら抜き取りを
スプロケ側は2個ベアリングが付いてますがベアリングの境界に谷がちゃんとあるので1個づつ抜き取れました。



取り出したベアリングをチェックしてみると
ベアリング

「ショリショリショリ」っといった感触がありました。多少は内部に傷が出来ていたのかもしれません。

ちょっと中を掃除してから取り寄せておいた純正ベアリング打ち込んでいきます。



ベアリングを打ち込む順序があるらしいのですが、どっちでも良いとの記事も見受けられます。
とりあえずは「ブレーキディスク側から打ち込む」との記事を信じてブレーキ側から

「ベアリングを冷凍庫にいれて冷やしておくと良い」との記事も見ていたのですが
激しく結露しそうなので常温でいきました。


まずグリスを塗って滑りやすくしてから新しいベアリングをセットして


古いベアリングを重ねて


さらにプレートを置いて
ベアリング挿入

ゴムハンマーで慎重に叩く「トントントントン」タイヤの向きを変えて傾いて無いか確認しつつ「トントントントン」


ゴムハンマーではあんまり入りが悪かったので金槌に変えて「カンカンカンカン・・・」
少し傾きそれを補正したらまた傾き・・・の繰り返しのような感じ、微妙な傾きですがなかなか平行に入ってくれないもののようです。



とりあえず淵までいれてココからは打ち込み道具を変えます
セロー250のベアリングが収まってる穴径は約35mm

ベアリングのアウターレースを叩くためにレンチのソケットを代用する話を良く見ますが
工具箱のソケットで丁度良いものが無い微妙に小さい、もしくは大きい
ホームセンターに見に行くもののどれも微妙に小さいか大きい・・丁度よいものが無い!

ベアリングドライバーは高くて手を出せず・・
なにか丁度良いものがないかホームセンターでウロウロしていたらこんなの見つけました


DIY店にかなりの確立でおいてある灰色のパイプの継ぎ手です
サイズがこれまたピッタリなうえ縦方向の強度もかなりのもの

これをベアリングに重ねて継ぎ手の淵を回すように加減しつつ叩く叩く叩く、途中で傾いて無いか測りつつ叩く叩く


レンチソケットのように音の変化で底に着いたかどうか判断できないので距離を測定しておいて
余分に叩く感じで無事セット完了ヽ(゜ー゜;)ノ



そして逆側、今度のは更に気を使う作業
調べてみると「ディスタンスカラーにベアリングのインナーレースが軽く触れているくらいにする」らしい
でもカラーをセットしてからベアリング用の段差の深さとカラーの深さを測って見るとカラーのほうが0.45mm高い・・・


段差まで単純に打ち込めば良いものではないらしい
もし打ち込んだらベアリング連結再来(-_-;)

慎重に計測して打ち込む深さを計測しておおよその打ち込み距離を割り出して臨みました。

叩く方法では微調整が難しいのでボルトで締め上げる方法を採用
ネジとかプレートとかを準備して


ディスタンスカラーを忘れず入れて(錆び予防にグリスぬりぬり済)



グリス塗ったベアリングを置いて


ボルトとプレートで挟み込み締め上げ!

(この方式は最初に傾きがでると調整がメンドクサイので注意です)
「コココ」とか音を出しつつベアリングが沈んでいきます。

ある程度入ったらパイプ継ぎ手に印をつけてさらに締め上げ



印まで入ったら
ボルト外して指でチェック>再セットして少しだけ締め>ボルト外して指でチェック>再セットして少しだけ締め>・・・・
6回繰り返しようやく思ったような感じになりました「軽く触れる程度」は満たしてるはず



スプロケ側は2個あるのでこれも距離を測って微調整しつつくっつき過ぎない程度にくっついてる感じを心がけてセット
微妙な表現ですがこういうふうににしか言えないです・・・指で触ったり深さを測りまくったり
あとは前の2つのベアリング取りつけで分かった勘に頼った感じ




そしてダストシールをつけて完成


タイヤと寝る生活もコレで終わり(´・ω・`)



今回のはかなり疲れました・・・
1つの記事にまとめましたが部屋にリアホイール持ち込んで帰宅後から就寝までの間で調査と作業して4日ほどかかってます。
サンデーメカニックながら自分が乗るものなので時間をかけてジックリ慎重に・・・適当にはやってないつもりです。
プロはもっとスパッとやってしまうんだろうなぁ・・・でも工賃いくらだろう

他のバイクは知りませんが、セロー250のベアリング交換にはパイロットベアリングプーラーが必要と思います
貫通ドライバーやグリップアンカーではスプロケ側の2個を叩きだせるような気がしません
叩き出す方法はハブが傷つくらしいので良くないとも聞きますし、自分でやる場合はあきらめて購入することをお勧めします。

打ち込みに使った塩ビ?のパイプの継ぎ手ですが中々の強度で変形も割れもありませんでした、
そこまで思いっきり叩くものでもないのですが無事に使えてホッとしております。
でも多少の歪みは発生していたはずなので丁度良いレンチソケットが見つかればそっちのほうが良いと思います。


この作業次やるのは何時だろうか・・・2年後くらいかな・・・もう前輪もやっとくかな~







サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


クシタニ Eコーデュラパンツ


トロイリー Revパンツ


Thor Range ジャケット


Thor Range パンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


NGKプレミアムRXプラグ


NGKプラグキャップ


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


ABUS Provogue 305


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


TOP工業 ハイパーレンチ


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30 (英語版)


Transystem TripMate852


ドイター トランスアルパイン25


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)