セロー250のリレーアーム用マッドガード作成

セロー250のリアサス付近でグリス切れを起こしやすいのは
このリレーアームとコネクティングアームの接続部分(一番下側)と言われています。



この問題はセローに限らずオフロード車、オンロード車でも同様にグリス切れや錆びを起こしている例はありますので
こういった構造をもつバイクの弱点ではあると思います。
フロントフォークにはカバーがあるのだからリアサス可動部もカバーがあっても良さそうなものなものですが
まぁ・・・ありません(リアサスだけを覆うカバーはあるがリンク部分を覆うモノは無い)

しかし定期的なメンテナンスをすればグリス切れや錆びるまでいかずに維持できるものではあります
しかし・・・ほら・・・過保護ですから・・・

その対処として思いついたリレーアーム用マッドガードを今回作成してみました
(スプラッシュガードって言うほうが妥当?)



リレーアーム部分ですが
前輪の後ろ、六角が置いてあるとこから写真を撮ってみると正面から丸見えです。



隙間を見てみるとグリスは山盛りにしたはずですが前側から見るとどっかにいってしまってます



後ろから見るとまだ残ってる



グリスを飛ばしたものは風も影響もあるでしょうが、前方からの水が主な原因と仮定
水たまりの多い道や雨の日の走行で前輪で巻き上げた雨水などをシャワーのように浴びてたら
耐水グリスを使っていても水圧がそれなりに掛りグリスを吹き飛ばしシールの隙間から少しずつ侵入するのも
まぁしょうがない無いかなとは思います。


ではその前方からの水を防げばいいじゃないかということでマッドガードを作ってみました。
(後輪から前方に飛ぶ水しぶきについては水たまりに突っ込んだバイクの写真やグリスの状況から軽微として無視)

最初はここの後ろで遊んでるアンダーガードの取り付け用?の穴を利用してなにか作ろうかな~と思ったのですが
どうも取り付けがメンドクサイことになりそうなので、簡単にスキッドプレートに壁を足す方向へ



おなじみのPPクラフトシートを適当な幅で切り出し折り目を付けて少し空力と強度アップ



そのあとに2枚を強力両面テープで張り合わせ
(折り目を付けたあとに張り合わせるとその形でおおよそ固定されるから)



形を整えて



それをまた両面テープでスキッドプレートに接着し



車体に取り付けてみるとこんな感じ



スキッドプレートはZETAのEDスキッドプレートですが
後端部分はフレームに押しつけられる状態なので挟みこまれてまず外れることはないかと

2枚張り合わせでバタつくような軟いものでもないし
ほどほどの柔軟性と復元力はあるので風圧くらいでは変形しないはず

前輪からの角度を棒で測りつつギリギリ隠れるようにさらにカットして調整し最後はこんな感じに



3.5cmくらい下に出っ張りますがこの位置はほとんど傷が無い場所ではあるので問題はでないかな~と

直接的に風雨を防ぐものなので効果はあるとは思いますが、すぐにわかるようなものでは無いし
グリスアップは定期的にしてるので自分にとっては次のグリスアップで様子をみてメンテ頻度を
減らせるようであれば効果アリと言えるかな?

いつかどっかのメーカーがリレーアームにカパッとはめられるようなカバーを作って・・・くれないだろうなぁ・・・



追記:
林道走ったあとの様子
それなりに働いている様子、淵に引っかかった水や泥が方向変えて少しかかっているみたいだけど
軽減はしてるとは思う、形状をもうちょっと変えれば~とは思うけども完全カバーは無理っぽいのでこのままで
埃っぽい土などの汚れもあるのでメンテフリーとまでは行きそうもない
スポンサーサイト

TONE グリップヘキサゴンレンチ

TONE(前田金属工業)のグリップヘキサゴンレンチです
今現在メンテにメインで使用している六角レンチになります



自分のセローはハンドル回りを六角ボルトに交換してる事もありますが
ハンドガードや外装外しなどによく六角レンチをよく使います。
グリップタイプで探していたのですが自転車用などのどこで作られたか謎なモノは多いものの
自分の知る工具メーカー製は割と少ないもので・・・ようやく見つけたのはコレです


通常(オレンジ色)とボール(緑色)の2種x3本(4mm,5mm,6mm)
六角部分は特に特徴的な構造はなく普通?
マグネタイザーにより着磁可能
グリップ部の大きさは5mm以上と4mm以下でそれぞれ共通
「JAPAN」と刻印があるのでたぶん日本製





4mm以下の種類には側面の六角がありません
これは小さい径のボルトに力かけすぎでなめたりするのを防ぐ為なのかな?
メーカーがどう判断したかは謎ですが、自分としてはちょっと狭いところ用に側面にも欲しかった

ボールポイント部分をベッセルのウルトラボールと比較するとこんな感じ


これはどっちが良いかって話ではありません
ウルトラボールは角度を深く取れるのが特徴ですが、穴が浅い六角ボルトには底に当たって
浅い掛かりになってしまうので向いてません、どっちもボルトの種類や場所によって使い分けといったところ


使ってみた感じではやっぱり握りやすさ、力の入れやすさなどはL字型に比べるとやっぱりグリップ型が使いやすい
あと散らばった工具の中からも見つけやすいところが良い所でしょうか
でも万能ではなく、狭い場所でグリップ部がぶつかったり回せなかったりする場合もあります
グリップ型、L字型 どっちが良いかというものでもなく時と場合によって使い分けるのが基本かなと思います
まぁ大抵工具を取りに戻るのが面倒で無理やり回しちゃうことが多いですが・・・


グリップタイプの六角レンチは強く締めすぎにはご注意を
細い径のボルトは簡単にネジ山舐めちゃいますからくれぐれも力加減はほどほどに~









前田金属工業 TONE グリップヘキサゴンレンチ GHW-05 (通常) 5mm



前田金属工業 TONE グリップヘキサゴンレンチ GBHW-05(ボール) 5mm




サス関係調整メモ20140817

悩ましいサス調整・・・


下り坂で前傾しすぎてない?
 →フォークが短い?
  →中身のワッシャーを足してイニシャルかけてみよう
   →やっぱりなんだか硬いなぁ・・・
    →ではワッシャーを抜いてみよう
     →始まりに戻るorリアのイニシャルいじりへ

以上の事をなんどか繰り返してきましたが、そろそろループを脱したいなと
基本的にリアのイニシャル高め&トリッカーのリンクプレートで前傾してはいる状態のはずなので
フォークをなんとか少し長くすれば調整にもっと幅ができるはず

まず思い当ったのが厚みのあるフォークキャップ
車高アップキットとかでセットになってたりしてる厚いキャップでフォークを延長して伸ばしちゃおうという商品
でも安くない・・・10mmくらい稼げれば十分なんだけど・・・
他車種の純正品で厚みがあるものがないかと探すものの都合よくは見つからず


ならば・・・ということで、ほんの少しマイナス側へフォーク突き出ししてみようかと
(「突き入れ」とは言わないっぽい、というかやってる人少ない)

推奨など誰もしない事であろうとは思うのでちょっと慎重に
固定用のボルトがフォークを絞り出すような感じにならないように&強度足りないなんて事にならないように

止めてる上側ボルトの中心を計測し(約7mmほど)



ボルトの中心がフォークキャップの下端にくるように限界値を-5mmに決定しフォークを下げて固定
水が溜まりそうなので水置換性のあるチェーンルブをちょちょいと吹き付け拭き取り



5mmといえどもフォークの突き出しはわかりやすく体感できるもので
跨っただけでもフロント回りが大きくなったかのように感じる、ここまでは思ってたとおり


実際走ってみると~
なんだかサス硬くなってる?前後ともに・・・路面の凹凸の衝撃が強くなってるような

キャスター角?が寝て見かけ上の吸収量がわずかに減った?
前が伸びてその代わりにリアのほうに荷重が増えてイニシャルが増した状態に?
なのかな?

ひとまずフォークのワッシャーを1枚抜いて(1mm)前をちょいと柔らか&下げで様子見


またループするかも・・・




20140817サス調整現在値
----------------------------------------------------
フロント
オイル:YAMAHA G-10 (ノーマルはG-15)
油面:125mm (規定値)
突き出し量:-5mm
その他:スラストベアリング+ワッシャー3枚(合計5mm)
    スプリングシートは抜き取り済み

----------------------------------------------------
リア
シートに乗った時のサスの残りストローク量:20mm
(無荷重でのストローク量:約50mm)
その他:トリッカー用リンクプレート交換済み

----------------------------------------------------







セロー250のヘッドライトカウルいじり

以前に取り付けした元XT250Xのヘッドライトカウルのオデコ部分ですが
取って付けた感が否めないのがやっぱり気になりだして止まらない


もっとシッカリ感を出すには~と考えましてやっぱりボルト止めだという結論に
色々試行錯誤の末にオニメナットをヘッドライトカウルに付けてみることにしました


まず今まで付けてたのを取り付けしやすいように邪魔な部分をカット



こんなイメージの予定




穴を開ける為にライトユニットを取り外し裏側に光漏れ用のウレタンっぽいモノが貼ってありますがこれは外しちゃいます
(自分は以前剥がしてるので代用品ですが、純正も脆いのですぐ破けます・・・)



外したら色々定規をあてて測った位置にドリルでグリグリ~と穴あけ



6mmのオニメナットを



厚みが足りないのでレベルスペーサーを切り刻んで足しつつ内側から取り付けて



こんな感じに

強度を心配してましたが、この部分はカウルが2枚合わさったところで厚みもちょっと多め
結構シッカリしてます


そのまま止めると隙間が大きかったのでまたしてもレベルスペーサーを刻んでスペーサー代わりにしてこんな感じに


う~ん・・・なんか微妙だが


ひとまずナットの取り付けは終わったのでライトユニットを戻して背面の光漏れカバーも作り直して
(光漏れカバーは光が漏れなきゃなんでもいいと思います)



バイクにヘッドライトを戻してみる



なんとなく小さいというか、シールも作業途中ではがしちゃったので河童の皿みたい?刻みすぎたか・・・
黒く塗ってもすぐ剝がれそうだし・・・


ってことでリカバリの意味で黒いスクリーンをちょっと作成

買い置きしておいたPET樹脂板(1mm)を適当にカットし
さらにPPクラフトシートを上から両面テープに張りつけて中央に折り目をちょっと入れまして



車体に付けてみると


斜めからみるとなんとなくカバーしきれてない・・・もうちょっと横幅があったほうが良かったか
でもそうなると1サイズ大きいPET樹脂板がいるのでひとまずこれで


色々やってるうちにRAMマウントのとこもなんだかスッキリしたい気分になり



タコメーターはメーターの上にベルクロを貼った塩ビを張りつけ移設



RAMマウントは以前買っていた短いものに交換しガーミンのマウントとヘッドライトの位置を調整



こんなんで



走ってみるとちょこっとスクリーンの効果?というか影響?喉元に余計に風がきてるような?あとはよくわかりません・・・
今回のナット追加でスクリーンは色々簡単に装着できそうな感じなので
ステーとかスクリーンとか追々また考えていこうかなと思います

あとは光漏れがちょいとあるようなのでスポンジを追加で対処



見た目がちょっとスッキリしたししばらくはコレにて





追加ツールボックスの取付け位置修正

最近、週末は雨や台風ばかりでネタが・・・そんな時は車庫でバイク盆栽
ってことで追加で拡張したツールボックスちょっと色々お色直しも含めて取り付け位置の最適化をば


ツールボックスはもうちょっと前のほうへずらせる余裕があるので曲げステーを作り直し3cmほど前へ移動です
中身が結構重いのでちょっとでもバイク中心側に寄せたほうがいいかな~と

ステーはUボルト用のステーですがサイズや強度が丁度良く安いので良く使ってます
片方を固定してメガネレンチやモンキーでちょこっとづつ曲げて丁度よい形に加工し利用


そしてこんな感じに




他はちょっとキャリア回りのお色直し

シャベル用のクランプはちょっと外してグラブバーを復活


プロテクターツールボックスの中のスポンジを取り去って容量をアップ
正面についてたポーチの中身(工具だとか空気入れだとか)を中にいれちゃいます
(常にギュウギュウ詰めなので無くてもそう変わらないだろうということで)


ロープが中にあったけど出番が無いわりに容量を取りすぎるのでは袋に入れて右側面に縛りつけ
あと正面のポーチの変わりにペットボトルケースを取り付け




準備ばかりで走らないのが最近の流れ(´・ω・`)
来週はもう帰省シーズンか・・・さらにまた雨の予想だったりする・・・もう秋シーズン待ちかなぁ・・・



フロントフェンダー追加加工と落ち葉ストッパー交換

WR250のフロントフェンダーに交換したあと穴あけ加工して残してた後ろフェンダーの部分
ちょいとスッキリさせようかということでカットしちゃいます



元々セローのフェンダーと同じようにカットするつもりではあったのですが
いきなりカットするのももったいないな~と今日までこの形でした。
でもこのままの形を維持してもダウンフェンダーを外す気にまでならなかったので気分転換も兼ねて加工です


適当にサインペンで切り取り線を書いてニッパーでカット、そのあとカッターなどで形を整え



こんな感じで



空気抵抗もちょっとは減ってエンジンに風も当たり安くなるかな?


あと空気抵抗と繋がりで事前に冬に取り付けたフットガード付落ち葉ストッパーも夏バージョンに交換してます


タワシを付けてるかのようではありますが・・・
エンジンの汚れ防止には活躍してるのでこのパーツは外す気になれません



これで多少はスッキリしたかな

サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


クシタニ Eコーデュラパンツ


トロイリー Revパンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


NGKプレミアムRXプラグ


NGKプラグキャップ


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


ABUS Provogue 305


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


TOP工業 ハイパーレンチ


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30 (英語版)


Transystem TripMate852


ドイター トランスアルパイン25


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)


TGR
パフォーマンスリアショック