リアフェンダー焼け対策

サイレンサー変えてからちょっと排気がリアフェンダーに当たっている様子
パーツクリーナーで拭いたら微かに茶色くなってる程度、何もしなくても数年は問題無い感じだが
焼けていくのを何もしないのもどうかなということで

ここは深く考えずにアルミテープで



ペタッペタッと







う~む・・・まぁいいか~

スポンサーサイト

ワイヤーグリスと注油方法を変えてみた

セローが納車されて以来クラッチワイヤーの注油に使っていたのはヤマルーブのワイヤーグリースでした。
だって「オフ車に最適」と書いてあるんですもの(´・ω・`)



しかしコレはインジェクターを使っても隙間からジュルジュル漏れてしまいます。
今まで引っかかるモノを感じつつも「バイクってコレが普通なのかなぁ」と深く考えず続けてました。
たぶん毎回3分の1くらいは漏れてたと思う。





今回不意に「やっぱりあの漏れ具合は変だよね・・・」と無性に気になってきまして
ちょっと調べてワイヤー用のオイルを変えてみることにしました。

ワコーズのメンテルーブってやつです、「ワイヤーロープ」も対象っぽいから大丈夫かなと



左がヤマルーブのワイヤーグリース
右がワコーズのメンテルーブ


ヤマルーブのほうは粘度がちょっと高い&ムース状になります。
おそらくオイルが垂れにくいし持ちが良くなる事を目指しての事かと思いますが
でもこの粘度がインジェクターからの漏れの原因ではないか?と考えて今回は
サラサラな感じのオイルにしてみました。


触った感じ「とんかつソース」と「ウスターソース」の違いくらいだろうか



新しい油を注す前に前回分のグリスを抜いておこうかと
エアダスターでブシューっと、ブシューーっと、ブシューーーっと




「・・・・」


ぜんぜん抜けません・・・
中で固まってるのかもしくはワイヤーとホースのクリアランスがかなり狭いのか・・・
これである程度の古いグリス抜く予定だったのに・・・
良い方法だと思ったのですが、なかなかうまく行かないものです・・・


前もって抜くのは諦めて上からオイルを注す方向へ変更
ノズルが細い=インジェクターが使えない ので直接ホースに刺してブシュッと



でも・・・すぐ逆流してくる


どうやらすこし奥のほうでホースが細くなってるみたい
カシメのところからかな?ノズルが更に奥に入らないか試してみたけど入らない、
無理にやってワイヤーに傷いれるのもイヤなので早々に諦めて、細かく繰り返す事に

ちょっとブシュッと入れてワイヤーをシュコシュコして押し込みまたブシュッ、シュコシュコ
繰り返すこと10数回・・・全然下から出てこない、
確かにオイルは入っていってるはずなんだけど量が全然足りないっぽい


埒が明かないのでもっと効率良い方法が無いか調べてマネしてみたのがコレ

100円ショップのチャック付きビニール袋とタイラップ


ビニール袋に穴を開け、タイラップでホースに強く固定



そしてビニール袋にオイルを貯めて



時々ワイヤーを動かしたり放置を繰り返してみるとようやく下からでてきました。
灰色の汚れは以前のグリスです。




この方法なら以前のインジェクターでやってた時より無駄が無くていいかな~
タイラップのとこから微妙に漏れるけど以前と比べれば断然少ない
これからはこの方法で行くことにしました、インジェクターよサヨウナラ・・・

セローのワイヤー注油ってインジェクター使ってキレイにできる人いるのかな?
粘度低いオイルで且つノズルサイズがインジェクターと合っていたらうまくいったのかなぁ
あるいはインジェクターでうまく入れられないのは自分だけだろうか・・・
ケーブルホースが少し変形してる可能性もあるか・・・う~む・・・


注油完了後のクラッチレバー感触ですが


以前レバーの引き始めで少し「ぬちょ」っとした感覚があったような気がする、少しですけどね
今回は粘度が下がったせいかそれが無いような?(注油したばっかりだからそう感じるだけかも)

粘度下がったしグリス早く抜けてしまうのかな?しばらくは小まめに気にする必要がありそうです。



アクセルワイヤーのほうは元々サラサラの防錆潤滑オイルしか使ってない&ちょっと構造が違う?のか
ホースに差し込んでブシューっとやるだけで下からでてきました。
でも次からはビニール袋利用しようかと思います、クラッチ側ほどではないけどやっぱり逆流がありますので


アクセルの感触は特に変化わからず


すぐ終わるメンテの予定だったのに結局4時間もかかってしまった・・・でも次回は早くなりそう







追記:
「メンテルーブはノズル細くてインジェクター使えない」って書きましたが
555さんよりインジェクターを使う方法を教えてもらいました。

ケミカル類によく付いてる樹脂ノズルを追加!
20120827-_0020672.jpg20120827-_0020673.jpg

そうすると普通にインジェクター使える太さに!
20120827-_0020674.jpg

これでビニール袋も不要に!、バイク買って3年目にしてスッキリとインジェクターで注油できる日が・・・
次回のメンテで楽しみがひとつ(´・ω・`)


ちなみにケミカル類によくついてるこのストローのようなノズルも細さが色々あるようでして
今回はパーツクリーナーに付いてたノズルがジャストサイズ(他のは細くてはまらなかった)
20120827-_0020670.jpg20120827-_0020671.jpg

普段はなにも気にしないノズルの径ですが、それぞれなにか理由があるんでしょうね~













【ワコーズ】MTL/メンテルーブ 180ml


ツーリングセローが発売開始の様子

前々から話に上がっていたツーリングセローがヤマハのページにアップされてました。
アクセサリーパッケージ「TOURING SEROW」として2012年8月30日に発売だそうです。
touringserow
ツーリングセロー


ヤマハのツーリングセローのページ

・アドベンチャースクリーン
・ブラッシュガード
・アドベンチャーリアキャリア
・アルミアンダーガード(今までのと同じっぽい)

4点セットを追加した状態での本体販売開始のようです

専用オプションとして別に
・サイドバッグサポートバー
・ビレットナビマウント
も追加されるらしい(PDFに書いてあった)


気になる単品販売は2012年11月頃との事

アドベンチャースクリーン
 (´・ω・`)!むむむ、妄想が進む作りしてますな・・・う~む・・・18000円かぁ・・・
 ちょっと試してみたいかも
 誰かスクリーンのインプレ書いてくれないかな~

アドベンチャーリアキャリア
 でっかい・・・耐加重は今までの角パイプのヤツとあんまり変わらないけど
 その大きさと作りには色々可能性を感じますなぁ

ブラッシュガード
 素材からすると今までの純正品の形違い?のような感じなのかな
 なんかかっこよくなった


でもこんなオプションをわざわざ作ったってことはセローはこのまましばらく販売ってことなのかな?
それとも「旅バイク」路線へ向かって行くかどうか検討用の様子見か・・・う~む・・・

セロー250のハンドル周り調整とグリップ交換

自分は腕が少し短いので、ハンドルをしっかり握ると腕の曲がりの余裕ないのですよ
お尻痛くなって後ろにずらすとよりハンドルが遠くなり体も前傾しちゃって腕で支えちゃう
そうすると手にダメージがくると・・・

そんなわけでハンドルをアップ&グリップを内側に寄せて腕に更なる余裕を持たせ、
もっと手の負担を減らすのが今回の目的です。

まず今まで押入れ行きになってた30mmのバーライズキットを引っ張り出し今までつけてた19mmのものと交換


19mmと30mmとではそれなりに差があります



アップしたハンドル位置を基準にホースやケーブルの張りを気にしつつレバーやスイッチ類を内側へ寄せて
丁度良い位置に調整、内側に寄せすぎるとレバー固定のとこがハンドルのカーブの位置きちゃって傾いちゃうので
その辺を気にしつつギリギリまで内側へ






今回はレバー向きを水平に戻しました


今までアーマーハンドガードの位置の問題もあり随分下向いてましたが
レバーを水平にすることにより普通に乗ってる場合の手の負荷が減るかなと
(下向いてるとスタンディングで丁度良かったのですがね)

それでブレーキホースの位置が変わったのでアーマーハンドガードをブレーキホースの下を通すように変更

マスターシリンダーとブレーキホースの固定角度もちょこっと上へ変更してどうにか収まりました。
ホース下にするとぶつけた時にホースをハンドガードが傷つけるのが気になる部分はステーで上がり防止固定
してるのでどうにかなるだろう的な感じで


調整後ハンドルに余りができたので、グリップ交換とあわせてハンドルをカットします

グリップをカッターで切って取り外し、接着剤カスをタワシやらなんやらで磨き落とし




ハンドルは両端7mmづつ金ノコで切り落とし


※以前に10mm切り落としてるので合計17mmずつ切り落とした事になります

ヤスリでバリを取ってキレイに




今回準備したグリップはPROGRIPの804(オープンエンド)です。





トライアルタイヤのようなブロック沢山の形状で逆に痛くなりそうなグリップですが
このブロック部分は結構柔らかで見かけほどでもない

爪で軽く押すとこの通りソフトな感じ



今回は軽く添えるような状態でも滑りにくいグリップに変えて手の負担を少しでも軽くしてみようと
そんなのを狙ってみました。
特にアクセルを保持するのに必要な握力軽減を狙ってます。

※前使ってた790は3層構造で振動問題とか随分軽減できて良いモノでした
「P」のマークがどっか行っちゃいやすいけど・・・




取り付けは~接着剤べチャッとつけて



はみ出してくる接着剤は小まめにふき取りつつ新しいブリップをグリグリグリっと



ステンワイヤーで止めて完成





こんな感じになりました



外から見た感じでは微妙~な変化ですが、跨ってみた感じは前よりは楽に乗れそう
でもグリップが前と比べると極端に滑らないのは吉と出るか凶と出るか・・・さてどうなるかな~














PROGRIP 804 デュオデンシティーグリップ オープンエンド



ZETA バーライズキット STDバー(22.2mm)用 [30mm]

JRPのバイクグローブ SPM

バイク乗った後に手が痒い痛いと悶えてた時にポチッったJRPのSPMという牛革グローブです。
JRPのSPM


今まではトレール車に乗るならモトクロス用の薄手のナイロン合皮のグローブを~
といった感じで固定観念というかそんな感じでthorとか661とか買ってたのですが

今回はもう実用重視というか手の痛い痒いをどうにかしたい一心で変化を求めてレザーグローブ選択です。

・革が天然モノならなんだか肌にやさしそうじゃ? 肌がナイロンに負けてる可能性もあるし
・あとなるべく革が厚いグローブがいい
・レザーだけどデュエルパーパスモデルとか謳ってるし
・コスト面については手が痒くて痛くてもう勢いでポチッた

とま~色々理由はありますが、結局のところ前からJRPのグローブが気になってただけってのに尽きるかも・・・


では詳細
JRPの中ではサマーメッシュの分類になるグローブで、材質は耐水加工牛革
サイズはJRPのサイズ選びページを参考に指の長さ基準でMサイズを選択
SPM

手首のベルトはベルクロ式、ボタンが付いてますがこれは抜け防止


甲側はパンチングレザー


甲部分のアテ革はちょっとプニプニしてる、感触からするとゲルとかじゃなくてスポンジかな?


掌側のアテ側は親指付け根のとこに、中には何も入ってない様子


手を入れてみた感じ




握ってみた感じ



指の部分は掌側が外縫いになってる。
前に内側の縫い目が気になってしょうがない時もあったので自分にとっては重要なとこ




その他写真色々




JRPへ直接注文したら洗濯バサミがオマケでついてきました。




バイク200キロほど、あと車通勤で使ってみた後





縫い合わせなどはさすがに良くできてますね
あと馴染んで行く感じが良くわかるグローブです。
メッシュはそれなりに効いてるようで暑い日でも手が汗だくとまではならなかった。
グリップの滑りとか気になってましたが、使ってみるとそんなことは杞憂というか
たぶん泥んこにならない限りモトクロス用との違いはほぼ無いかも。
革が厚いのも手のダメージを軽減してくれてる感じがわかってなかなか良い
以前の薄手のグローブよりも明らかに太いのにポケットからカメラ出したり操作したり、
ジッパーの開け閉めなども同じように普通にできる・・・なんでだろうか?不思議


肝心の「手が痒い痛い」に関する効果ですが。

結果:効果アリ

このグローブをつけてみて走ってみたら原因が概ねこんな感じだろうというのがわかりました。
原因1(50%):手で体重を支えすぎ
原因2(40%):今までのグローブ選びの基準が間違ってた(サイズが合ってなかった)
原因3(10%):グローブが薄かった


原因1:
ブレーキも加速も操作もニーグリップで体を支えて手は添えるだけ ってのを意識したら
まったく症状が軽くなったので確実

原因2:
コレを使ってわかったのですが今まで使ってたグローブがピッタリしすぎていた(指を包む部分が特に)
グローブってどうやっても指の曲げ伸ばしでで指周りの布がわずかにずれて皮膚と擦れ合う
これがピッタリしすぎていると余計に摩擦ダメージが酷くなるのではないかと感じました。
指先の余りは少し無いとダメって良く言われますが、自分の場合は指の包むトコも余裕ないとダメみたい
人によるのでしょうけど自分はブカブカくらいが良いようです。
グローブ選びを真面目に勉強してなかったのが悔やまれる・・・

原因3:
やっぱり単純に皮膚が強く無い気がする。
基本的に摩擦に弱い。
原因1,2で大ダメージをもらうのもしかたない・・・


そんなわけでレザーグローブで症状が解決~と言うわけでなく
JRPのグローブの作りが自分の手と相性が良かった と言う感じ。
つまり今回は運が良かった!!
たぶん試着できていても以前なら正解がわからなかっただろうなぁ・・・


ちょっと高かったけどJRPのグローブは長く使えるようですし、後悔はありません~
というかもっと良いグローブにめぐり合うまではJRPのグローブが基準になり続ける事になりそうです。



















JRP:ジェイアールプロダクツ SPMサマーメッシュグローブ【2カラー】







JRPの中で一番人気は鹿革&牛革のDRNってやつらしい
いつか試してみたいなぁ


積乱雲

GRD3 f9.0 絞り優先オート ISO64 
積乱雲


今の時期、暑い晴れた日でも急な雨が多いですね
特に行き先が決まってない時にこんな感じの雲が前に湧いてると風向きを確認して逃げたり迂回したり
でもたまに挟まれて詰んでしまう場合もしばしば・・・

Weraの六角レンチ

ハンドル周りを六角ボルト固定に変えてあるので使用頻度が高い六角レンチ
一番多いのはハンドガードの取り外しとかでしょうか、レバー関係のメンテでは外さないといけないので

今まで使い勝手重視でホームセンターで買ったグリップ付きの六角をメインに使ってたのですが


頻繁に使用するならちょっと有名所のもの試してみたいな~と
PBと悩んで今回仲間入りしたのがコレ

Wera(ベラ) ボールポイントキーレンチ(4mm,5mm,6mm) です
Wera(ベラ) ボールポイントキーレンチ


コレを選んだ決め手はHex-Plusという角が面取り加工されてるってとこです。特許らしい
グリップ版がでてればなお良いのですが、どうも無いようで・・・・

では詳細
このウネッってる感じと角が丸いのがHex-Plusの特徴っぽい
六角での面接触を実現するそうな




ボール側は普通っぽい



回し心地はなかなか良い、普通のよりは安心感?があるせいかな
あとボルトの穴にスッと入る気がする、先端形状の違い、もしくは面が凹んでて少しスリムだからだろうか?


ステンレスでは無いようで着磁可能



もうひとつの特徴が丸い棒を削り出したような形状とラバーで覆われてるとこです。
比較してるのはアサヒの5mmです(キャッチャーボール付き)


自分にとっては面接触と同等に気に入った部分でして
この太さが握りやすさと操作性を良くしてる気がします。

その握り部分の厚みは
4mmは約6.2mm
5mmは約7.7mm
6mmは約8.3mm


ちょっとの差ですが普通のと比べると握りやすい。
(普通の六角ホルダーに入らないというちょっとした問題はありあすが・・・)
作業の早さや確実性はグリップ付きやT字形に負けるかもしれませんがなかなか使えそうです。

工具箱の場所も取らないししばらくはお世話になることでしょう。






追記:
あとで知ったのですがVessel(ベッセル)からウルトラヘックスというHex-Plusの改良版っぽいモノがでてるらしい・・・
検証の記事とかみると六角の性能としてはHex-Plusより上っぽい印象


う~ん・・・これのグリップ付き出たら欲しいな・・・



吉無田経由阿蘇行き

先週ですが久しぶりに吉無田林道へ

北側の吉無田林道入り口に通行止めの看板が



行けるトコまでいってみようかと進入しましたが
おおよそ4分の1のとこで重機で作業してて通行止めでした。


やっぱり以前の大雨の時に崩れてるようです。
土砂や倒木などを撤去してる様子でした。

引き返して次は十文字峠から吉無田水源までの林道へいってみると入り口に鎖が・・・これも引き返し



そして吉無田水源からの入り口へ行ってみると・・・門が閉じてました・・・



以前に聞いた吉無田が走れなくなってるというのはこういうことかぁ
早々に諦めてオンロードツーリングに切り替え

吉無田から南にぐるっと回って高森経由で南側登山道から阿蘇内輪山へ








この山ってこんなに溝深かったっけ? きっと大雨で削れてしまったのでしょうね
道の所々で柵が押し倒されたような痕跡がありました。
でももう復旧が進んでるようで登山道の途中も5mくらいの短い片側通行が2箇所くらいで渋滞も特に無かったです。

北外輪山のやまなみハイウェイやミルクロードはツーリングコースとして有名ですが
内輪山の登山道も景色良い感じです~ とすこし地元アピール(´・ω・`)
(風評被害で大変みたいなのですよね・・・)

現状では阿蘇の北東側で通行止めがあるようですがが、阿蘇内輪山の南北登山口までは十分出入りできます。
草千里にはレストランとかありますしオンロードツーリングコースにどうでしょう。





転倒部長さんへ

>連絡手段が無いので記事にてお尋ねです。
>
>転倒部長さんのブログが予兆もなく無くなってるのでどういう状況なのか気になってます。
>(ブログ引越し中?、システム障害?、悪意ある第三者からの攻撃?、その他の事情?)
>
>もし良ければブログが存続するかどうかだけでも「管理者のみ参照可コメント」で連絡をお願いします~



追記:転倒部長さんと関わりあった方々へ

転倒部長さんから連絡がありました。
ブログも新たに復帰されたとの事→現実逃避記


ほら・・バイク趣味にしててブログを突如閉鎖って
「あんな事」なったんじゃ・・・「こんな事」やっちゃったんじゃ・・・って想像しちゃうじゃないですか・・・
今回とにかく想像と外れててよかったです。

以上、報告までに~

手が痛い・・・

バイク乗ったあと、手が痛い!指が痛い!
痛いというよりカユイ!
痒さに負けて掻いたり触ったりするとカユイタイィィィィ!

症状が出るのは主に皮の部分、ウズウズ、ヒリヒリと火傷っぽいような感じ
左の中指と薬指はヒドイ時は全体的にパンパンになって指が曲がらないし曲げようとすると痛い

コレが出るともう氷嚢で冷やして、仕事中は絆創膏ペタペタ張って刺激しないようにして・・・
程度にもよりますが1日~7日ほどで治まります。

バイク乗り始めの頃からの症状でして、特に夏に症状が悪化しやすいする気がする
症状が出る度に苦しみ調べて、そして忘れる・・・そしてまた・・・と



今回はいよいよカユイタイので記事にしちゃいました。(ーー;)


まず患部は赤い印のとこが赤くなってムズムズとカユイタイ(腫れるというほどでは無い)
もう3日経ってるので結構治まってますがまだカユイ!
(時間差で違う場所が赤くなってくる場合もアリ)

左手


右手



見苦しい写真ですみません・・・

色々調べまして原因となりそうな事は「一部」わかってます。

まず掌の下側、親指の根元は「腕で体を支えてるから」負荷が増えてると思われます。
6時間とか乗ってるとどうしても忘れがちというか疲れるからというかやっちゃいます
対処方:「バイクは腰で乗れ」の実践と持続

次に左の中指・薬指の関節部分は、クラッチ操作による負荷が大きな原因となりそう
軽度の腱鞘炎?
対処方:「なるべく指全部でクラッチ操作」


上記2点ならばこんなふうに指の側面や根元に赤いカユイタイ部分は広がらないと思うんだけど・・・
「まさか何か隠れた持病が!( ̄△ ̄;)」

とか不安に思ってたのですが今回よく観察しましたら
指の根元とか指の側面とかはおそらく「グローブとの摩擦」が犯人では無いかと思っております。
たぶん掌も親指も中指も薬指も、乗り方悪い&摩擦の合わせ技で症状が酷くなってる気がする。




さてどうしよう・・・
そもそも皮膚が弱いのか?
夏場ヒドイのは薄いグローブ使ってるからなのか?自然に冷却されないから?
今までthorのインパクトグローブとかモトクロス用品メーカー製のグローブを使ってきましたが
ひょっとしてその布や合皮が肌に合わないのか?

う~ん・・・

まよった挙句、グローブを変えてみることにしました。
気になってたJRPの牛革のグローブをポッチっとな!

乗車姿勢などは今後気をつけるということにして、どうなるかな・・・
グローブ変えて症状が軽減できればいいけども。






※この記事書いてみたのは同じように手を傷めてる仲間はいないかな~と思った次第
 似たような症状で改善した人いたらどうやったか教えてくださいヽ(゜ー゜;)ノ
 今回は林道込みツーリング6時間ほどでしたが、これはオカシイですよね?
 ネット探しても症状が合致する人が見つからなかったもので・・・




追記:
バイク運転にこだわらずに「手が赤い」とか「赤くなる」とかで調べたら

「肝臓悪いと手が赤くなる」 ∑( ̄□ ̄;)

「自律神経関係で不安定だと皮膚擦ったらが赤くなりやすい」 (°m°;)

「血行が悪い」(°□° ;)

「ホルモン関係の不調もなにかあるっぽい」 Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)


そういえば脂肪肝ってずっと言われてる・・・
ココしばらくのど飴をクセになったように舐めてるし・・・
運動不足だし・・・
クーラー使用率高いし・・・

とりあえず以下もあわせて実施することにしました
「飴玉禁止」
「自律神経整える系冷水あびるとかやってみる」
「肩甲骨ダイエットを始める」
「手は無駄に動かして鍛える」
「バナナミルクがなんだか効くっぽいけど売ってないのでフルーツオレ毎日飲んでみる」
「マルチビタミン飲んでみる」

う~ん、悪いことじゃないし秋までがんばってみよう





サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


クシタニ Eコーデュラパンツ


トロイリー Revパンツ


Thor Range ジャケット


Thor Range パンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


ABUS Provogue 305


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


TOP工業 ハイパーレンチ


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30 (英語版)


Transystem TripMate852


ドイター トランスアルパイン25


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)