セローのハンドル周りイメチェンと調整

セローの鮮度回復の為に外観の変更を実施しました。


今回のメインはハンドガードをセロー用純正ブラッシュガードに交換です。
ZETAのアーマーハンドガードに比べると防御力ダウンですが、フレーム無しのガードを試してみたかったもので(⊃д⊂)


コレを選んだ理由は値段とブルブルしなさそうな感じだったから

付属品を見ると穴が一つ多いクラッチレバーのトコの部品が入っています



どうやらクラッチ側はレバーのボルトとは別のボルトで固定するみたい
ブレーキ側はレバーのボルトを長いやつに買えて共締めっぽい

早速取り付けてみるものの




案の定といいますか・・・左右共にピボットレバーのスプリング部分に干渉して少しレバーを押してしまってる状態



ひょっとしたら大丈夫かも?と期待してたのですが・・・

対処として穴開けました(ちょっと穴大きすぎた・・・)


ブラッシュガードのその他写真




次にハンドルエンド部分が貫通型なのでバーエンドプラグを装着です
ZETAの35mm径のチタン色



これが思いのほか装着しにくい・・・プラグが小さく固定しにくいので滑ってなかなか難しい
パイプレンチで掴んでハンドルの穴ギリギリのサイズまで締めて調整してから装着


ボルトもアルミらしく柔らかいので慎重にやったけど早速傷が・・・これはヘタするとすぐナメマス
早速傷を入れてしまったけど・・・まぁなんとか


フランジフォームも痛みが出てきてたので同一品と交換



ついでにブレーキリザーバーのカバーも今まではベルクロの伸縮バンドを巻いてましたが
PPクラフトシートを3枚重ねてペタッと改良




続いて気になるところをちょっと調整

バーライズキットを交換しちょっとハンドル下げ 30mmアップ→19mmアップ


ハンドルちょっと上げ気味に調整



あとクラッチワイヤーのホースがちょうどカギの真上を通ってて抜き差しがメンドクサカッタので


なんとかならないかなと検討後にワイヤー周りのケーブルを整理してちょいと上げて出てくる場所を鍵穴の上からに変更
(その昔、配線はいじってて真っすぐになってますが何もしてない状態だとエンジンの上でクロスしてます)



そしたらケーブルが邪魔しててカバーが締まらなくなってしまったので今回はカバーを削って対処
以前は簡単に削る気持ちになりませんでしたが・・・コレも慣れでしょうか





今年はとりあえずこの状態でいこうかな~と



ブラッシュガードは倒した時に固定部分から割れて吹き飛びそうな気がしないでもありませんが
わりとフニョっとしてるので変形して吸収してくれるかも?
こればっかりは倒してみないとわからないかなぁ・・・倒したくないけど・・・

外観はなんだか両端が下がってショボーンっとした感じになってしまったけどコレはコレでなかなか












★ヤマハ ワイズギア ブラッシュガード (ブラック)


★ZETA バーエンドプラグ


★PROGRIP プログリップ フランジフォーム

スポンサーサイト

EDスキッドプレートの反射音対策

以前微妙な感じだったEDスキッドプレートの反射音対策を今一度


ここでの反射音とはエンジンの底からの音が聞こえすぎるアレです
「コロコロコロ」「シャリシャリシャリ」っと擬音にすると難しいけどなにか機械が頑張ってる感じのいろんな音の合唱のやつ

今までは音を吸収させる方向でなにかないかと模索してました。
固いスポンジ、柔らかいスポンジ、ダンボール、樹脂板、ゴム板・・・
コツコツと試してみましたがどれも微妙というか、ブラシーボな域を出ない感じ
高い吸音材を買うのも考えましたが、そこまでお金使うなら新しいスキッドプレートの足しにしたほうが・・・

ということで、新しいアンダーガードを物色してる時に気づきました(☆∀☆)
他社の製品には「穴」が開いてるものがあるという事に


純正のアルミアンダーガードには6個も大きめの穴が


力造のやつにも正面に穴が


他車種用には穴だらけのやつが



今まで穴はたんなるデザイン的なモノ、もしくは冷却用空気取り入れ口や排熱排水の為かと思ってたのですが
よくよく考えると強度が重要なパーツなはずなのにワザワザ穴を開けてるのは・・・

「音を逃がす為に違いない」

うん、きっとそうだ、絶対そうだ、それ以外ありえない!
と、そこまで強くは確信しませんでしたが、穴開けるだけならドリルはあるからタダだし~
スキッドプレート付けた時、外した時と確かに音が違うので「音を逃がす」のは有効かなと試してみました。


なるべく強度が落ちないように折り目?の部分と取り付け部の周辺は避けて目印をつけて


加工前の重量計測、910g


最初は8mm径で穴を開けようとしましたがドリルビットとチャックが滑ってなかなか進まない
ステンレス用なのに・・・さすがに硬いアルミを使ってるというだけはある・・・


早々にあきらめて3mm径のドリルビットでガイド穴をあけて6.5mmのドリルでゴリゴリいきました
20130320-_0023356.jpg

そしてこんな感じ






重さは、866g

随分軽くなったと思いきや50gも減ってない・・・軽量化と言うには程遠い


いちおう比較用にこの位置でデジカメで音を拾ってみました。
(車庫内で撮ってるので実際の音と違いますが同条件内の比較用ということで)



・スキッドプレート無し



・スキッドプレート有り(無加工)



・スキッドプレート有り(無加工)+フレームとの間に硬めのスポンジ




・スキッドプレート穴あけ加工+フレームとの間に硬めのスポンジ




さすがにまったく聞こえないようにはなりませんが、今までの対策の中では一番の効果
走ってみたら共鳴音のほうもスポンジのせいか穴の効果かわかりませんが気にならなくなってました。
(共鳴音=高回転で巡航してるときに「フォォン、フォォン」と聞こえる音、と自分は認識してるヤツ)

このあと穴を大きくしてみようかとも思いましたが、やっぱり強度が心配になり
少し空白の部分に穴を追加して完了としました




あと前に付けた飛び石衝突音対策のPPクラフトシートは剥がしちゃったので
代わりに鉢やプランターの底に敷くネットをちょっと整えてタイラップで固定しました


ちょっと硬い素材なのでわざと隙間をあけてたわませて弾力でポヨーンとなるように(と願って)取り付け





今回の結果として「穴があいてるスキッドプレートは反射音が少ない」と言えるかも
自分のなかでアンダーガード選びの指標が一つ増えました。
(結局は見た目と宣伝文句で決めるでしょうけど・・・)
今回の加工は見た目がアレですけど・・・結果としては上々かなと思ってます。

※そんなにいないとは思いますが念の為
 強度を下げる加工なのでお勧めはしません(⊃д⊂)
 もしやる場合は自己責任でよろしくです。









ZETA EDスキッドプレート SEROW250用


携帯ポンプ入れ作成

携帯工具のなかで比較的出し入れが多いのがタイヤゲージとポンプ


タイヤゲージを新調したのを契機に携帯ポンプ入れを別に作ってみようかと
シートポーチ以外で取り出し安い場所といえばバーパッド付近(他の場所は既に色々くっついてるので・・・)


バーパッドのポーチといえばトレックフィールドさんの「空気入れ入れDtype」
サッと買いにいける環境ならそっちを買っていたと思いますが、通販となるとちょっと気後れしてしまい・・・
毎度のことながらマネして似たようなものでも作ってみようかと

まず素材探しでポンプとエアゲージが入りそうな長さと適度な厚みを持つポーチのようなものが無いかと
ホームセンター、スポーツ用品店、文房具店を彷徨い見つけてきたのがコレ

「LIHIT LAB.」のペンケース[2ウェイタイプ](黒) ※グレーに近い色です


20cmの定規やペンが入るように長く作られていて大きく開きサイドのこぼれ止めもちゃんとしてある
厚みも適度で作りもシッカリしてる気がする。
中仕切りはベルクロでペタッと仕切ったり仕切らなかったりできる



20cm級のポンプとタイヤゲージが十分入ります



これをバーパッド装着する為にちょっと加工です。
まず細いナイロン紐でジッパーがチャラチャラ鳴らないように処理



次に安全ピンでペンケースとバーパッドカバーを接合


ベルトを縫い付けるのがメンドクサカッタというのもありますが
コッチのほうが見た目がスッキリするかな~と

バーパッドカバー側はビニールテープで補強(加工した時の感触が引き裂きに弱そうな素材だったので)



あとはバーパッドに巻くだけ


ポンプとゲージが中で衝突して壊れないように筒型スポンジをはめて対衝撃加工して


こんな感じに



バーパッド本来の役目を考慮して前側に装着し、圧縮兼保持用にショックコードを輪にして追加してます。
ペンケースの底はハンドルクランプのとこに接触してるので重さは分散できてるはず・・・多分・・・


でもちょっとメーターが半分までしか見えない・・・あとケーブルが窮屈な感じ・・・


なので、バーパッドのスポンジを切って少し隙間作り


カバーが余らないようにスポンジを足して


こんな感じで完成ということで




座った位置からオドメーター部分が見えませんが、普通に走る分には特に問題ないしこれで良しということで

あんまり重いもの入れるとまずそうだけどまだ何か仕込めそう・・・なにか丁度良いのないかな・・・














★LIHIT LAB.<リヒトラブ> ペンケース[2ウェイタイプ]

STRAIGHTのデジタルタイヤプレッシャーゲージ

今まで使用してきたタイヤゲージはエトス(ETHOS)の究極エアゲージ
シートポーチに入れっぱなしの割には壊れることもなく直角なチャック部分の使い勝手が良い品です。


しかしながらちょっと場所を取っちゃう事が今頃気になり始め・・・
色々物色して手に入れたのはSTRAIGHTのデジタルタイヤプレッシャーゲージです。




究極エアゲージとの大きさ比較



選ぶ時の条件は以下のような感じでした
・デジタルである事(同じアナログ式じゃ面白くないから)
・長さは20cm以内である事(シートポーチの長さの限度)
・あんまり厚みが無い事

他の候補として
Panaracer デジタルタイヤゲージ


新潟精機 デジタルエアプレッシャーゲージ


があったのですけどネットで調べてみるとSTRAIGHTのヤツが購入者の評価が随分良かった
サイズも形も機能も希望範囲内ということでSTRAIGHTのに決めました。


長さは約19cm、厚みは約2.5cm




裏側の電池入れ部分、バックライト用と測定用で電池が分かれています。
(バックライト用電池が切れても測定できる?先にどっちが切れるかわかりませんが・・・もしくは形状の都合か)


表示部のバックライトは赤色で計測単位はpsi,bar,kgf/cm2,kPaの四種類切り替え式


OFFにしても次回ON時には最後に選んだ単位を憶えています。

使ってみますと押し付けて一秒くらいかな?「ピー」っと鳴って完了



デジタルって1回測る毎にリセットが必要なのかなと思ってたのですけど
このゲージは押し付けるだけで再計測できるようです。

測り終わった状態でボタンを押すと単位変換できた(自分は使うアテがありませんが)


究極エアゲージと測定値を比較してみますと

デジタルのほうがちょっと高め?、どっちが正しいかもはや謎なので同じくらいだから合格!ってことに


なかなか良くできてると一番関心したのがこのチャック形状



筒部分が長くバルブのガイドとなってましてチャックがバルブに真っすぐになるようになっており
ありがちな「チャックを斜めにあてちゃってブシュっと抜けちゃう」って事が少ない感じになってます。
なので手を離してもこの通り


何回か試してみまして、ブレーキディスクが邪魔なバイクの場合は右手でゲージを摘まんでバルブにセットして
左手でチャックの上をポチッと押さえる感じでやるとディスクに手を挟む事もなく楽に測れそうです。




あと空気抜き時にチャックの先でやろうとすると浅くしか押せないようなのでちょっと改造


抜き安いように空気抜き用の角をタイラップ巻いて作っておきました。



チャックがもう少し直角に近ければ最高だったのですけど、使い勝手はなかなか良い品と思えます。
これから先はコチラがシートポーチに常備という事で


あとは耐久度がどのくらいのものかはこれから先検証です。壊れたら記事ネタにでも

レバーを4フィンガーへ交換

セローに付けてるレバーはクラッチ側ブレーキ側共にZETAのピボットレバーCPの3フィンガー





バイクを買ってから割と早い時期に交換しました。
当時は自分の手が小さいほうで純正だとレバーが遠くてきつかった為、
レバー距離の調整機能を見込んでコレを選びました。
(可倒機能はその機会をアーマーハンドガードに全て阻止されて未だに見せ場なしです)

なんでその時に3フィンガーを選んだかといえば・・・
・ショートレバーのほうが倒した時に折れにくいと見聞きしてたとか
・ショートレバーってどんなものなのか気になってたとか
・レバー操作は指1本、2本でするものだと雑誌に感化されてたとか
(指1本でやるのならショートでもロングでも変わらないじゃ~と思ってた)
・なんだか玄人っぽいからとか

思い起こしてみるとそんな理由だったと思います。


そして今現在、バイクについて少しは自分の考えを持つようになり
色々装備見直しをしているうちにレバーの4フィンガー化に思い至り交換してみました。
つまるところ「もうちょっと楽にならないかな~」ってことなのですけども(⊃д⊂)


準備したのはピボットレバーCP 4フィンガーの可倒部のリプレースメントパーツ
クラッチ側:ZE42-4100
ブレーキ側:ZE41-4100

交換はまず稼動部のボルトを4mmの六角2本で押さえつつ外し



調整ネジのとこにバネを保持してるラバーが共締めされてるのでこの調整ネジを外すとバネが取れます


3フィンガーと4フィンガーを比較してみると15mmほど差がありました。



交換後



4フィンガーでもアーマーハンドガードには干渉せず大丈夫でした




所感:
・想像してた通りにクラッチとブレーキの操作が少し軽くなった。
 なんで今まで3フィンガーにしてたのだろうと思うほどに・・・
 信号待ちでNに戻さずクラッチ切ったまま保持してる時とかに特に感じる
・クラッチとブレーキの操作が少し細やかにできるようになった気がする
・親指の付け根部分はグリップの鍔部分にあんまり接触しなくなったのに気づいた


最初から4フィンガーのを選んでおけば・・・とも思いましたが
その時はその時で将来的にショートな3フィンガーが気になっていたであろう事は想像できます・・・
「自分に合わせたカスタム」へはまだまだ寄り道が必要なようです。











ZETA ピボットレバー CP ブレーキ SEROW用 ZE41-4161


ZETA ピボットレバー CP クラッチ SEROW用 ZE42-4160




車載用のビニールテープ

以前バイク雑誌に
「透明なビニールテープを携帯しておくとウインカーとかヘッドライトレンズ割れた時にも使えて便利」
って紹介がありその時以来シートポーチに潰して入れておいたのですが
久しぶりにポーチ整理してみたらこんなふうになってました。




キレイにずれて歴史を感じさせるタタズマイに(⊃д⊂)

ポーチの中でギューっと圧迫されててこうなったとは思いますが
この状態から察するに芯を抜いておかないといけなかったのかなと
雑誌にそんな事書いてあったかな・・・


とりあえず変形したビニールテープはベタベタしてるし粘着力すこし下がってるだろうから廃棄し
新しいものは芯を完全に取り去ってみました。



潰すと綺麗にペッタリと・・・なんだか美味しそう(*´¬`)


触った感じ変形しにくい気がする


新品なままだとちょっと厚いかなと少し巻き取って一回り小さくして
チャック付きビニール袋に入れてポーチの中へ


これでしばらくは大丈夫?なのかなぁ・・・使う機会が無いのが一番なのですけど

スキッドプレートの衝突音対策

そういえば、スキッドプレートに石あたるとビックリするなぁ・・・っとメンテしててふと思う
林道走ってると前輪に巻き上げられたであろう小石がスキッドプレートに当たってる音がよく聞こえます

「ココンッ!」
「キンコンコロロ・・・」
「コーーーーーン!」

などなど、スキッドプレート付けてたら小石が当たる音はしょうがないかな~とは思うのですが
時々「貫通したんじゃ?」ってくらいビックリするくらい大きな音が出て→ブレーキ
ってパターンがしばしばあります。


他社製と比較すると正面のカバー範囲が大きいZETAのEDスキッドプレート


この正面部分に細かい傷がいっぱいあります
ココに結構石当たって音が出てるんじゃないかな~と推測しプロテクターを作ってみました。


PPクラフトシートを切り出して


強力両面テープで


ペタッと


コレで少しは効果があるはず・・・ついでに黒色化が少し進行



ついでに反響音対策でフワフワの防水スポンジをフレームに貼り付けて装着してみました。


気休めのつもりでしたが意外と効果アリ
以前、フレームとの接触面にウレタンを挟んだ時はあんまり効果無かったのに今回は共鳴音っていうのかな?
「フィフィフィフィ」って感じの音が小さくなった気がする

・スポンジの面積がウレタンのときより広い
・柔らかいスポンジだから
・前側がちょっと浮いて反射角度が少し変わった?
・ひょっとしてペタッと貼ったPPクラフトシートが効いてる?



などが効果出た理由として考えられますが・・・実際どうなんでしょうね・・・
この部分はまだ改善できそうな気がします。

セロー250のメンテナンスメモ 2013/3/9

半年に1度のオイル交換と消耗品をを交換です。


実施内容
・オイル交換:ワコーズのトリプルアール15W-50(前回と同じ)
・オイルフィルター交換:キジマ #105-518(Oリング付き)
・オイルフィルターカバーの汚れ取り
・オイルフィラーキャップのOリング交換
・チェーン張り調整
・プラグ確認



オイルは色からはよくわからないが、とりあえず変な欠片は落ちてこなかった


マグネット付きドレンボルトには特に大きい金属片などは無し




フィルターカバーの内側の部分、Oリングはめるとこの外縁に良く見ると汚れ?のようなものがあるのに気づいた
エンジン側はツルツルのピカピカなのにカバー側だけについていた


オイルが薄く残って熱でこびりついたものかな?爪で擦ると少しはペリペリっと剥がれたが大部分は
軽く擦っても剥がれず頑固にくっついてる。
以前にここのフィルターカバーからオイル滲みがあったのでOリングの劣化とともにコレも要因の一つなのかも
と判断してがんばって擦って落としてみた。

カバーの部分はしばし監視対象

※「OリングにはヤマハグリースBを塗る」が正解です、エンジンオイル漬け込みは間違いでした


何度か拭いたはずだがオイルフィラーキャップの周りが怪しい汚れて方をしているいるようなので
Oリングの劣化によるオイル滲みを疑う


そういえばココのOリングはセローを購入してから交換した記憶が無い
20mm径のOリングはホームセンターにも売ってるけどひょっとして耐熱性が違うかも?と心配で純正品。
(今後は細かく変えてあげようと思ってまとめて5個くらい注文)


はめる時はエンジンオイルに浸けてから
※ここのOリングも「ヤマハグリースBを塗る」が正解です、エンジンオイル漬け込みは間違いでした


コチラもしばし監視対象




次に発進したときとかチェーンあたりからカチャカチャ音がするような気がするので少し張り調整をと
まず元のスネルカムの位置を記録用に撮影、「10」のとこ


反対側も念のため撮っておくかな~と見てみたら・・・


あれ・・・「9」 ∑( ̄□ ̄;)

どうやら今まで左右違う値のスネルカム位置で走ってたみたい・・・
アクスル締める時は入念にチェックしてたつもりでしたが、前回は最後の確認を疎かにしてたのかも・・・
冬場であまり走ってないとはいえ気づかないものですね・・・
カチャカチャ音はコレが原因?

同じ値で調整して今回は確実に最終チェック


チェーン側のスネルカムを10の位置にしたことでチェーンの遊びがちょっと減った状態になった
まだ走って試してないけど追加記事がでなければカチャカチャ音はコレor遊びが多すぎが原因ということで
(チェーンは130リンクのものに変えてるのでスネルカムの位置はノーマルとは違うかも、純正は128リンク)


最後にプラグをチェック


多分まだ大丈夫だろうと判断
プラグの再利用時は回らないとこまで手で回してしめてそこからプラグレンチで12分の1回転増し締め
(プラグの箱の裏にそんな雰囲気な事が書いてあったので)

今回はスネルカムずれが非常にショック
慣れたつもりでいたけどまだまだ注意が足りないようです・・・




odo:13921km

ニコンからAPS-Cセンサーコンデジ

ニコンからの製品案内メールに「むむ!」と気になるモノが・・・

大きいセンサーを使った単焦点レンズなコンデジを発売するようです。

COOLPIX A


APC-C相当のニコンDXフォーマットCMOSセンサー&28mm相当の単焦点レンズ仕様
レンズ部分があんまり出っ張ってないスッキリとしたその姿が気になる高級コンデジです。
コンデジユーザーとしてはちょっと気になる存在・・・

大雑把に目に止まった仕様は

・レンズはf/2.8の28mm相当の単焦点
・ニコンDXフォーマットCMOSセンサー、有効画素数1616万画素
・ボディーは金属素材(アルミ合金とマグネシウム合金)、ダイヤルは金属削りだし
・液晶モニター3型高精細約92万ドット
・マクロの最短は約10cmらしい
・手ブレ補正の機能は無いのかな?見つけられない
・RAW出力可能
・カメラサイズが約111.0×64.3×40.3mm(突起部除く)GRD4と比べると少し厚くて高さがあるくらいかな?
・実売価格11万前後っぽい


ニコンのコンデジでRAW出力できるスッキリとしたデザインのデジカメって無かったのですよね
マクロ好きな自分としては最短10cmはちょっと物足りない感じがするけど
GRD4を買ってなかったら大いに悩んでたかも・・・値段がまずネックで除外されてたでしょうけど・・・

今後他のメーカーはスマートなデザイン&大型センサーの対抗機を出してくるのかな?
カメラの買い換えを考えるであろう数年後にはこんな形のカメラがもっと賑やかになってるといいな~




NikonのCOOLPIX A のページ


近所の花が

咲いてたので

サクラ?かな・・・ちょっと早いような・・・
GRD4 f1.9 絞り優先オート ISO125


GRD4 f1.9 絞り優先オート ISO125



畑の畦道に咲いてた小さい花、名前はしらない
GRD4 f5.6 絞り優先オート ISO125



アドベンチャースクリーンっぽいモノを自作してみる その4

前回に引続き自作アドベンチャースクリーン用のスクリーンを平面デザインにて作り直しです。
今回は大きめの3mm厚のPET樹脂を買ってきてまずは1作目より大きめに作ってみました。



欲張って下のヘッドライトカウルとの隙間埋め用のカバーも製作し



こんな感じに




この時は「なかなかそれっぽくできたかも( ̄ー ̄)」っと思ってたのですが
試走にでてみると前回と同様に乱流が目を直撃・・・500mも走らずに引き返しました。
だって時速40キロくらいで目を開けてるのが辛いくらいになってたんですもの・・・

前回より酷くなってるようで、少し大きくしたくらいではまったく解消されない様子


スクリーンを削って固定位置を下げ乱流の位置を下げてみようとしたもののあまり改善されず



この後、数パターンくらい試してみましたら
・スクリーンの下に隙間作っておかないと乱流というか巻き込み風が強くなるみたい
・スクリーンの傾きは45~50度くらいの傾きにしたら随分風が優しくなった
という結果に

そして
・枝とか引っかかりにくいように
・ライトの光が映りこまないように
・運転手側にスクリーンが突き出し過ぎないように
と削って調整して最終的にこんな感じになりました。






スクリーン固定部は左右一箇所ずつだけにして強い力がかかると前に倒れるようにしてます。
風の乱流がまったく無くなったわけでは無いですが、前回と比べたら随分押さえられました。

結局は最初にアクリルで作ったスクリーンと同じくらいの大きさになって
風防効果は胸のあたりがすこし効果あるかな?と感じるくらいです。
重さはたぶん1キロ前後にはなってしまったかなぁ
ある程度スピードも出して走ってみましたがとハンドリングに変な影響はほぼ無いみたい。


あとはナビさえ付けば形になるのですが・・・まだ先になりそう
ひとまず自作のアドベンチャースクリーンのネタはこれにて完結です
(PET板を切ったり削ったりにもう疲れましたので・・・)

サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


クシタニ Eコーデュラパンツ


トロイリー Revパンツ


Thor Range ジャケット


Thor Range パンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


ABUS Provogue 305


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


TOP工業 ハイパーレンチ


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30 (英語版)


Transystem TripMate852


ドイター トランスアルパイン25


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)