TOPEAKのスーパースチールタイヤレバー

前回パンク修理練習に使用したTOPEAK(トピーク)スーパースチールタイヤレバーの紹介を少し
携帯用のタイヤレバーとして購入しました。




自転車用のタイヤレバーとして売っているものですがセロー250の前輪タイヤには問題無く使えました。
「スーパースチール」と言うだけあって頑丈そうで多分ステンレス製なんじゃないかな~と思います。



スポーク用フック?とマグネットで2本合体でスッキリコンパクト



裏面には樹脂のリムプロテクターっぽいものがついてます
交換可能とあるけどその交換用のパーツがどこにも売ってない・・・
ダメになったら両面テープで適当に貼り付ければいいかなぁ



先端の曲がり具合もなかなか良いような気がする
タイヤの奥まで入り込みすぎないというかなんというか
丁度「タイヤだけ」「リムの淵だけ」を引っ掛けてくれる感じ



セローの後輪はチューブレスなので試す機会は無いのですが
このタイヤレバーでOFF車の後輪チューブタイヤも行けるのかな?
ちょっと気になるところ・・・

今後もう1セット購入して1本抜き取り3本セットで携行する予定です。












TOPEAK(トピーク) スーパースチール タイヤレバー



スポンサーサイト

セロー250の前輪パンク修理練習

携帯用のタイヤレバーを買ってみたのでセロー250でチューブ取り外しのパンク修理練習をしてみました。

現状のパンク修理関係携帯道具セットはこれ




・手作りマット(床マットと滑り止めマットを張り合わせたモノ)
・トピークのタイヤレバー 2本一組
・コーケンのタイヤレバー
・TOPのハイパーレンチ(200mm)
・コーケンのスライドハンドル+(19mm,22mmソケット)
・KTCストレートショートめがねレンチ(17-19mm)
・パンク修理用パッチセット
・リムプロテクター

色々下調べをしてから修理練習開始


まず、パンクしたとこからを想定して空気を抜いて「ぁ~ パンクしちゃった・・・」状態にして開始



まずソケットレンチとモンキーレンチで前輪のアクスルを緩めて




ギアを入れて後輪を動かないようにして



自作の携帯スタンドをセットして前輪を持ち上げ(棒で支えるだけなので安定感に不安はある)



慎重にアクスルを抜いてタイヤ取り外し




バルブを固定してるナットとか付属品などを外して



ムシを抜きます(キャップにムシ回し付きのモノを使ってるのでそれでやりました)



そして足で踏んで裏も表もビード落とし



「ビードを落とす」という作業は始めてなもので・・・
「本当にビードが落ちている状態なのか?」と始めは半信半疑・・・




ここでリムプロテクターをセットしてみる



タイヤレバーを隙間に爪の先がタイヤの淵にかかるまで差し込んで~
(このタイヤレバーは淵に掛かった時にパコッっとした感触があってわかりやすかった)



ためらいつつもゆっくりグイ~っとレバーを倒して
(よくわからなかったから何回も繰り返してみてます)
あと写真に写ってないけど雑誌にあったとおり反対側のタイヤを膝で踏んでやってます)



どうやらこの間隔では外に出てきてくれない模様なので



3本目を使用してどうにか出てきてくれた



あとはキープしつつチョコチョコとコジってタイヤを外側にだして
(この段階ですでにリムプロテクターがメンドクサクなってつかわなくなってます・・・)



チューブ取り出しに成功



実際にパンクさせて無いのでパッチ修理はしませんが
今までの作業でパンクしてないかのチェックで空気をいれて確認



ここから元に戻す作業

バルブのトコから先に中に入れていきます


すごく入れずらい・・・簡単にバルブ口をリムの穴に通せるだろうと思ってたけど結構手間取る


ようやくチューブを全部押し込んだと思ってムシを戻して空気いれてみたらバルブ口の傾きがヒドイ・・・


空気抜いて、チューブを少しずらして引っ張ってと調整 を3回くらい繰り返しようやくキレイになった


小分けにしてるビードクリームを塗る


化粧品ようのパフが丁度いいんじゃない?とセットに入れてたけどすぐにボロボロになってしまった
結局ウエス代わりの手ぬぐいで塗ってどうにか
(塗る時にタイヤとリムの隙間が狭くてぶつかって手が痛い・・・)


ようやくタイヤの淵を押し込む作業
最初からタイヤレバーを使ってやってみたけど、あとから最初は手で押したほうが早い事に気づく



最後のとこはタイヤレバーでグリッといれて完了



そして空気をいっぱい入れてビード上げ作業



「ミチミチミチ・・・」「プチチチ・・・」って音は時々聞こえたけど明確な「完了サイン」はわからず
最終的に3.0くらいまで空気を入れてみてこの線みたいなのがキレイに出てればいいのかなっと・・
チェックしてOKとしました



あとはタイヤの取り付け作業
安定感が不安なので結構これも手間取るものの完了






総作業時間は1時間40分!(;´ρ`)
写真と調べながらでやったにしてもちと時間かかりすぎか・・・
出先でやったとしたらこの調子では日が暮れてしまう・・・もう少し練習しないとヤバイ・・・
本当は数回繰り返して慣れるぞ~っと思ってましたが、一回目でヘロヘロで今回はココまでで終っときました

リムプロテクターがあるとうまくできなかったので外す時も入れる時も途中から使わなかったのですが・・・
見事に傷がいっぱいです。


でもタイヤ外す時は緊急事態、傷より作業性ってことでリムプロテクターは携帯しないことにしました




タイヤレバーの所感ですが

・トピークのスーパースチールタイヤレバー



 自分は今までバイクのタイヤ交換の経験が無かったですが十分使えました、曲がりとかも発生してないし
 ブレーキディスクに丁度引っ掛けられるし薄くコジル時の半径というのでしょうか?それも小さく
 タイヤに負担が少ないような気がしました
 なかなか使えるレバーではないかと思います
 これが3本あればステキってことでもう1セット注文しましたが納期が一ヶ月後とのこと
 
 いろんなON-OFFを問わずバイクの太いタイヤ、細いタイヤ、厚いタイヤなど色々交換されてるバイク屋さん
 の人が薦める場合はKTCとかのスプーン状のタイヤレバーが評価高いでしょうけど
 自分の場合は、タイヤ交換はお店でやってもらうしパンク修理もセローの細い前輪だけ、
 しかも柔らかいといわれるIRCのツーリストですので自転車用のタイヤレバーで不都合が無いと感じました。

・コーケンのタイヤレバー


 小型でかなり頑丈
 でも爪の先近くから厚みが大きくなっておりタイヤとリムの隙間に差込にくい
 コジル際もリム側に負担が大きいように感じました。
 せっかく買ったけどお蔵入りです
 でもこの丈夫さはもっと大きいor硬いタイヤを履いているバイクでは活かされるレバーではないかと思います
 



注文したトピークのタイヤレバーが届いたらもう一回練習をしようかと思います
今回手順もちょっと色々考える部分もありましたので次回はもうちょっと早くなるかな?
作業時間40分は切りたいところ・・・












TOPEAK(トピーク) スーパースチール タイヤレバー




コーケン タイヤレバー  155





TOP工業のハイパーレンチ

TOP工業のバックラッシュレスワイドモンキーレンチ:「ハイパーレンチ」です。
20130518-_0024340.jpg


バイクの携帯工具に使ってみようかと200mmと150mmを購入してみました。(目盛り付き)
20130425-_0023914.jpg20130425-_0023925.jpg20130425-_0023923.jpg20130425-_0023926.jpg20130425-_0023929.jpg20130425-_0023930.jpg20130518-_0024362.jpg20130518-_0024366.jpg





バイクに限らず工具としてはモンキーレンチやスパナはあんまり使う事が推奨されない工具ですが・・・

雑誌での個人携帯工具紹介でもモンキーレンチは高頻度で含まれてますし~
携帯工具自体がすでに非常用ですし~
やっぱり便利ですし~
でも出先でボルトなめるとかは極力無くしたいので~

2面接点なのはしょうがないとしてモンキーレンチの弱点であるアゴのガタツキを押さえたという
このハイパーレンチを選んでみました。

200mmはアクスルなど大きなボルト用、150mmは小さいボルトや押さえ用
携帯性を考えると150mmを2つという選択もあったのでしょうけどアゴの厚みが大きい方がなめにくいかと思いまして。



このハイパーレンチの特徴としましては(比較用のバーコのモンキーレンチは150mmの型番8070)


★バックラッシュレスウォーム
 2分割されたウォームを使用し下アゴのラック(溝)を挟んで隙間を無くしガタを無くしている
 ウォームにはスプリングが仕込んであるようです(スプリング入りなのはバーコも同様)
 銀色の方のウォームの溝の角度がちょっと違って見えるのは挟み込んでる証拠っぽい
20130518-_0024350.jpg

参考にバーコのモンキーレンチのウォーム
20130518-_0024354.jpg

バーコは溝の形や方向、あとは隙間の狭さでガタツキを減らしているような作りなのかも



★ワイドな口開き
 150mmのもので24mm、200mmで30mmまで対応
20130425-_0023920.jpg

 バーコよりもワイドでアゴが長い
20130518-_0024348.jpg


★ウォームプロテクター
 こんもりとした形に隆起しておりウォームを接触などから保護
20130425-_0023928.jpg

★非対称ハンドル
 ハンドルの力をかける側の面が広く作ってあり手が痛くなりにくいらしい
20130425-_0023915.jpg20130425-_0023916.jpg

 バーコと比べると薄めかな~といった感じ、バーコは両側共に厚い
 ハンドルの形はバーコのほうが好きかも
20130518-_0024358.jpg


★安全紐穴付き
 高所作業とかする人にはありがたい穴?
20130425-_0023922.jpg


あとはバーコと比較するとハンドルと口の角度が少し違います。
20130518-_0024361.jpg

その他比較用
20130518-_0024363.jpg


重量はそれぞれこんな感じ
20130425-_0023911.jpg20130425-_0023910.jpg



よく聞くコピー用紙を挟んでぶら下げテストすると普通にぶら下がるので
20130518-_0024373.jpg

振ってみる
20130518-_0024374.jpg

そしたら大きい200mmは紙のほうが千切れて落ちました
20130518-_0024375.jpg

良い感じ?

セローの前輪アクスルも回してみてテストしましたが特に問題なく回せました(最初はなめないかドキドキしましたが)
たしかに体感できるほどのガタツキらしいガタツキは感じられないかも
20130427-_0023941.jpg

バーコのモンキーもなかなか良いモノでしたがちょっとそれを上回るかも?
今後このモンキーをメインに携帯工具をまた考えてみようかと思います。



モンキーレンチは便利な工具ではありますが使い方(回す向きや手順、あと真っすぐ力を入れること)を
シッカリ守らないとヒドイ目にあいますので使用を検討されている方はご注意を











TOP工業 ハイパーレンチ 目盛付 HM200TBS




バーコ モンキーレンチ 155mm 8070




ヘルメット修理

愛用のツアークロス2ですが、気づいたら以前と逆側のダクトが割れてました


このダクト部分はシャッターレバーを引っ張るとパコッと簡単に外せるようになっています


壊れ安いからこういう仕組みなのでしょうね~ 
でももうちょっと割れにくい素材とかで作ってもらえるとありがたいですけど
それともコレだけで済んでるのは長持ちしてるほう?

今回も修理というかビニールテープでギューっと押さえて応急補強で済ませました。
これで左右共にビニール補強仕様・・・






シールドの傷も多くなり内装も毛羽立ちが酷くなってきてそろそろ不快感もでてきちゃってるけど
交換パーツも全部あわせるとそれなりの金額になっちゃうし・・・

パーツ交換か新しいヘルメットか・・・悩ましい時期です(⊃д⊂)

再びセロー250にサイドバッグ

バイクに積む荷物整理してたら・・・サイドバック欲しい病が再発(⊃д⊂)

以前くっつけてみたデグナーのツールバッグはなんとなく気に入らなくなって
付けなくなってたので新たなモノが無いかと押入れをゴソゴソと探しまして見つけましたのが~

「カメラ用ザックのサイドポケット」



その昔重いカメラ機材を担いで山に写真撮りに行ってた頃を思い出します・・・それは置いておいて・・・
カメラ用ザックのオプションなのでクッション性があり丈夫そうだし長さも丁度良いかな~と


形状維持と車体と接触しそうな所に樹脂材(レベルスペーサー)を適当にカットして差し込んで
再利用タイラップやベルトを配置して装着




今回は外付けのセロー225のツールボックスがサイドバッグサポート代わりになってるのでサポート自作は無しで
ツールボックスにもアクセスできるように上部だけで吊るすような方法で設置です
暴れないように下側はテントポール用ショックコードでディスクロックホルダーと結び押さえました



以外とスッキリ目立たず良い感じか?



中身はロープ&カラビナ、作業用マット(手作り)、ノコギリ、スコップなど林道セットの長物達



中身満載状態





一応撥水スプレーはしてありますが、走ってみるとやっぱりドロ汚れが直撃
中身はビニール袋にいれるなり防水しないといけませんなぁ



今まで付けてきた物の中でも良い感じには思えるが~飽きたらいつの間にか付けなくなるかも・・・


キャリアのキャップ交換(2回目)

以前セローのキャリアのキャップが無くなってしまってゴムの椅子の足キャップを付けてたのですが
ボロボロになってきたので交換です。


特にぶつけてるわけじゃ無いのですが・・・この素材が紫外線に弱かったかな?



今回も同じく椅子の足キャップですが素材はエクストラマー樹脂のものにしてみました。


キャリアの形に合わせてちょっとカットして


今回は樹脂になったので両面テープでペタッと




タイラップで縛るよりよりちょっとスマートになったかな?



エアバルブマッドガード

DRCのエアバルブマッドガードです。


エアバルブの根元に装着することでチューブ口からの泥の進入を防ぎ、
バルブのズレを柔軟に吸収するアイテムとの事


セロー250の場合はチューブタイヤは前輪だけなのでこれで想定される現象は
強いブレーキ時にタイヤがビードずれを起こしてチューブもろともに少し回転しちゃって
固定されてるエアバルブの根元が引っ張られ~そこが裂けてパンク
という感じかな~?
防げるとは書いてないので、ちょっとは粘ってくれる程度でしょうけど

今のところチューブが引っ張られてる気配も無いので今後もそんな現象が起きるか微妙なところですが
まぁ・・・それっぽい気分を楽しむということで・・・

取り付けは簡単

バルブに元からついてる薄い固定用ナットを外して



エアバルブマッドガードを押し込むだけ
ネジ山が切ってあるわけではないですが少しキツメになってるのでちょっとやそっとでは動かないとは思います。









普通はココで終るとこですが・・・
ツーリングいった次の日みてみたら少し浮いてました


おそらくタイヤの空気圧チェックしたりポンプで足したりした時にグニグニとバルブを引っ張ったり
押したりしちゃったのが原因かと思います。

わかってさえいればその都度押し込んであげればいいのですけどすぐ忘れそうだし、
忘れたら水がリムに入ったりするのもなんだかな~ということで

固定用に元あったナットを上からはめてみる


これだと厚すぎて空気圧計測で支障があったので



もっと薄いナットを準備して軽く押さえるような感じでセット



いい感じになりました、少しバルブの柔軟な動きってやつを邪魔しそうではありますが
元々が効果微妙なアイテムなのでまあいいやって事で( ̄ー ̄)



でもこれがよく機能しちゃうような状態だとビードストッパーとか考えないといけないんだろうなぁ








DRC エアバルブマッドガード


熊本の内大臣林道の状況 2013年5月3日

ゴールデンウィークとの事で・・・どっか行っておかないと・・・
そういえば内大臣林道は修復されたかな?偵察しに行ってみようっと13時頃に思い立ち準備して出発

林道入り口に到着したのはもう16時くらいでしたけどがんばって突入
バイク乗る事自体が久しぶりで体が鈍ってるのでユックリトコトコと



以前通れなかった崩落箇所はすっかりキレイに工事されてました


途中何箇所か道が埋まってたかな?と思えるところも通れるようになっていた様子です

内大臣林道の名所「ギリギリハウス」(勝手に命名)はまだ建ってますね・・・




いちおう椎矢峠で記念写真


峠から椎葉側の椎葉林道もちゃんと通れる状態でした。



2013年5月3日現在、内大臣林道、椎葉林道は開通していました。
夕方からでしたがオフ車乗りの方々も8台ほどすれ違いましたので結構前から復旧してて情報が出回ってたのかな?
車とも数台すれ違ったり追い抜いたりしましたし、自転車乗りなグループも見かけました
随分人の出入りが多いもようですので対向車などに注意が必要です。
あと整備されてるとはいえガードレール無しの谷底一直線な場所は何箇所もあるので行かれる方はくれぐれもご注意を

サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


クシタニ Eコーデュラパンツ


トロイリー Revパンツ


Thor Range ジャケット


Thor Range パンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


NGKプレミアムRXプラグ


NGKプラグキャップ


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


ABUS Provogue 305


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


TOP工業 ハイパーレンチ


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30 (英語版)


Transystem TripMate852


ドイター トランスアルパイン25


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)