セロー250のシフトペダルとブレーキペダルのグリスアップ

予備シフトペダルの事をやってるうちにふと思いたった事
 「そういえばペダルの軸のところを分解グリスアップした事がない・・・」



今までは隙間から潤滑スプレーでブシューっと注油はしてきたのでまったく手を付けて無いわけではありませんが
その注油自体も本当に意味があったのか?の確認も込みでちゃんとやってみようってことで
セロー250のシフトペダルとブレーキペダルのグリスアップをしてみました。


サービスマニュアルには特に詳しい解説もなく組み立て図面で「グリスつけて組め」的な事しか記述がないですが
構造が単純みたいなのでたぶんそういうものなのでしょう


まずシフトペダルから



6mmの六角レンチで回しますが
途中で違和感があったのでリンクの先のシフトシャフト部分を外して軸を緩めるのが正解っぽい



緩めてる途中でも抵抗あり予想はできてましたが
ネジロック材を使ってあった模様(サービスマニュアルには記述が無い)



パーツの構成はこんな感じ



ペダルと軸のボルトの合間にウネッったワッシャーがありましたがおそらくガタつき?を抑えるバネのようなものかと



軸のボルトを見ると溝がありグリス溜まりと思われる
こういうものがあるということは粘性の高いグリスを使うのが本当は正解かな?



グリスアップですが軸はそのままグリスを塗りたくるとして、このリンク部分



オイルシールを小さいマイナスドライバーでグリン!っとこじって剥いてみましたが
中には黒いグリスが十分残ってたので気密性は高いみたいではある



しかし分解を前提にしていない構造?みたい?
ベアリングと似たような扱いでいいのかな~とパーツクリーナーは使用せず可能な分だけ古いグリスをふき取り
そのあとグリスを足してシールを戻して終わりにしときました



組み付けですが、グリスをネジ部に付かないように塗りたくり



ネジロック材を塗布して締めこみ(締めつけトルク:30Nm)



しかし手でガチャガチャしてみるものの違いがよくわからず・・・



この部分のグリスアップは軸部分の両側から隙間への浸透系オイルスプレーでも中身の摩擦面全体に届くようですし
リンク部のジョイントもシールも保持性が高いようなのでわざわざ分解するまでもないかも?
スプレーでする場合はワッシャーとペダルの隙間を狙うのが良さそう


ブレーキペダルのほうもほぼ同じ構造、でもこっちは軸のボルトにスナップピンがついてる



どっちも大事な装置なのだからシフトペダル側もスナップピン付けられるようにしてくれればいいのに・・
と思ったけどよくよく観察してみるとシフトペダル側はすぐ裏にフレームがきててスペースを割りピン用の
スペースを確保できなかったかも?とも推測される


こっちは横着してブレーキクレビスの部分を外しただけでスプリング類はそのままで軸のボルトを取り外し
こっちもネジロック材がついている様子



パーツはこんな感じ、やっぱり軸ボルトには溝がある



パーツクリーナーで洗浄しグリスを塗りネジロック材を使用して組み付け



サービスマニュアルにここの規定締めつけトルクの表記を見つけられなかったのだけどボルトの大きさなどから
おそらく同じであろうってことで30Nmで締めて完了

こちらも踏んでみたけど違いはよくわからず・・・



購入から今まで隙間に潤滑スプレーで済ましてきた左右のペダルの軸部分ですが
特に錆びもなく回りにくいということもなくやってこれました、
個人的には適度に隙間スプレーしとけばわざわざ分解グリスアップする必要性は低いと考えます

でも分解してグリスアップまでやると大掃除が終わったような・・・気分は良いです(´・ω・`) 




※グリスはサービスマニュアルだと「ヤマハグリースB」となってますが
  自分はワコーズのハイマルチグリース(ちょう度2)を使用してます。
  あとボルトの締めつけトルクは脱脂した状態での数値と自分は認識して作業してます(ボルトなめた経験から)

スポンサーサイト

予備部品にシフトペダル追加

予備部品は左右のレバー、点火プラグ、クラッチワイヤーを積んでましたが今回新たにシフトペダルを追加しました。

用意したのはキタコの可倒式アルミチェンジペダル(KSR110用)です
ペダル関係のトラブルは聞き知った分でも2件ほどあるのであったほうがいいかな~と



転倒によるボルト基部の破損も考慮して純正品ではなく直接付けるタイプ
取り付けると逆シフトになってしまうけどシフト変えられずに走って帰るよりは・・・ってことで
そこそこの値段のものなので作りはなかなか良さそうです

位置を比較するとこんな感じ


装着できるかどうかちょっと不安だったけどやってみるとすんなり装着できた
このギザギザ部分ってバイク業界で共通規格なのかな?
(ちょっとバリがあったようで多少引っかかったけど何度か付け外ししてるうちにバリが取れたみたい)



ブーツを置いてみるとペダルまで遠いけども
これを付ける時はショボーンっとしながらゆっくり帰る事になってるでしょうし
慣れない逆シフト状態ですから〇速固定+αくらいに思って使えば特に問題ないかなと



停車状態でガチャガチャとシフトチェンジしてみましたが、
頭でわかってても最初から普通に間違う、そして間違いまくり・・・
これは交換後走りだす前にちょいと練習しないと危ないかも

車体にわからないように隠そうかと場所を探したけどなかなか良い場所が見つからず
今のところ後ろの箱に放り込んでます。








キタコ アルミチェンジペダル


iBUFFALOの小型USBシガーチャージャー

車用に買ったものなのですが
iBUFFALOの小型USBシガーチャージャーBSMPBDC01BKです


付属品はストラップの紐(引っ張り出し用)



シガーソケットに差し込んでUSB給電口に変換しちゃうやつ
正直なところシガーソケットからUSBに変換するものはかなりたくさん製品があり何が良いやら謎ですが

・形状
・MADE IN JAPAN
・聞き覚えのあるメーカー

で選びました

極端に短くシガーソケットに収まるかどうかという作りが特徴的
この形のものは何代か世代交代してるようで買ったものは2A対応のもの
(これはandroid用、iphon・ipad向けだと型番が違うのだけど仕様からは違いが読み取れない)
製品自体はスリットが多く放熱を意識してるのかな?
(水とかにはめっぽう弱そうですが、そもそもこのようなUSB変換製品に防水のものがみあたらない)
バイクで使うなら小さいチャック付のビニール袋にケーブルと一緒に入れておいて持ち運びって感じだろうか


今バイクに積んでるどこのモノだったかわからないUSBシガーチャージャーと比較



セローに繋げてるシガーソケット(ニューイングのDCステーション)に装着してみる



惜しい事に蓋の形状の問題で装着したままでは閉められないけどなかなかスマート
(牛乳瓶の蓋みたいにビニールとOリングかなにかで蓋を作ればいけるかも?)



エンジンかけて通電させると赤く光ります


耐久性はまだ不明ですが、こんなのもあるよってことで




9/14ツーリング

お誘いをもらってツーリングへお出かけ
これを逃すとなんだかもう今年林道を走る事無く終わりそうな予感してたので準備万端で




コースは横谷林道からあざみ谷林道へ行きぐるっと八代方面に回り込んで謎の林道へ
9時集合で帰宅の途についたのが16時くらいでしたから休憩もいれて5時間くらい走ってた感じ?


最近あまり乗って無いのと運動不足もあわせてもう最後ヘロヘロでした・・・
そして今まさにあちこち痛いです・・・手が痛い、足が痛い、尻あたりが痒い、腰が重い・・・
でも前に人がいるとやっぱり違うですな~まだまだ修行が足りません 
また誘ってくださいませ



今回の反省

・下り坂の雨の流れでできた縦溝(ちょいウネリあり)にハマってリカバリできずブレーキ→バタンっと転倒
 脱出もままならずキャリアあたりに右足挟まりジタバタして脱出→みなさんに起こしてもらう
 膝の裏あたりに軽い打身(今はもう痛くない)

 コース取りのミスが一番ですが、ハマったあとがまずかった
 気づくのが遅れたせいもありフロントブレーキ使ってしまって転倒を助長してしまった、ついでに下り道で止まらんし
 アクセルチョイ開けでむりやり~と一瞬思ったような記憶はあるけども
 横が谷だったのでそんな事して派手に飛んでしまったらと考えると恐ろしい・・・
 まだ自分のビビリミッターはまだ正常に機能しているっぽい、

・フロントタイヤが林道で滑り気味
 そろそろ交換かなぁ・・・次はなににしようか

・リレーアーム用マッドガードの効果
 それなりに働いている様子、淵に引っかかった水や泥が方向変えて少しかかっているみたいだけど
 軽減はしてるとは思う、形状をもうちょっと変えれば~とは思うけども完全カバーは無理っぽいのでこのままで
 埃などの汚れもあるのでメンテフリーとまでは行きそうもない

途中撮影
 


帰宅後(翌日撮影)




サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


クシタニ Eコーデュラパンツ


トロイリー Revパンツ


Thor Range ジャケット


Thor Range パンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


ABUS Provogue 305


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


TOP工業 ハイパーレンチ


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30 (英語版)


Transystem TripMate852


ドイター トランスアルパイン25


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)