セロー250のフロントタイヤ交換 ピレリ MT21

セローのフロントタイヤのツーリストがそろそろまずいかな~ってことでタイヤ交換
最初の走行距離記録してなかったので正確な値はわからないのですが8000~11000kmくらいと思われる
高速道路走って無いし激しい走りかたも特にしてないので結構もったほうかも



で、新しいタイヤは良く聞くフロント:D603 リア:ツーリスト 
みたいなとかの組み合わせを試してみようかと思いして銘柄に悩み・・・

用意しましたのは PIRELLI MT21 RALLYCROSS 【90/90-21 M/C 54R】

(注文して届くまで結構かかった)




タイヤの重さは3.77kgほど(この重量計は釣道具屋さんにあった魚の重さを測るやつ)



メーカーの謳い文句
・過酷な状況でもブロックの破損を最小限にとどめる、耐カット性を重視したコンパウンドを採用。
・センターブロックを連結させたトレッドパターンが舗装路でのグリップと耐久性を確保。
・軽量で高剛性のナイロンカーカスが長寿命を実現。

インチ表記「2.75-21」≒「80/90-21」ミリ表記
らしいのですが、「90/90-21」も入るらしいと・・・どうせなら大きいほうがなんかよさそう(適当)
と思いましてサイズは「90/90-21」を選択しサイズアップです
(ツーリストが既に大きかったので純正サイズと比較してってことにはなりますが)

選んだ一番の決め手はなにかと申しますと・・・「ラリークロス」って名前ですかね(´_ゝ`)


チューブとリムバンドも新しいものを準備
DUNLOPダンロップ チューブ  【サイズ】[2.75-21][3.00-21][80/100-21][80/90-21][バルブ形状:TR4(直型)]
DUNLOPダンロップ リムバンド 【サイズ】[22-21A]




作業開始

パンク修理の練習も兼ねて工具は車載のものを利用
メインは
・トピークの スーパースチール タイヤレバー
・TOP工業のモンキーレンチ エコワイド HY26
・IRWINのロッキングプライヤー 7WR



ジャッキアップは今回はスタンドを使用しアクスル外して



チューブのムシを外して空気抜いてロックナットを外して



タイヤを踏んでビード落とし・・・と踏むまでもなく手で押しても落ちた



表裏両方ビード落としたのを確認してから
基本通りに両膝でタイヤの手前側を潰して



その反対側をレバーでクイッっとメクッテいきます



一周全部めくれたらチューブを取り出し



タイヤをリムから取り外し、簡単に取れるかと思ってたら堅かったのでレバー使用


いちおうリムの重さを測ってみると3.71kg



リムバンドを取り外す



外すとなんだかニップルが腐食?してる



リム側もなんか部分的に土?か腐食かところどころ粉噴いてる
しかし無事なニップルもある


ぬ~・・・

ひとまずまだ問題無かろう・・・ってことで腐食進行を遅らせるべくシリコンスプレーをシュッと噴いて入念に拭きとっておく
(これでいいかは不明)



新しいリムバンドをセットですがココでまた気付いた事が



新しく買ったリムバンドがずいぶん厚い・・・



新しいほうがちょっと重い


触った感じ2倍以上厚い厚い分にはその役割的には喜ばしい事ですが
リムバンドにも色々あるんだなぁ・・・と感心


で リムバンドセット



チューブの準備ですがこっちもなんか違和感があったので重さを測ってみると
新しいものが軽い



古いほうはIRC製


・・・あれ?・・・買ったチューブと対応サイズ種類と元のチューブの対応範囲が違うからから?
ん?90/90ってこれ対応してるのか?書いてないけど・・・買う時はどう納得したんだっけ・・・
心配になって色々調べ直し3.00-21に対応してるなら大丈夫であろうってことで結論を出し作業を進める


その前にタイヤを比較してみる


綺麗に重ねてみるとほぼ変わらない?
タイヤの形が平らなツーリストと山形のラリークロスって感じでそもそもの形の違いがあるけど
減ってる分を考慮してもラリークロスのほうが少し大きいかな?
純正よりちょっと大きいって点では両方にたようなものかも

ツーリストは減った状態だけどいちう3.10kg(今後の参考にでも)





作業の続き

タイヤをリムに押し込む
半分押しこんで手ではどうにもならずレバーでこねくりまわしどうにか入れる事に成功



チューブに少し空気を入れて形がわかりやすいようにしてからタイヤの中に押し込む



入れるのはバルブのとこから



バルブを出したらロックナットを軽く締めてちょっと押さえて残りを捻じれないように押し込む



タイヤのビードをリムの内側に入れるのですが
最初は足で踏んでも入るだろう~っと踏んでみる→全然入らない・・・ツーリストは入ったのに・・・



外国のタイヤは硬い?って話はこのことか?それともツーリストが柔らかいのか
・・・最初からレバーでグリグリする


なかなか最初の部分が難しく、3回くらいレバーがどっか飛んでいった・・・


最後のほうもやたら硬くてこんなに力入れてやっても大丈夫なのか?と心配しつつもどうにか終わり
(またレバーが弾かれたりして数回飛んでいった)



やれやれ・・・終わった・・・っと思ったら・・・ビードクリームを塗り忘れてるのに気づく・・・



・・・・まぁ空気を入れてみよう・・・果てしなくポンプポンプ、3.5くらいまで
(記事を書いてる時に電動ポンプが車の車載工具であったのを思い出す・・・)



特段「ポンッ」と音がするわけでもなく・・・これで「ビードが上がった」状態なのかな?・・・う~ん



心配になったのでもう一回タイヤをめくってビードクリームを塗ってみる


(省略)


結局、見た目かわらず、ハンドポンプじゃ音もしないものかな?きっと大丈夫!



終わった時にはもう夜だったのでパンクチェックで2.0くらいいれて放置、翌日空気圧の変化がほぼ無い事を確認



見た目はこんな感じ



アンダーフェンダーの隙間も問題なさそう(ツーリストの時からステーで少し上に上げてある)
ノーマル状態だと結構ギリギリかな

山の高さは約10mm、なんだかオフロードっぽい




いつも試走してる林道にお出かけ



試走後の所感

・舗装路走行(空気圧1.25)
 もうすっかり純正のTWの記憶ほぼ無いけどイボイボによる振動は想像よりずっと無かった、
 でも細かい振動はツーリストより感じる
 ロードノイズの違いは良く分からない、というか前どんなのだっけ・・・エンジン音のほうがウルサイのでよく聞こえない
 ツーリストよりも転がってる感じがする、燃費上がるかも
 高速走行でも特に変な振動やブレは無し
 山道の連続カーブも特に問題を感じない、ツーリストよりも倒しこみしやすいかも?タイヤの形が丸い山形だからだろうか
 何回か強めのブレーキをかけてみたがビードのズレなどは特になし、ひとまず取り付けはうまくいったもよう
 重さの違いによる変化はよくわからない
 山の舗装路に細かい縦溝が掘ってあるところであまり流されなかった


・林道走行(空気圧1.25、0.8)
 砂利混じりの道のグリップは申し分ない
 苔むしたコンクリ道がちょっと不安な雰囲気
 
 こんな感じの水たまりの跡地的なところ


 申し分なし、轍の山に流されてたのがちゃんとハンドルの向きに進んでくれる
 イボイボに変えたかった理由がこの泥道のヌルヌルと流される事の克服だったので目標は達成
 泥まみれにはなるもののちゃんと刺さってる?みたい

 泥はけも少し走ったらすぐ落ちたので問題無さそう


 リアのツーリストは横滑りしてるけどリアのほうは別に問題にしてないのでOK

 あとはなんだかバイクの倒しこみから曲がり始めるまで感じがシュッとしたといいますか・・・
 これはたぶん空気圧の問題かな?ツーリストだと基本0.9~0.7でしたので
 ビードストッパー(リムロック)もいちおう準備してたけどそれはまたいつかの機会に






ツーリストがずいぶん減っていたので良くなる事は当たり前ではありますが
それを含めても泥道には強そう、舗装路もなかなかスムーズ
リアもMT21にしてみたいところですがチューブレスの利点を損なうのもちょっと考えもの
ツーリスト以外であればIRCのGP22あたりが候補だろうか




150kmほど試走後


サイドの髭はたぶんずっと残りそうだ・・・





odo:17256km









PIRELLI(ピレリ) バイク タイヤ MT 21 ラリー クロス 80/90-21 M/C 48P チューブタイプ フロント用



PIRELLI(ピレリ) バイク タイヤ MT 21 ラリー クロス 90/90-21 M/C 54R チューブタイプ フロント用




スポンサーサイト

アーマーハンドガード+バーエンドプラグ

この前アーマーハンドガードの歪みを修正した事により取り付け部分の余裕が左右均等になりましたので
以前ちょっと考えて放棄していたバーエンドプラグのアーマーハンドガード組み込みをやってみる事に

(注)
 今回仕様しているバーエンドプラグの穴は8mmのボルトで固定するように作られていたモノ(古い?)ですが
 現行のバーエンドプラグの穴の径は6mmのボルトを使用するように変わっているとの情報あり
 アーマーハンドガード側は8mmのボルト用の穴な為、
   ・プラグ側を8mmまで削りアーマーハンドガードのアンカーを使用する
   ・6mmボルトとプラグのアンカーを使用するならボルトとハンドガード接触部の隙間を小さい
    スペーサーなどで埋めるなど
 などの加工がいるかもしれませんのでご注意を




右側はぶつけてハンドガードがずれて当たってスロットルが回らなくなった時以来
ワッシャーを付けてたのでこれの代用になるし


左側はハンドルの切断面がちょっと見えてて締りがなかったのを解消できるかなと



これがZETAのバーエンドプラグ(35mm)

純正ハンドガードを付けてみた時に買ったけどアーマーハンドガードに戻して以降眠ってたモノ


これを分解してこの部分だけ取り出し


アーマーハンドガードのアンカー部分に挟む
プラグとアーマーの間にいちおうステンレスワッシャーを入れてますテーパー状の隙間があったもので



でもこのままじゃボルトの長さが足りない



元々のボルトは径8mmの長さ45mm



近所には40mm以上の六角穴付き皿ボルトが売って無かったのでとりあえず普通の六角ボルトに
ワッシャーとかを足して装着



ま~いいかな?
と思ってたけどやっぱり転倒時に丁度良く出っ張りに引っかかってハンドルが~ 
なんて事になるのも怖いので・・・

ステンレスの60mmの六角穴付き皿ボルトをお取り寄せ!



そしてこんな感じに


(元々のは鉄?と思われる、ステンレスに変える場合は堅くなるのでナット側をなめないように締めすぎ注意)


ちょっとハンドガードの角度の関係でキレイにピッタリとハンドルには密着しないけどそれはしょうがない



コレにともない六角のサイズが6mm→5mmになったのでサイズ違いによる取り外しの面倒を無くすべく
サイドマウント側のボルトも5mmの六角ボルトへ変更



バーエンドプラグ再利用もできたし~あまり目立たないけどなかなかいい感じです(*´Д`*)






ZETA バーエンドプラグ 〈Φ35mm〉

エリアライト GENTOS GX-141B

ちょっと小物紹介

GENTOSのエリアライト GX-141Bです



小さいランタン風のデザインの防滴仕様のLEDライト
付属品はカラビナ型キーチェーン、テスト用電池


その他仕様
最大ルーメン:約12ルーメン(Hiモード時)
Hi/Low/Flash 3段階調光の切替
使用電池:単4アルカリ電池x1本
実用点灯時間:約5時間(Hiモード時)
本体サイズ(mm):φ18x83


電池交換は蓋を回して外して発光部を筒から抜き取る感じ



筒を付けなくても発光するけど回路部分が剥き出しなのでこのように使う事はないかな
(なにかアイデア次第では使えるかも?)



蓋部分にはOリングがありこれで防滴しているっぽい



明るさは最大12ルーメン
手元の本や雑誌は読めるくらいには明るいけど遠くを照らすには向いてない


HiとLowの比較



実際に本などを照らしてみる分には十分な光量
Lowモードでも光量があんまり下がったようには感じない


自分としてはフラッシュ機能がちょっと邪魔ではありますが手元を照らす事に絞ればなかなか使えるヤツです


これの使い道ですが、その形を見た時から決めてまして
横向きの発光で握って使うにはすこし不便な形・・・でもその形が都合がイイ

実は2個買ってまして

まずは車のルームライトとして


薄いステーにタイラップで筒部分を固定しステーを都合よく曲げて両面テープで適当な場所に張りつけてます


もうひとつはバイクのRAMマウント部分に固定してマップライトとして
(地図を夜中に見るような状況にはなりたくないけど)



筒部分を固定してるのでそのまま電池交換も可能
防滴仕様なので雨もたぶん大丈夫かな?影に隠れてるし



RAMマウントにはついでに温度計も大型のものをつけてさらに多機能化しときました
(それに伴いメーターに付けてた小さい温度計は廃止)



他にもGIVI箱の蓋の裏とか、車のトランクだとかちょっと光源が欲しいなんてところにペタッとどうでしょ











GENTOS ジェントス GX-141B エリアライト






★クレセル 直径僅か14mmの極小温度計T-14



★クレセル 1円玉サイズの超小型温度計T-20



★クレセル 500円玉サイズの超小型温度計T-27

プロテクターツールボックス回りの手直し

最近はちょこちょこ車載荷物の整理中・・・でもあまり減らない
ということでまた「サイドバッグ付けたい病」が再発しまして
キャリアのプロテクターツールボックス回りを手直しです

まずプロテクターツールボックス自体を取り付け金具の向きとかを微調整して3cmくらい前に移動
ちょいと後ろに行き過ぎてたのが気になってたので
グラブバーは前回転倒時に脚ぶつけたしあまり使わないので右側だけ撤去



プロテクターツールボックス右側の取り付け基部を再作成して



アメリカンツールバッグ3を取り付け積載容量アップ


アメリカンツールバッグ4のほうは以前から持ってたのですが大きくて取り付けできず
少し小さい3のほうを新調しました


型崩れしにくいように樹脂材(レベルスペーサー)を挟んで取り付け

撤去したグラブバーの変わりに自転車用の太いワイヤーロックを設置してます(結構引き起こしやすい)


あとでベルトだとどうしても緩んでくるのでタイラップ固定に変えてます



反対側も取り付け部を作り


ポーチを取り付けてちょっと左右のバランス取り




これで結構余裕ができました


余計な荷物入れすぎか・・・とも思ったりするけど・・・もうしばらくはやめられないかな~











TANAX アメリカン ツールバッグ3 (オレンジステッチ)


アーマーハンドガードの歪み修正

愛用してるZETAのアーマーハンドガードですが


どうにも右側のほうが微妙にサイドマウントの穴と合わない

歪んでいるのはずっと以前からなのですが、ボルトの穴位置のズレはサイドマウントに変えた時から
表面化してた事象
以前はハンドルマウントだったので位置が自由で気にならなかった部分が表にでてきた感じ
とりあえず力いっぱい内側に押しつけながらやればボルトの穴位置は合いますので
毎度そうやってきたのですが・・・そろそろメンドクサクなってきたので歪みを直してあげようかなと


こんな感じに曲がり方に差があります(見ずらいですが写真左側が右側用のガード)



穴位置が合わないのは右側用ですが、左側用が伸びてる感じでしょうか
今まで倒してきた思い出からたぶんそうだと思います
でも左側は穴位置がピッタリなので伸びてるほうに合わせます


メッキが剥げても惜しくないメガネレンチを通して・・・ぐぐ~っと慎重に曲げます



手加減してたら全然曲がりませんでしたので・・・力任せに・・・


 「ウリャーー」
  →「ギャー!」(レンチが滑って手の甲ぶつける)
    →「ウリャーー」
      →「ギャー!」(レンチが滑って突き指)
        →「ウリャーー」
          →「ギャー!」(踏んで押さえてた足の筋を痛める)

っとアーマーハンドガードからの反撃がなかなか痛かったですが同じように修正完了(-_-;)




既にキズモノであったので気にしませんでしたが、レンチを掛けた跡がいっぱいついちゃいました
傷つけたくない場合などはなにか銅板?とか鉛板とか巻いてやったほうがいいかな?



修正後は穴位置はばっちり



思いのほかアーマーハンドガードは反抗的なので歪み修正する時はご注意を・・・







ZETA アーマーハンドガード



コミネのCEフレックスニーガード SK-690

コミネのニーシンプロテクター CEフレックスニーガード(SK-690)です


軽装時のニーシンとして使ってるエクストリームニーシンプロテクターSK-491(改)の買い替えとして購入
買ったのは春くらいだったと思うのですがとりあえず使ってから記事を書こうかと思いつつも
今年はあまり走りにいく機会も少なく・・・ずるずると今回ようやく


ひとまず写真色々



ヒザとスネ部分の接続は両脇で縫製と布でつながってる感じで自由度が優先な作り
ズボンの中に付けるという自分の用途からして問題は感じない
CE規格のレベル1を通ってる事から強度もたぶん問題無いものとは思います。
「特殊縫製」とか謳ってるけど・・・見た感じなにが特殊なのかはわからない
太めのジーパンの下とかに十分装着可能

ヒザ部分裏側に形状維持用?でシャキットさせる感じのゴム紐あり
固定用のベルトはわりとシッカリしたタイプ
左右のマークは無いのだけど赤いKOMINEのタグが外になるようにするのが正しいっぽい


エクストリームニーシンプロテクター(SK-491)と比較するとちょこっと小型化
ウレタン?部分については外からだと良く分からないけど目の細かい通気性のあるタイプになってるもよう
(息を拭いてみて実験済み)
使用時のずり下がりなどは軽減しているように感じるし十分なモノかな~と思います





しかし、使ってて気になる部分があったのでちょっと改造
自分がメタボだからかもしれませんが・・・膝を曲げた時のこの部分



ベルクロの折り返しで重なって硬くなったベルトがスレたり挟まったりで痛い・・・
しばらく我慢してたけどやっぱり痛いのでベルトを交換です



丁度良くココのベルトの部分は「ベルト変えるならどうぞ」的な作りをしてるので



ソックス止めを買ってきて長さを合わせて裁縫


ソックス止めの1本と半分くらいを連結して一周するように取り付け
(ソックス止めは2セット計4本準備)


ベルトの固定力と耐久度は落ちたもののこの部分は固定というより押さえてるだけくらいで良いと思うので問題無し
3本ベルトタイプのニーシンはフクラハギの上部分はシッカリして固定であとの上下は押さえてるだけで良いとどこかで見た
ベルトがヘタったらまた交換すればいいし~


改造後は肌触りも良くなかなか快適(*´Д`*)
これを見越して作ってあるのか?と疑いたくなる(CE規格を通す関係上こういう作りをしてた可能性もあるかな?)


改造後の装着の写真はこんな感じ


個人的にはベルトの交換前提ですがなかなかお勧めできるものかと思います











SK-690 CEフレックスニーガード Fサイズ コミネ(KOMINE)


セロー250のメンテナンスメモ 2014/11/8

整備メモ

プラグ交換
前に変えたのはいつだっけ・・・特段汚れたり広がったりはしてない様子、でも交換


お尻の電極に接点グリスとネジ山にモリブデングリスを薄く塗って取り付け
手で締められるとこまで締めてから3分の1回転増し締め



ワコーズの燃料添加剤フューエルワン投入
ま~御守みたいなもの

今回で無くなったので補充しとかないと



ウインカーブザーの音量調整
ちょっと控えめになるようにと穴を半分ふさぐ




ブレーキフルード交換

リアブレーキのブレーキフルードの色が濃くなってきてたので交換を実施


以前同時に交換したフロントと比べても濃い、容量が少ないからフロントより劣化が早いのかな?


改めて調べてみるとブレーキフルードは水分を吸っていくとだんだん濃くなり最後には真っ黒になるそうな
真っ黒まで粘る理由もないのでこういうのは気づいたらさっさと交換するが吉

方法は以前と同じ、上から継ぎ足し押しだし方式
よその記事を真似してやってみた方法でしたが調べてみるとwikiのブレーキフルードに関する記述に
この方法で書いてあったので間違いではないっぽい

準備したブレーキフルードは純正のDOT4(前回の残り)

カバーを外してブリードスクリューにシリコンホースを繋ぎ



ちょっとタイラップで固定


リザーバータンクの蓋を外したら


ブリードスクリューを緩める、すると高低差でゆっくりとブレーキフルードが出てくるので



減った分をリザーバータンクへどんどん継ぎ足し
(からっぽになると空気がホースまでいってエア抜き作業が必要になってしまう)


思いのほか出ていく量が少ないので時間がかかる・・・


ホースから気泡が出てくるけどこれはブリードスクリューのネジ山の隙間から吸われた空気
ブレーキペダルを踏んだりしない限りシリンダー側へは向かわないはずなのであまり気にしない

粘度の高いグリスを塗ったら気泡の発生は防げるかもしれない?とブレーキパッド用のシリコングリスちょっと
塗ってみたけどあまり効果なかった、もっと山盛り塗らないとダメかも

比較するとそれなりに色が違う


しばらく続けて出てくるフルードの色が同じくらいになったところでブリードスクリューを締めて完了
おおよそ150ccほど使用



フルードの残り量も微妙だし封を開けた状態で長く保管するのもなんだしってことで使いきる為にフロント側も交換


リアほどではないけど劣化は進行しているようではある


フロント側は250ccほどで入れ替え完了
抜けていく量がリアより早いので注意が必要

あと、マスターシリンダーの蓋を閉める時は溢れてくるのでウエス等で囲んでおくこと!(忘れててこぼした・・・・)
フルードの色は 黄色→茶色→黒 の順で劣化(水分が混じる)していくので黒い人は交換をお早めに





サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


クシタニ Eコーデュラパンツ


トロイリー Revパンツ


Thor Range ジャケット


Thor Range パンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


ABUS Provogue 305


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


TOP工業 ハイパーレンチ


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30 (英語版)


Transystem TripMate852


ドイター トランスアルパイン25


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)