セロー250にWR250Rのフロントフェンダーを装着してみる その3

WR250Rのフロントフェンダーをセローに取り付ける作業の仕上げです

通気穴の拡大と増設


結構がんばって丁寧に作業してみたけどなかなかキレイにできないもので・・・
きりが無かったので1m離れたらわからないからいいか!的な状態で終りにしました


次にMDFのグラフィック(アタッカーモデルのレッド)
色合いをちょっと合わせたくなってしまったので投入


ギリギリまでカットして張る位置を合わせて



台所洗剤を2滴ほど混ぜた水を吹き付けつつ時間を掛けて
各所で 「貼り付け→合わなくて剥がし→水吹き付け→貼り付け」 を3~6回ほど繰り返し・・・


凹みのところがちょっと難航したけどセローのフロントフェンダーより貼りやすかったです。


こんな感じで今回のフェンダー交換は完了です





結構時間が掛かってしまったけど可笑しくは無い程度には仕上がったので満足満足













WR250R用 MDF グラフィックキット アタッカーモデル フロントフェンダーセット


スポンサーサイト

軽装甲機動車

記事ネタがなかなかできないので昔のアルバムからちょっと発掘で自衛隊装備品をば

軽装甲機動車
普通科などの隊員の防御力と移動力を向上させるのが目的の装甲車
愛称「ライトアーマー」,略称「LAV(Light Armoured Vehicle)」「ラヴ」
軽装甲機動車
軽装甲機動車


いかにもSF映画に出てきそうな車ですな
ガードの配置とかデザインとかバイクに活かせないかなぁ・・・

セロー250にWR250Rのフロントフェンダーを装着してみる その2

WR250Rのフロントフェンダーをセローに取り付ける作業の続きです

まとめる為に写真の時系列がバラバラになってますが、時系列どおりに書くと余計にゴチャゴチャになるもので・・・

加工はこんな感じに

・フェンダー後部の穴あけ加工
空冷だしやっぱり少し通気をきにしておこうかな~と、あとフロントが風で浮き上がる的な話も聞いたので
切り落とすのはいつでもできるし、今はとりあえず雰囲気は残そうかと思いましてこんな感じに



・フェンダー前にあいてる穴塞ぎ
貫通してないグロメット(14mm径)で蓋をしました



・固定ボルト部分の穴あけ
 セローの固定ボルト用穴の位置を測ってドリルでゴリゴリと穴を開け、補強で樹脂まな板を切って補強



・固定ボルト部分の高さ調整
 上の段差はレベルスペーサーで調整、最終的に前側8mm,後側3mm挿入、強力両面テープで止めてます
 カラーは買っておいた分を含めて上下でそれぞれ8個使って補強
 ボルトは長さが足りなくなったのでステンレスボルトで適当なの選んでます
 最終的にフェンダーとライトカウルの隙間が少し空く程度で調整しました



・ライトカウルとフェンダーとの接合部穴あけと調整
テーパー状にフェンダーを穴を開け



レベルスペーサーの高さ調整と合わせて微調整



ライトカウル側にちょっと切り込みを入れたホースをかぶせてムギュッとなるように加工



・ブレーキホースの留め具の干渉対策
干渉する部分をヤスリで削り落としました、レベルスペーサーにも少し干渉したのでカットして回避



・ライトカウルの下端の処理
なにか引っ掛けないようにしつつもフェンダーとライトカウルの隙間を隠す程度に残しつつカット






ビミョーに失敗したり右往左往しましたがどうにか終った・・・

以前のフェンダーと比較画像はこんな感じ

交換前



交換後




乗車時のフェンダーの影響ですが、シュッと下がってる形のせいか長さは伸びてるはずだけど
シッティング状態だとフェンダーがメーターに隠れて見えない


ちょっと前傾して覗き込めば見える程度



テスト走行ではフェンダー先端のブレもほぼ無いみたい、凸凹してるせいで強度が高いのかもしれない
高速走行でも特段先端ブレやハンドルブレは起こらず良い感じ
でもちょっと向かい風の抵抗?というかそんなものが強くなったような?フェンダーの穴あけが少ないかなぁ





ひとまずは加工完了です。思ってたよりちょっと時間がかかってしまった。
あとライトの照射角調整しましたが多少上向きの取り付けになってしまったせいか調整幅ギリギリまで下げてます

自分としてはなかなか良い感じになったと思う、セローが一回り大きくなった気がする・・・
フェンダー変えるだけでも随分イメージ変わるものですな、賞味期限も長そうだ


あとちょっと追加でフェンダー後部の穴を増やしてみようかと思ってます。



レバーにグリップテープ

防寒対策の一つとしてクラッチレバーとブレーキレバーにチクワのようなスポンジの筒を被せたりすると
金属の冷気が指に伝わらずなかなか良さそうであるとのこと

レバーグリップという製品がそれにあたります


しかしながら手が大きくない自分としましてはちょっとスポンジが厚いな~と・・・
ホースや熱縮チューブでも被せるかと代替品を探してホームセンターをウロウロしてたら良いのが見つかりました
グリップテープってやつです




トンカチとかノコギリとかラケットとかゴルフクラブとかバットとかによく巻いてある滑り止めです。
半分に切ってそれぞれ巻きました。(半分づつ使う場合は両面テープが巻き始めの所で必要になります)




ちょっと巻き方が雑になりましたが・・・
ピッタリ密着で厚みもそれほど増えず十分冷気を防いでるみたい、素手で触るとよくわかります。
柔らすぎず回ってしまう心配も低く強すぎない程度に滑り止め効果もありと、なかなか良い感じです
ちょっと感触が変わるけど操作するのに問題無し
レバーの滑り止めについては賛否あるかもですが自分としては滑り止めある状態のほうが好みかも
ちょっとレバー操作が楽になったような気がしないでもない

ホームセンターの汎用品よりスポーツ用品店においてあるモノのほうが色々種類や色があって耐久性も高いかも?
破れたらちょっと良いヤツを探してまた巻いてみようかと思います。








オーエッチ工業 グリップテープ 薄手タイプ ブラック

セロー250にWR250Rのフロントフェンダーを装着してみる その1

以前セロー250の鮮度維持でフロントフェンダーを削ってみたりしましたがそろそろ賞味期限が切れてきましたので



更なる鮮度アップを目指してフロントフェンダー交換に挑戦です。
準備しましたのはWR250Rのフロントフェンダー(14年式ホワイトのやつ)お値段4000円ほど
以前からちょっと装着できるか試してみたかったのですよね


(固定ボルトのとこ4箇所にカラーが付いた状態で届きました。別で買ってたのに・・・)


セロー250のフロントフェンダーと比較すると随分幅が広く作りが複雑、さすが高級車のフェンダーなだけはある



同じヤマハ製だからとポン付けできるのではと淡い期待はありましたが、さすがにそれはないみたい



でも固定ボルト穴の横間隔だけは同じだったので、ひとまず後ろ側2箇所だけボルトで固定してみるとこんな感じ






む・・・思ってたより良いかも・・・
フロントフォークや後ろのフレームとの干渉も無くすんなりと装着できました。
後で気づきましたが一箇所ぶつかったのがブレーキホースを止めてる金具にちょこっと当たってる感じ
サスのストロークを考慮してもなんとかタイヤはぶつからないかな?
ひとまず第一関門突破



正式装着は固定部分の処置と外観調整だけで済みそうです。
課題としましては

・前部分固定ボルト用の穴の増設、厚み違い解消の為の処理


・ヘッドライトカウルから下に伸びてる突起を固定する為の穴調整とグロメットの配置、穴の高さと位置の違いの解消


・ヘッドライトの下の張り出したガード?のような部分をカットするかそのまま利用するかどうか


・フェンダーとヘッドライトの干渉をどう処理するか


・フェンダーの後ろの空冷の邪魔になりそうな部分をどうするか、切るか、穴あけるか、そのままか
 分割フェンダーで冷却効果上がってるとムック本で開発してた人言ってたし・・・う~ん


そんなところでしょうか

ひとまず深刻な障害は無いのでなんとか付けられるとは思います。
でもどう加工しようかなぁ・・・切っちゃうとやり直しが効かない部分がちょっと判断に迷いますな・・・
ひとまずセローの首を部屋に持ち込んでちょっと考えてみよう・・・


うまく装着できたらまた続きをば




オマケ:ダウンフェンダーに装着した場合のイメージ
20131208-_0026754.jpg
これはこれで?

セロー250のリア周りのグリスアップ 2013年12月

バイクスタンドも買ったし、この前のツーリングでリアサスあたりで押すとキーキーなんか鳴ってたし
本格的に寒くなる前にセロー250へ半年に1度のリア周りグリスアップ実施です


リフトアップ前に固いボルトを緩めておきます(アクスルとスイングアーム)


リフトアップして


リンクを外していきます、ここの作業はやっぱりメガネレンチ2刀流が楽(17mmのが2本いるけど)


ブレーキホースの固定を外してスイングアームを外し


後ろバラバラに


観察してみるとキーキー鳴ってた割りにグリスは足りてる様子
この前のツーリングで水溜りに突っ込みまくったから外側部分がちょっとグリス流れただけかな?


パーツクリーナー2本ほど空にしてがんばって清掃・・・この作業が一番メンドクサイ
以前からスイングアームのシャフトになんか跡はあるけどツルツルだし問題ないかな?
錆は特段見られず


ハブのベアリング部分はパーツクリーナ使うとベアリングシール内部がやられる可能性があるので
ふき取るだけのほうがよろしいかと


あとはワコーズの梅ジャム(ハイマルチグリース ちょう度2)をベタベタと塗りたくり
オイル溜まりにもいっぱいはいるように押入れて


溢れたグリスをふき取りながら組立して完了


バイクスタンドは無事役割を果たせたようです。
今回の作業に耐えられるなら自分のやる範囲であればおおよそ大丈夫かな

そろそろステム周りもやらないとだけど春でいいか・・・

STRAIGHTのバイクスタンド オフロードタイプ

今まで手作りのメンテナンスプレートと車の携帯ジャッキでバイクを持ち上げてましたが
20131208-_0026690.jpg

ようやくと言うかいまさらと言うかバイクスタンド買いました。
STRAIGHTのバイクスタンド ダンパー式 オフロードタイプ です
バイクスタンド

ボルト回して上がるタイプのやつと迷いましたが、そっちだと今までと
あんまり変わらなくなってしまうのでこのダンパー付いたタイプにしました。


写真色々



早速セローを持ち上げてみます


「ギッション」っといった感じで思ったより楽に上がる
下げる時は「ギシュー」とちゃんとダンパーが効いてる効いてる

しかし前は上がっても後ろが上がらない・・・


後ろのツールボックスの中身が重いのが原因でした・・


荷物を下ろしたらこのとおり両輪浮きました


それとちょっと傾くなぁ・・・と思ってたら原因はバイクスタンドの柱とバイクの中心がずれてたのが原因みたい


中心を合わせたらこんな感じで安定


このジャッキを使う時は
・バイクスタンドの中心とバイクの左右の中心を合わせる
・バイクの荷物をある程度下ろす
事が必要とそんな感じ

角材の精度の問題で確かに多少のガタツキがあるみたいだけど・・・
まぁ・・・問題ないかなぁ・・・


・・・う~ん・・・


そんなわけでガタツキ押さえの改造&スムーズに動くようにグリスアップを実施です。

まず留め具を外し分解



さっきの上げ下ろしで擦れた部分を確認して


その面に対して薄いステンレスのステーを両面テープでペタっと




厚みの問題で対面にそれぞれ張ると天板が入らなくなるので2面に設置


あとは各稼動部にグリスを塗りまくり組立


おまけにダンパーにスポンジの筒被せたりして


完成



ステンレスのステーで滑りが良くなったのか気持ちスムーズ、ガタツキも減ってちょっと良い感じかも
厳密にはもうちょっとギチギチにできるけどこの構造だとガタツキは完全には無くならないでしょうし、
あまり隙間を詰めすぎるのも引っかかって危ないと思われるのでこのくらいで

見ての通りの構造なので若干の不安定さを感じますが、リンクのグリスアップやタイヤ外しをしても
特に問題は無かったので大丈夫かとは思います。
材質は鉄っぽいので時間経過で錆チェックなどは時々したほうがいいかな~
基本的に買ったら防錆オイルいっぱいかけましょう

ようやく我が家に来たバイクスタンド、これで色々楽できるはず
ジャッキダウンする時にバイクが倒れ掛かってくる恐怖から開放されるのも大きい
長持ちするといいな~










STRAIGHT バイクスタンド ダンパー式 オフロードタイプ



ブレーキセーバーの補修

ブレーキセーバーはブレーキペダルを岩などにぶつけた時にがあらぬ方向に曲がったり、
ペダルとフレームの隙間になにか入り込んで引っかかるのを防ぐアイテム


随分前に付けてたブレーキセーバーですが、ある日見ると取れてました。


状況とその外れ方からしてその役割を果たしたわけではなくちょっと前にブレーキの位置を下げていたので
そのせいで強くブレーキ踏んだ時に引っ張られて外れたみたい。


今までコレが活躍してたかどうかは謎ではありますが隠れてがんばってた可能性も捨てられません。
この前のツーリングでも枯れ木が膝の上に飛び上がってきたりと心配の種は尽きませんので再作成です

今回はほんのちょっとスマートな感じにする為にタイコ付きの1.5mmステンレスワイヤーを準備
ナットで固定するような接続方式も考えましたがどうもフレームとかにぶつかって音が出そうだったので却下


以前と同じくアルミの留め具でカシメて



2mm径の細いチューブを被せたりして


こんな感じで




今回はブレーキペダルの調整で突っ張らないように多少余裕を持たせました。


オマケと言ってはなんですが、以前から疑問に思ってた事を余りのワイヤーで試してみました。

疑問とは
ブレーキペダルには「ブレーキセーバー」として製品がちゃんとあるのに
シフトペダルにはそういった製品がなんで無いのか?


という事

試しに付けてみますとなんとなくソレらしい理由もわかったような・・・


シフトペダルはブレーキペダルより稼動幅が大きい
 →ゆえにワイヤーの遊びを多く取らないといけない
  →そうすると下に垂れて余計なモノを引っ掛けるかもしれない
   →ついでにペダルの下端位置も下になりがちで余計にあぶない?
    →もしそうなると危ないから何処も製品化しない

そんなとこかな~と
スプリングかゴムかでワイヤーの遊びを無くすような作りも考えてみましたがそれだと操作に負荷がかかるかな?
ガンガンぶつけるような道をいっぱい走るならそういうの作ってもいいかなぁ・・・
う~ん・・・シフトセーバーは保留で・・・


予備クラッチワイヤーをセロー250に車載

この前のツーリングでご一緒したXR乗りの方が予備のクラッチワイヤーを車載携行してるのを拝見しまして
なるほど!という事でさっそくマネしてみます

もしなにかあったら交換しようかと準備していた新品クラッチワイヤーにようやく出番が



ちなみに長さはタイコからタイコまでは110cmくらいかな?

ひとまず注油して下ごしらえ


このワイヤーをあらかじめ同じような取り回しで本線の横に沿わせる感じで取り回し車載します


ちょっと外装外して準備しながら思ったのが
「イザという時にクラッチワイヤーの交換の方法を知らないと意味無いのでは・・・」
そんなわけでただ沿わせて配置だけでなくひとまず今のケーブルを外す練習をば

一番わかりにくかったのがタイコを外す部分、基本暗くて狭くて汚いのでパッと見てよく変わりません
車体左側からクラッチケーブルが繋がってる所を覗いてみる・・・どうなっているやらわからん


車体右側から覗いてみるとこんな感じ・・・ネットで調べたりしてようやく理解




薄い鉄?の爪みたいなので外れないようにしてあるみたいで
マイナスドライバーを差し込んでグリッっと爪を曲げてロックオープンするとこんな風に
(何度も繰り返すと金属疲労で折れそうだ・・・)




遊び調整ネジで限界まで遊ばせて、


所々でクラッチケーブルを縛ったりしてる部分を外し


リアサスの横あたりから手を突っ込んでタイコを外して


あとはもう引っ張ると取れました



外し方はわかったので予備のクラッチケーブルを取り回していきます


まず予備クラッチワイヤーにキャップを被せて劣化防止処置(8mmボルト用のキャップです)


先端を本線の横に差込んで縛り


最初は本線の経路と同じように取り回ししようかと考えてたのですが、色々邪魔で同じ位置を通せない事が判明


現状自分のセローは右側からハンドルに上がるように配線を変えてますが、
エンジンの上を横切るように予備のケーブルは純正の取り回しで配線です

出先での交換作業簡略化の為にツールトレーの上を通すようにしました。
(純正の取り回しはツールトレーの下を通ります)


案の定ツールトレーのカバーが締まらなくなったのでカバーをカット


あとはメーター下から引っ張り出して 仕上げにグリスを塗りビニール袋を被せてテープでグルグル巻きにして
邪魔にならないようにハンドル右側に流して完了


取り回しに余裕を持たせてるのと反対側が固定されてない事もありハンドリングには特に影響ないみたい

クラッチケーブルが切れていよいよダメだぁ・・・となったら
1.切れたクラッチケーブルを途中から完全切断し除去
2.予備に付け替え
3.走り続ける

みたいな感じで・・・思ったとおりに行くかはまぁその時までのお楽しみ

わがセローに秘密がまた一つ・・・( ̄ー ̄)

内圧コントロールバルブ点検

うちのセローには内圧コントロールバルブとして日産のチェックバルブを装着してますが
 ※過去記事:セロー250にニッサンのチェックバルブを装着



なんだかんだで1年と2ヶ月付けっぱなし・・・
そろそろオイルが乳化したりして貯まってないかと心配になり点検してみました。

外装外してタオルを引いてタンクをクルッとどけて



ホースはまだ大丈夫そう



外して中身を覗いて確認、特に乳化したオイルのようなものは見えない
ドライバーで突付いてみたり、息を吹いてみたり吸ってみたりして動作チェックも得に問題なさそう



念のためブレーキクリーナーを中身に吹きつけて洗浄し、熱避けにビニールテープグルグル巻きして取り付け




1年ちょっと放置した割には汚れも劣化も特段無くまだまだ使えそうです。


サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


クシタニ Eコーデュラパンツ


トロイリー Revパンツ


Thor Range ジャケット


Thor Range パンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


ABUS Provogue 305


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


TOP工業 ハイパーレンチ


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30 (英語版)


Transystem TripMate852


ドイター トランスアルパイン25


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)