緑のツーリングセローのヘッドライトを黒くしてみると

新色のベージュのツーリングセローがなかなか良い感じ
ヘッドライトが黒いから良いのか?と全然使ってなかったフォトショップで
ちょいと切り貼りして緑白のツーリングセローのヘッドライトカウルとリアフェンダーを黒くしてみると


黒緑白




緑白



ベージュ




ふむ・・・緑白の黒混じりもなかなか良いかも、実際に変えてる人いそうだな~
変えてる実車の写真でもどっかないかなぁ・・・


フォトショップで画像加工もやってみると面白いから真面目に練習しようかな


追記:
タンクとシートとグラフィックだけYAMAHAカラーの青とか

白いところの色付けがうまく行かないなぁ・・・あともっと大きい作業用のモニターが欲しくなってきた

スポンサーサイト

セロー250にWR250Rのフォークガードを装着

前回はフォークブーツを戻しましたが


セロー250にWR250Rのフォークガードを付けてる記事を見かけましたので
フロントフォークのさらなるボリュームアップを狙ってマネしてみることにしました。
やっぱり太いフロントフォークってなんとなくカッチョイイかな~と、
ハーレーにも太く見せるカスタムパーツあるみたいだし


お取り寄せしたWR250Rのフォークガード(白)は片方1300円ほどで意外と安い




構造を見ると下側3箇所で固定するみたいです、下だけで支えるのでちょっと肉厚に作られてるっぽい
あと取り付け穴の位置や形状も左右非対称です
そのままではセローに装着は難しいので加工します

まずパーツが干渉する場所に印をつけてカット



さらにあわせてカットし微調整



次に薄いステンレスステーを曲げまして



フォークガードに穴あけてリベットと両面テープの合わせ技でステーを取り付け



フロントフォークに接触するところには滑り止めにPPクラフトシートを貼り付け



あと本当になにかにぶつかった時なんかに吹き飛んだりズレすぎたりしないようにゴムスポンジを貼り付け



こんな感じに



本当はMDFのステッカーでも貼りたいところですが、ずいぶん削ったのでYAMAHAロゴとラインテープで飾りつけです



あと下のほうの固定用の穴はスクリベットというプッシュリベットの一種で塞ぎ



これを片側タイラップ4本でギュー!っと縛り付けて





取り付け後になんだか下側のとこが突き出てるのが随分目立つのでPPクラフトシートを
両面テープで巻き付けてちょっと目立たないように



あとちょっと手直しをやって最終的にはこんなふうに




フォークオイル交換、タイヤ交換、アンダーフェンダーなどの作業時にいちいち取り外さなくても良いようにしてみました。
あとハブやブレーキに近いところは多少ずれても影響が無いように多めに余裕を持たせてます。
試走したぶんにはへんなハンドルブレも無いし思いのほか頑丈に取り付けできたのでズレなども無し
少しインナーチューブ側もガードしてるから多少はガードとしての意味もあるかな?
フォークの下側はやたら頑丈そうでガードをする理由は薄いのですが・・・一風変わった見た目にはなりました。
ひとまず当初のボリュームアップの目的も達成できたのでヨシトシヨウ


遠くから見たら違うバイクに見えるかな?


・・・やっぱりまだセローだな・・・

フォークブーツ戻しとフォークダストフィルター

フォークブーツは以前にDRCのフォークシールセイバーに交換していましが
ちょっと外観のボリュームアップしたくなったので以前の純正フォークブーツに戻します。



取ってあった純正フォークブーツは外も中もキレイにしてシリコングリスで耐候コートしておきます



フォークブーツ交換はちょっとバラさないといけないので
アクスルとブレーキ関係のボルト緩めて前輪浮かして分解して~っと
20140113-_0027136.jpg


フォークシールセイバーを付けたのは1年2ヶ月ほど前でほぼ放置状態でしたがキレイなものです
十分仕事はしてくれたかな




純正フォークブーツに戻すにあたっての心配ごとに埃の問題があります
空気抜きの穴があいていてフォークとブーツの隙間があるためフイゴのように呼吸?しちゃって埃が入り安い



以前は伸縮包帯を巻こうとして目立つので止めた事ありましたが今回はマスターシリンダーバンドを4つ準備
フォークダストフィルターとしてこれを使います



これを穴あいてる4箇所にそれぞれ通してフォークを戻します


ついでにハブのベアリング部分の掃除、拭き取りとグリスぬりたくり


こんな感じで




マスターシリンダーバンドにはシリコングリスをちょっと吹き付けてあります
湿式エアフィルターみたいになったらいいなーって程度の考えですけど結果はしばらくしてのお楽しみ?

ボリュームは出たけどもうちょっと太さが欲しいなぁ・・・

SEROW250の2014年モデル

セロー250の2014年モデルのアナウンスがあったみたいなので



ニュースリリースとヤマハのページより
-------------------------------------------------------------------------------------------------
ヤマハ発動機株式会社は、優れたオフロード走行性を備える“マウンテントレール” 「SEROW(セロー)250」の
カラーリングとグラフィック等を変更した2014年モデルを2014年1月21日より発売します。
 2014年モデルの新色は「ベージュ」で、ガソリンタンク側面のシュラウドとサイドカバーには
アーガイル調グラフィックを採用、ゴールドリムと組み合わせてアウトドアファッションのイメージに仕上げました。
なお「パープリッシュホワイトソリッド1」(ホワイト/グリーン)は継続カラーとなります。
-------------------------------------------------------------------------------------------------




パソコンの画面で見るとベージュというより薄いグレーに見えるけど実車を見るとまた違って見えるのかも
フロントフェンダーのグラフィックは他の画像を探してみるとは白黒みたいです

あとヘッドライトとリアフェンダーがブラックですな
この配色は頭がコンパクトに見えるしリアフェンダーも下がってる形を控え目にしてくれそう
調べてみると以前の年式でもリアだけブラックとかあるようですし定期的?に回ってくる配色なのかもしれない


リアは背景が白の写真だと目立つけど配布されてる壁紙の写真でくらべると結構隠れてくれる感じです
キャリアとか付けてちょっと離れてみたらリアはカチ上がった感じに見えるんじゃないかな?




ヘッドライト周りもツーリングセローのオプションつけたらどう見えるのか気になるところです
自分もリアフェンダーのとこだけ黒くしてみようかなぁ

追記
ツーリングセロー版ありました


キャリアの色も同系色?だしやっぱりヘッドライトカウルの黒が効いてるきがします



リンク:YAMAHAのセロー250のページ




セロー250のレッグシールドを自作してみる

寒い時期、なにか対策してみようと思いまして以前から気になってたレッグシールドを作ってみました
九去堂さんのカスタムセローのレッグシールドあるなしで寒さが随分違うと読んだのがずっと気になっていたのですよね


最初はマネしてST250用?のレッグシールドとか正規品を流用して付けようかと考えたのですが
この前交換したフロントフェンダーの後ろ側がなんだか引っかかりそうな気が・・・
(ちょっと予算もきつかったので・・・)
ということで安く&軽くを目指して毎度お馴染みの樹脂まな板などで作る事に



固定場所は以前付けた落葉ストッパーの位置を想定



まずシールド作成はちょっと強度が欲しかったので樹脂まな板と塩ビ板とPPクラフトシートをカットし接着剤で張り合わせ



これまたいつも使ってるレベルスペーサー材とタイラップで組み上げこんな感じに試作



しかし、いざ装着してみると・・・・

・シールド上に大きくて交換したフロントフェンダーにぶつかる → カット
・横に張り出しすぎてコケタ時に吹き飛びそう → カット
・カットしてるうちに張り合わせた接着材の相性が悪かったのか剥がれ始める → 剥がして樹脂まな板のみに
・樹脂まな板だけだと強度足りずにすごく風でブルブルしそう → 小さくカット

などなど・・・色々問題がでてその都度カットしたり位置直したりとしてるうちに
シールドが随分小さくなってしまったが・・・何度も組んだりバラしたりしてなんとか部品をそろえてこれを正式組立



落葉ストッパー用のタイラップブラシは二重&幅広&長さ延長でより強力に




エキパイに近い部分はアルミテープをちょこっと



これをタイラップでフレームに固定




倒してもシールドがグニャーっとなって深刻な事にはならない仕組み




さらにシールドが小さくなったのでその代わりとして途中で思いついたシェラウド部分にもスクリーンを追加してみます

PPクラフトシートを両面テープで2枚張り合わせて折り目をつけて



シェラウド部分にペタッっとこれも両面テープで貼り付け



こんな感じ






試走してみますと・・・

・シェラウド側のシールドは膝から腿の内側あたりにその効果を感じる
・下側のシールドは違いがわからない・・・

下側の位置をちょっと下方に移動して再度試走



シェラウドにつけたシールドは腿の上から腰くらいにかけて風量が減ってるのを感じられてちょっと良い感じ
メインのレッグシールド側が微妙、靴の内側半分くらいは風を避けてる気配はあるようなないような感じ
「爪先の寒さ痛さでモジモジ足の指を動かしてもなにも効果無い状態からすと少し解消される程度にはなった?」
くらいかなぁ


今回のは「まったく効果が無いわけではない」程度でした
やっぱりその他の心配毎や機能を除外して防風一点に効果を絞込み作らないと恩恵は少なそう
このような中途半端な作りでは防寒効果は薄いみたい
フロントフェンダーが前のままならもう少し大きくできたかもしれないが、さすがにフェンダーを戻すのは惜しい



で、あるならば・・・存在を控えめに変更
もちょっとスマートにカットし支える部分の部材も短くしてグニャっとしやすくしたりとか




もうレッグシールドじゃなくて「落葉ストッパー2号」ということで(´・ω・`)

構想と試作に随分時間かかったのですが・・・なかなか思い通りにはいかないものです。
水溜りに効果あるかもだしせっかくなのでしばらくは様子を見つつ運用してみようと思います。

HOTハンドウォーマーをちょっと改造

寒い時期はラフ&ロードのHOTハンドウォーマーをつけてます。


コレを選んだ理由がアーマーハンドガード付けっぱなしでも取り付けできるからなのですが
最近ZETAさんがアーマーハンドガードに対応したCWハンドカバーなるものを販売し始めた事を知りポチッと

・・・買いそうになった所を思いとどまり・・・

なんだかんだで冬はそんなに乗りせんし、持ってるものを同じように改造してみることに



まずはハンドウォーマーの上からプロテクターを付けられるようにしてみようとハンダゴテでジュッっと



しかし・・・
穴の位置失敗したり、上からプロテクター着けようとしても思いのほか取り付けが難しくなったりと良いこと無し・・・



穴はテープで補修して早々にあきらめ



次にミラーがちょっと邪魔でスイッチ操作する空間が狭かった問題
ベルクロでギリギリまで緩めてやりくりしてきましたがもうちょっと空間が欲しかった


押すとまだ内側に寄せられる余裕があるのですがミラーがつっかえてます


ココはもうバッサリ切り込みを入れてテープでちょっと補強



こんな感じで



ついでにこの前乗ったら隙間風がきつかったので
アーマーハンドガードやケーブル類でできてた隙間をスポンジの残りをグルグル巻いて対処




ちょこっとだけ横幅が短くなってスマートになったかな?


走ってみるとスイッチ操作も楽になりこの前より随分暖かい・・・スポンジが結構効いてるみたい
切り込み入れはともかくスポンジ詰め込むのはお勧めできます


セロー250の追加ツールボックスを拡張

うちのセロー250にはセロー225WEのツールボックスを装着してましたが



このツールボックスはちょっと奥行きが短い、170mm以上の工具は入りません



プロテクターツールケースの設置と共に車載工具は大型のモノに変わり現在はロープ入れになってました



しかしながら重心が高くなって多少気になる感じ
そもそもこのツールボックスはお気に入りでしたのでなんとか正しく仕事をさせたいという思いもあり・・・
そんなわけで少しでも重心を下げられないかとツールボックスを拡張してみました。


お気に入りなだけになるべく形はそのままにキレイに長さを延長したい
色々考えた結果同じものを連結する事にしましてお取り寄せし2個目を準備
(微妙に歪みとかの違いがあるけどおおよそ同じ形でした)




ゴリゴリ穴を空けて少しずつ合わせつつ様子を見ながら切っていきます
失敗してもどうにかリカバリできるように当然ながら古いほうをカット!



新しいほうの出っ張りが邪魔になってきたのでコレは削って排除、このあたりから後戻り不可に



最終的にこのくらいで



連結固定は錐で複数穴をあけてタイラップで



一部両面テープ使えそうなところは併用してます、2箇所くらいですが



隙間ができる部分があるけどここはライターで少し炙ってできる限りペタッと



下側にできる隙間は水抜き穴として利用しようかと完全には塞がない程度にしてあります

上のほうは水が入ってきたら嫌なので弾性接着剤で塞ぎました



あとは蓋を押える為に穴をあけてショックコードを仕込みこんな感じに



深さは250mmほど、蓋分の余剰を含めれば260mmくらいまでのものは入る感じです



最後に「YAMAHA」のロゴが2個並んでクドイ感じがしたので片方を隠して完成



取り付けは以前のステーを利用しつつちょっと前のほうに移動してこんな感じで




ステーの穴とツールボックス側の穴が一致してないので分割してますが強度的にはまぁ大丈夫でしょう



サイドゼッケンの影に隠れてしまうのでそんなに目立たないのですがなかなか良い感じに落ち着いたと思ってます
もう作っただけで満足しちゃってる状態
鍵もいちおう設置できるようにはしましたがただ付けるとガチャガチャしそうなのでちょっと工夫がいるかな

まだ入れる中身が確定してないのでまだ重心変化については検証してません
プロテクターツールケースの中身を全部移せるわけではないし、車載工具も絞らないといけないかなぁ・・・
悩ましいところです。



ツアークロス2にチンカーテン装着

ツアークロスはシールド付きヘルメットですが冬だとやっぱり下から吹き上げる風でアゴと顔面が凍てつく・・・

去年は鼻水垂れ流しながら走ったものですが今年は寒さ対策の新アイテムを導入

ショウエイのチンカーテン(X11用)です




調べてみるとツアークロスに付けてる人がいたのでマネしてみました
アライにはなぜかこの手のオプションが無い・・
エアロフラップという仕組みがあるせいなのかな?寒さにはあまり効果を感じないけど



装着は簡単、無理矢理隙間に差し込むだけでこんな感じに



専用では無い為かサイド部分の引っかかりが甘い感じがしたので


ビニールテープを張って厚みと滑り止め効果をアップさせて解消



所感:
・メッシュ構造だし完全には隙間は塞がっていないので走り出すと少し風の流れは発生するが
 これは曇り解消の効果もあるので風は多少流れてないと危ないからOK
・~60キロくらいまでの速度だと相対的なものではあるが暖かさを感じるほど
・70~100キロほどで巡航してると徐々に冷えてくるけど以前ほどでは無い
・信号待ちの停車時は少しシールドが曇りやすくなったような?、下に向けて息をする手法が少し効果薄く
・30Kmほど試走した分には特に脱落や外れる事はなかった
・普通に走ってる分には息苦しさは感じず
・息荒く林道を走ると余計に曇りやすくなるかもですが冬は基本林道入らないし~


なかなかの効果で良い感じです
チンカーテン自体は柔らかい樹脂製なので他の種類のやつでも何でも装着できそうな気がします
でもショウエイのチンカーテンはシンプルな形のものに統一されてるみたいだし
X11は廃盤になってるからいずれコレと同じ形のものは無くなるかもですな
しばらくはまだ売ってると思うけど・・・もう1個予備で確保しておくか・・・











SHOEI X-Eleven チンカーテン


2014年 あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年もボチボチと書いていきますので宜しくお願いします

午(馬)年ということで



熊本の馬は食用のデカイヤツをよく見かけます、「蹴られたらヤバイ」とちゃんと思える巨大さですよん




とりあえずカワイイやつもオマケで



サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


クシタニ Eコーデュラパンツ


トロイリー Revパンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


NGKプレミアムRXプラグ


NGKプラグキャップ


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


ABUS Provogue 305


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


TOP工業 ハイパーレンチ


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30 (英語版)


Transystem TripMate852


ドイター トランスアルパイン25


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)


TGR
パフォーマンスリアショック