BAHCOの万能はさみ

自分は万能はさみの利用頻度が高いです。
今まではホームセンターで買った万能はさみ(ステンレス製)
万能はさみ

XT250Xのヘッドライトカウルを加工した時もほぼ万能ハサミのみで削り取りました。
このハサミも十分な切れ味と言えると思うのですが
使用頻度が高いだけにもちょっと良いモノにしようかと思いまして
ウワサ話でなかなか切れるというバーコの万能ハサミを購入
バーコの万能はさみ
BAHCO 万能ハサミ

ロック機能付きです。
片刃はギザギザです。


期待を込めて早速ペーパータオルをチョキン!とハンドルを握りしめると~



・・・おや・・・真ん中あたりから切れてない・・・



先端部でちょきっとしてみると~切れずに隙間に入り込んだ・・・



柔らかいものに弱いのかも? という可能性を考えて1mm厚の硬質塩化ビニール板でテスト


よいしょーーーーっと



・・・途中で止まったぞ・・・思いっきり握り締めてるのですが先端部まで閉じない・・・



ためしに先代のハサミのほうでやると



先端部まで刃が閉じた(普通の加工では先端部まではつかいませんが)

こっちのほうが切れる・・・


その後15分くらい刃の合わせ悪いのかと刃を曲げようとしてみたり(硬くて手では全然曲がりませんでしたが)
あとは叩いてみたり、オイル塗ってみたり、オイルふき取ってみたり、色々弄り回した結果

ここのボルトをちょいと増し締めしたら切れるようになりました


(ちなみに分解可能)



色々試した結果、刃がバネの力でコレくらい自然に開くくらいの締め具合の時が一番切れる感じ



硬質塩化ビニール板もシャキシャキ!っと


ペーパータオルもショキショキ!っと




調整で切れるようにはなりましたが、紙と塩ビ板では先代のハサミと切れ味の違いが良くわかんない
もっと硬いやつでなら違いがでるかも???
切れ味の差がわからないのでしばらくは両方とも工具箱行きです。

同じの買って切れない!っと思ったらちょっと増し締めしてみてくださいな~切れ味良くなるかもしれません。



スポンサーサイト

セロー250のシートをアンコ盛してみる その3

うちのセローは「セロー250のシートをアンコ盛してみる その2」により
快適航続距離を飛躍的に伸ばしたのですが、更なる快適を求めてまたスポンジを追加してみました。

加工前状態で10mm厚の柔らかいスポンジが内部に追加されてます。


準備したのはホームセンターで売ってたソファー用?の黒い合成皮革と前回と同じ10mm厚のスポンジ






今回は純正のシート革を張った状態から上張りしちゃいます。
黒いシートにしたかったので一石二鳥?
失敗しても剥がせばすぐに元に戻るので一石三鳥といえないことも無いか・・・

※シートカバー風に上張りした記事を見た記憶がありそれをマネしてますが
 そのサイトがどこにあったか忘れてしまいました・・・


では加工開始(´・ω・`)


まずシートに両面テープを端っこと谷の部分にちょっと張って



スポンジをくっつけて整形、シートの平面部分に合わせるような感じで横にはみ出さない程度に


あとはタッカーとクリップで



後ろのトコをバシバシと止めて



適当にクリップで止めて大雑把に余分な革を切り取っていきます。




あとは「フンガー!」と引っ張り・・・


ちょっとずつ交互に引っ張り・・・
クリップの数増やしたり・・・
引っ張る方向変えたり・・・
撫で回してみたり・・・

・・・(-_-;) 谷部分のシワが取れない・・・


やっぱり純正シートを張りなおすようには簡単にいってくれないです・・・
この後、30分くらい悪戦苦闘しましたが結局シワが取れない!!



もう一回ネットを調べてみると、どうやら前と後ろを止めてしまうのが良いらしい


両端を止めてみてからグイグイ引っ張ってみるとなんとなくキレイになった




とりあえず完成!
これで内蔵スポンジはあわせて20mm分

厚みが増したので今までお世話になってたシート下の「なんちゃってハイシート加工」のネオプレン材を除去
あわせて隙間埋めのスポンジもいくつか除去



セローに装着した状態




シートの色変えるとちょっとイメージが変わりますね


さて、その性能ですが・・・

合計500kmほど走ってみた結果、「微妙に効果上がった?な感じ」
痛くなるというか痺れてくるお尻の面積が広く浅くなった感じ
辛さの形がちょっと変わったといったほうがいいのかな
極端な向上が見られなかったのはちょっと残念

でも前よりはちょっと膝曲がりも楽な気がするし悪くなったわけじゃないからいいかな~









梅雨の時期は~防錆油ぬり

本格的に梅雨ですねぇ
バイク置いてるとこは屋根付きとはいっても横から吹き込むし地面は濡れてるし・・・
大げさな分解メンテもできないのでこんな日は「防錆油ぬり」くらいで
使用するオイルは色々代わってるけどバイク購入時以来時々やってます、
そのせいか見える範囲には錆はまだ出てません( ̄ー ̄)v



今現在、防錆油に使ってるのはワコーズのラスペネ
ワコーズのラスペネ

ラスペネには「水置換性」があるオイルなので防錆には最適だろう・・・ということで使ってます
(緩んでしまいそうな気がするからボルト部分にはあんまり使いたくないけど)

ペーパータオルに吹き付けて外から見えてるフレームや溶接部、あと錆びでそうな怪しいとこを重点的に拭き上げ
(セロー250は前部グラブバーに錆び出安いとかなんとか)



狭い箇所には直接「シュッ」と適当に





来週末は週間天気予報では曇りになってるけど怪しいなぁ・・・・





あとローカルなネタですが
熊本の工具屋の一つ「アストロプロダクツ」が7月に移転するとかなんとかと聞きました。
熊本インターのとこののラーメン屋「金龍」跡地だそうで、駐車場も店舗も大きくなるらしい。
あそこは駐車場が狭くて不便だったのですが広くなるなら今後色々便利に使えそうです。
色々なメーカーの工具も多く置くようになってくれるとうれしいなぁ~
(移転時期の真偽は不明だけど引っ越すのは確実っぽい)

でも金龍のラーメンが好きだったのでちょっと残念(´・ω・`)










ワコーズ ラスペネ

STRAIGHTのツールトレイ

バイク乗る以前は雨は好きなほうだったのですが・・・今はなんだかな~といった感じです
そういうわけで梅雨時期のネタ切れの時には工具ネタで・・・



現在メインの工具箱はホームセンターで買ったオープンタイプのやつ使ってますが



ゴチャゴチャしてきて、取り出しがすごくメンドクサクなってますョ
取り出しを考慮して開放型&ポケットがいっぱいなヤツを選んだのですが思うように機能してない・・・
最近は新しい工具箱が欲しくてたまらない・・・


味のあるスチール3段式工具箱いいなぁ・・・



樹脂製の軽量・低価格も捨てがたい・・・





ある程度高い値段の工具箱は買っても損は無いとは思いますが、やっぱり迷いますね~

近所のお店を巡り下調べしてたらSTRAIGHTでこんなの見つけましたので購入。
(とりあえず次世代の工具箱はまたの機会にということにして・・・)

ツールトレー(プラスチックタイプ)です。
STRAIGHTのツールトレー




簡単なメンテの時はゴチャッとした工具箱から必要な分だけ工具を100円ショップの
トレイにいれてバイクのところに持って行くのですが、


ちょっと両手で持ち運びする所などを不便に感じていたので買ってみました。
簡単な作りですがなかなか使えそうです。





でも気になるトコがあったのでちょっとカスタム

横のトコに穴が空いていて多分ドライバーとかを挿す構造と思いますが、低すぎて床に着いてしまう・・・


そこでなにかと便利なレベルスペーサーの出番(建材の一種)


適当なのを組み合わせてボルトで固定して高さと挿せるスペースを拡張~


ついでに反対側には余り物のステーを固定してマグネットトレイを付けられるようにしました





こんなイメージで使用





・・・・(´・ω・`) やっぱり新しい工具箱欲しいな・・・・








セロー250にヘッドライトレンズガード装着

最近、「ヘッドライトのレンズが割れた」っというのを見聞きする機会が多いような気がします。
そういえばタイヤ交換でバイク屋さんに寄った時、ヘッドライトの前に透明なアクリル板のようなものを
リベット止めしてる車両を見かけたし、自衛隊のバイクにもゴッツイ金網がついてたなぁ・・・
自衛隊のバイク

ひょっとしてヘッドライトのレンズって結構割れるものなのかな?
純正新品だとライトユニット一式交換なのかな~アレ結構高いのよね



っということでセローにもなにかレンズガードのようなモノつけてみようかと色々検索
でも専用の製品は見つからなかったのでそれっぽい形のモンキー用ヘッドライトレンズガード(ネットタイプ)を購入
ヘッドライトレンズガード

全体的に樹脂コートがしてあります。

こういうヘッドライトのレンズを守る製品は呼び名色々あるみたいで
ストーンガード、ヘッドライトプロテクター、ヘッドライトレンズガード、ヘッドライトレンズカバー等色々

プロテクションフィルムみたいなヘッドライトに貼り付けるタイプのも考えましたが
金網っぽいヤツのほうが物々しくてカッコイイかなとコッチにしときました。
自衛隊バイクに影響を受けてます(´・ω・`)




金網部分のサイズは十分ですが、これはモンキー用なので当然ながらポン付けできません。


色々試行錯誤
こんなステーでグラブバーに固定できないか試したり・・・



曲げたり伸ばしたりしてどうにかならないか試したり・・・



カウルに穴あけて固定してやろうかと思ったり・・・(思いとどまりましたが)

どうも納得いく固定方法が思いつきません。



そうこうしてるうちヤケになってきましてこんな姿に・・・





しかし諦めかけたその時思いつきまして

ニッパーで網部分を切り取り、ちょっとキレイに調整




そしてライトとカウルの合間に手で曲げて調整しつつ押し込み形決め
(カウルとライトの間には3~5mmくらいの隙間があるのでそこに差し込む感じ)



そして更に整形して




こんな感じに



この状態でも内側からカウルに突っ張るようになってるので割と固定されてるのですが
振動や風圧などを考慮してショックコードをマスクみたいに結んで



セローの耳?の部分に引っ掛けてマスクのように固定
(耳ってこの為についてるのか!∑( ̄□ ̄;) とか思ったり思わなかったり・・・)

この固定方法ならレンズ汚れて掃除したい時も簡単に取り外し可能。


最終的にこんな感じになりました。
ストーンガード




200キロほどダート込みで走ってみましたがズレ脱落などの問題なし。
金網だけになった事によりパーツがすごく軽くなった事と
ネットタイプは風圧の影響が少ないみたいでこんな固定でも十分そうです。
ライトからの加熱もしばらく走った後もほんのり温かいかな?くらいで問題なし
光量も極端な低下は感じられません。

強度が高いものでも無いし隙間があるといえばあるのでどこまでレンズを守れるかはわかりませんが
見た目は気に入りました。

完成した後によくよく考えてみると適当な金網からでも作れたかも・・・
固定もサイドのボルトに小さい2穴ステー挟んでショックコードを通してもよさげだろうか・・・
まぁ自衛隊バイクとはイメージが少しずれましたがシンプルにまとまったし今回はコレで良しとしておきます。


内大臣林道 2012年6月3日の様子

ぼーっと日曜の朝のニュースを見てたら
「台風3号接近中デス」 ∑( ̄△ ̄;)!

公式:台風来る=林道崩落

崩落といえば内大臣林道は何度か軌跡地図作成用に行ってるがその都度どこかが崩れてたりしてて
最後まで記録できたことが無い・・・
台風が来る前に地図作りに行っとこう!と思い立ちお昼前に出発

思ったより早く林道入り口に着いたので
「この時間なら内大臣林道の向こう側の林道もついでに1~2本くらい地図書きいけるかな~」
っと思いつつ内大臣林道に突入!
内大臣林道
(「全面通行止め」の立て札はずっと放置してあるので毎度気にせず通過)






少し走ったらテープが道に張ってありその先を見てみると







むむ?(´・ω・`)






近づいてみると


見事に崩れている!しかも入り口に近いとこで!


崩落幅は広くないけど超えるのは無理そう


下を覗いてみると直角崖



おおよそ熊本側入り口から2.5kmくらいの地点でしょうか
何時から崩れてるのかな・・・
トライアルの選手なら乗り越えるのかな・・・
とか思いつつ立ち去りました
(2012年6月3日現在)


時間も余ったので周囲から回り込んで崩落ポイントの奥側に合流できないか
周りの山を結構ウロウロしましたが結局は到達できず終了



成果が無いのでウロウロしてた時に撮った写真を一つ





う~む・・・今回も完全版地図作れず・・・
たぶんすぐ修復されるとは思うのですがね~
いつ治ったか告知されるわけではないのが痛いところです。

セローにXT250Xのヘッドライトカウルを付けてみる

セロー250のヘッドライトは丸いです。
これが四角であればどんなふうに見えるか
WRとかなんだかシュッっとスマートでカッチョイイ
少しでもあんな風にならないかな~と試してみたくてやってみました。

多くのパーツが共通のXT250Xのカウルならばサッっと装着できるのではないかな
と思いカウルだけ注文(カウルだけだと結構お手ごろ価格、ライト部分のパーツが高い!)
XT250Xのヘッドライトカウル


良くみるとフェンダーとの合体部分に返しが無いな~とか気づいたり


一緒に注文したサイドボルト止めのとこのゴムパーツを付けイザ装着




セローに代々受け継がれるフロントのグラブバー


コレを無くしてしまったらそのまんまXT250Xになってしまう・・・
ゆえにグラブバーを付けたままで装着できるかどうかが今回の課題

とりあえずグラブバーの中に無理やり押し込む


入ったけどやっぱりカウルがグラブバーに干渉しボルト穴の位置が合わない


あとウィンカー部分ともちょっと干渉



横のボルト止め部分の高さだけあわせてみると長さが足りない、
というかボルトの基本位置がXT250Xとセローでは違うみたい



ここからフロントフェンダーに接触できるように削り作業
印をつけて>削って>付けてみて>印を付けて>削る・・・・



と5回くらい繰り返し、最終的にこんな感じまで削ってフェンダーに届く位置まできました
20120602-_0019591.jpg


サイドの穴位置がずれてるけどイメージを掴むには十分









う~ん・・・








やっぱりWRのようにはならないか・・・

あとグラブバーの隙間が狭くなりすぎて使えない・・・これでは意味が無い・・・



結果として
セロー250のヘッドライトカウルをXT250Xのに交換する時は、
グラブバーのとこのパーツもXT250Xのヤツに交換するとすんなり交換可能
ってことがわかったくらいでしょうか

グラブバーのとこの問題さえ無ければ足りないパーツ買っちゃおうかな~
とか思ってましたが今回は諦めです。

このパーツなにか流用できないかな・・・思いつくまで押入れにしまっておこう・・・






サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


クシタニ Eコーデュラパンツ


トロイリー Revパンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


NGKプレミアムRXプラグ


NGKプラグキャップ


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


ABUS Provogue 305


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


TOP工業 ハイパーレンチ


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30 (英語版)


Transystem TripMate852


ドイター トランスアルパイン25


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)


TGR
パフォーマンスリアショック