クシタニのEザイロンジーンズ(K-1684)

クシタニのEザイロンジーンズ(K-1684)です



新しいジーンズ欲しいな~とバイク乗る時も気にして「バイク用」のモノを買ってみました。
コミネのケブラーを使ったジーンズものも気になりましたが、クシタニ&エドウィンの名前にひかれてこっちを選択

これは一部分を補強したものではなく全体を丈夫な布「ZYLON DENIM」で作ったジーパン
「ZYLON DENIM」のジーンズはエドウィンから発売されている
 503 ZYRON RIDER JEANS [ザイロン ライダー ジーンズ]
という製品やその他コラボ製品がありますが、それのクシタニ版になります

形はエドウィンの503に準拠している様子

「普通のジーンズ」との違いをまとめると
 ・丈夫な生地を使用
 ・車体を傷つけるリベットを使用していない (ウエスト中央のボタンは金属だけどベルトで隠れるからいいのかな)
 ・膝パットのポケット付(パッドも付属)
という感じ



メーカーの謳い文句
--------------------------------------------------------------------------------------------
ライダーのために生まれたエドウインとのダブルネームジーンズ。シルエットは、スッキリしたストレート。
強度の必要な箇所をチェーンステッチで縫製、リベットの代用として入れた赤いステッチがポイントになっています。
縦糸、横糸の中心となるコアヤーンにレザースーツでも馴染みのあるザイロンを使用しているため、
タフなのに表面は、ナチュラル。引裂強度は、通常のコットンクロスの約2倍。
--------------------------------------------------------------------------------------------

ザイロンについてwikiより
--------------------------------------------------------------------------------------------
ザイロン (Zylon) は、合成繊維の商品名。
2007年時点で有機系繊維の中では最高レベルの引張強度・弾性率を持つ繊維で、防弾チョッキ、コンクリート補強材、
卓球ラケット、F1ドライバーのヘルメットのバイザーシールドなど幅広く使用されている。
正式には「ポリ(パラフェニレンベンゾビスオキサゾール)」 poly(p-phenylenebenzobisoxazole) という物質だが、
一般には商品名であるザイロン (ZylonR) の名前で知られている。
ケブラーに比べ2倍の強度を持ち、弾性率、650°C高い分解温度、難燃性を持っている。
光や熱、湿気にさらされると想定より劣化が早まる性質があり、ザイロン使用防弾チョッキの劣化問題で2003年に
アメリカマサチューセッツ州で東洋紡とセカンドチャンス社に対して訴訟が起こされた。
東洋紡との間では最終的に和解が成立したが、セカンドチャンス社は倒産した。
--------------------------------------------------------------------------------------------

503 ZYRON RIDER JEANS [ザイロン ライダー ジーンズ]の注意書きより
--------------------------------------------------------------------------------------------
1.本製品はザイロンの使用により、デニム生地を補強していますが、絶対に破れないというものではありません。
2.本製品は特に引き裂き強度が強く、破れ目が広がりにくく、裂けにくいという特性を持っていますが、
 強い衝撃や経時変化により破れることもあります。
3.ザイロンは、紫外線や光線によって強度が徐々に低下します。本製品はザイロンをコットンで
 カバーリングしていますが、使用頻度によって強度が低下することもあります。
4.本製品の表面は通常のコットンですので、耐熱性、難燃性は有りません。
5.強化繊維使用のため、機械の巻き込みなど十分注意して下さい。
--------------------------------------------------------------------------------------------


写真色々(サイズは36インチ、すそ上げ無し)



505との比較(リベット部分の有無)


裏返し



付属の膝パッドとパッド入れ部分



表面は普通のジーンズ、裏地は特にゴワゴワしてるわけでもなく「本当に強いの?」と思わせる柔らかい肌触り
通気性も普通のジーンズとたぶん変わらず少し空気を通す(冬はきっと寒い)

膝パットのポケットは位置調整可能(縫い糸を解いて調整)
横のとこで固定されているだけなので間違えてポケットの逆に脚を突っ込む事もあるので履く時は注意
(気付かずなんか膝が窮屈だなと思いつつ屈伸とかしちゃっても破けたりはしなかったので結構丈夫)



パット入りの状態で履くとこんな感じ あまり目立たないかな?


履き心地は布地が固いわけでもなく、突っ張った感じがするでもなく特に目立った特徴なし
普通よりちょっとサラッとしてる?と感じるくらい

当方、脚が太いので内側にプロテクターなどは着けられない感じ
細身の人であれば大きい目で選べば薄手のプロテクターが入るのだろうか?

しばらく履き続ければ少しくらい伸びるのかな? 伸びてもらわないと少し窮屈だが
素材的にあまり伸びないような予感がしないでもない・・・


1回洗濯後

まぁ簡単に色落ちなんかしませんな

強度的には革パンのほうが上でしょうけど、普通のジーンズよりはきっと体を守ってくれる事を祈る!
(コケないのが一番だけど)






※Eザイロンは終わってしまって今は同ポジションの製品はEコーデュラパンツとなっているようです



Eコーデュラパンツ



スポンサーサイト

DRCのフロントフォークスプリング セロー250用

林道で沈みすぎ?な感覚だったフロントフォーク


沈みすぎのように感じるのはスラストベアリングを仕込んでるのとメタボが原因なのでしょうけど
これはこれで気に入ってるので・・・あとメタボはすぐにはどうにもならないので・・・
固めのスプリングに変えてイニシャルを標準に戻したら良い感じになんじゃないかな~と

DRCのフロントフォークスプリング(D35-01-343)に変えてみました

「マーキング」は青色で印がありました
固さは「スプリングレート:LEVEL3」らしいのですが・・・いったいどれくらいなんだか説明不足
でもわかったところで基準が不明だし想像もつかないし、あと代用品も他にないので・・・まぁいいか~


交換手順ですが

車体を浮かす前に各部の強く締められてるボルトを緩めておき



ブレーキキャリパーは外して車体に縛り付け



車体を浮かして



フォークの上部を固定してるボルトを緩めてフォークキャップを緩めておきます



タイヤと泥除けを外し



フォークの下部を固定してるボルトを緩めてフォークを取り外し



今回はついでにフォークオイル交換なのでオイル処理箱を準備



スプリングをゆっくり取り出し(急に抜くとオイルも一緒にいっぱいついてきてこぼれるので)



オイル全然汚れて無いね・・・乗って無いから当然か・・・しばしサカサマで放置



比較するとDRCのスプリングのほうが少し巻き数が少ない? あと線径がちょっと太い様子
(上がDRC)



フォークにオイルを充填



ある程度入れたらインナーチューブを上下させてエア抜きして落ち着いたら油面を計測しつつ継ぎ足し
エアもすぐには抜けませんのでゆっくりと、ひとまず油面は標準の125mmでセット



「青い印を下にしなさい」と書いてあったのでその通りにスプリングを入れる
純正スプリングより太い?のかインナーチューブの内面に擦れてる感じが純正より強いような・・・新しいとそうなのか?



あとはいつものスラストベアリングを載せてカラーを載せて完了



フォークキャップのOリングにはシリコングリスを薄く塗っておきます



フォークブーツも内側を綺麗に拭き取り 細かい埃がビッシリしてる場合が多いです



自分場合はインナーチューブにメンテルーブを塗って良く拭くって手順をいれてます
普通の場合はシリコンスプレーを使うとこですが防錆を優先してます



あとは逆順に取り付け(フォークブーツ忘れにご注意)



フォークは下部を固定後にフォークキャップを本締め(最近はもう手ルクレンチ)して上部を固定



タイヤのベアリングもパーツクリーナーは使わず拭き取りできる分を拭き取りグリスの継ぎ足し
(ワコーズのマルチパーパスグリス ちょう度2)



固いボルトは車体を降ろしてから本締め



一見変わった感じはしないけど跨ってみるとフロントが大きくなったような感覚、沈み込みは減ってるもよう




試走してみたところ
・前ブレーキ時の沈み込みは確かに減ってる
・ハンドルの振動というか振れというか・・・随分強い?
・ちと前が上がりすぎたかな?
・ちょっとスプリングがチューブ内で擦れる音が大きいような
 
スプリングが擦れる音はしばらく乗ったら少し解消、最初はオイルが回って無かったかな?
次交換時のフォークオイルは汚れてそう

沈み込みが固い部分は当然のことですが路面の凹凸を拾いすぎてるような・・・
なんとなく取り付けしつつ予想はしてたのですが、スプリングの線の太さが少しだけ太い分
油面が標準のままだとスプリングを入れた時の残りのエアの量が減ってるのが原因と予想
あとイニシャルをもっと緩めようかなと


・・・メンドクサイけどまた分解して油面を低くします

ついでにカラー短くしてスラストベアリング込みで純正の長さに調整しようと



5mmだけ切りたいのですが経験上うちにあるパイプカッターでは失敗するのが目に見えてるので
あとちょっと錆がでてきてるし・・・

ってことでカラーの代用として塩ビパイプを急いで購入(VP管20)



塩ビパイプをカラーとして使う記事は見た事あるので問題ないかな~と、
あと他の車種でスプリング買ったらオマケで塩ビ管が付いてきたとかいう話も見た事あるし大丈夫かと


元のカラーは129mmなので 124mmを目指してカット、あとはヤスリなんかで平らに整えて微調整して同じ長さに
(スラストベアリングはワッシャーも含めて厚み4mmなので1mm分イニシャルがマイナスになるようにしてます)



比べるとこのくらい



インナーチューブの径は29mm位なのですがこの塩ビパイプだとちょっと遊びが大きいので
(これより1サイズ上だとインナーチューブに入らない)
丁度良さそうなスプリングを買ってきて少し切ってスペーサー代わりに



切断面が鋭利になってるのでヤスリで削ってチューブを傷つけないように加工



あとは組み付け



塩ビパイプを使用したことによってその厚み分さらにエア量が減ると思ったので
一気に油面:145mmで調整


試走してみて・・・もうちょい・・・ってことでイニシャル調整でスラストベアリング用ワッシャーを2枚(2mm分)追加



短い林道をちょっと走ってみたけど、確かに沈みすぎは少し改善
スラストベアリングの沈みすぎ分は相殺できたか?もう元のをほぼ忘れてるけど・・・
舗装路での走行も特に問題は無し、舗装路のほうは少し乗り安くなった気がしないでもない

もっと固く沈まないものかと思ってたけどそうでもなかった感じ、でもこれくらいで良いのかも?と後から思う

でも油面は140mmでも良かったかなぁ・・・以前試した時のような酷くフワフワした感じは無いけど
しばらく様子見て再調整しようかなと思います








20150420サス調整現在値
----------------------------------------------------
フロント
オイル:YAMAHA G-10 (ノーマルはG-15)
スプリング:DRCフロントフォークスプリング(純正より固め)
油面:145mm (規定値:125mm)
突き出し量:0mm
カラー長:124mm(塩ビVP管)(純正カラー:129mm)
その他:スラストベアリング+ワッシャー2枚(合計4mm)
    イニシャル調整用ワッシャー2枚(合計2mm)
    純正スプリングシートは抜き取り済み

----------------------------------------------------
リア
シートに乗った時のサスの残りストローク量:20mm
(無荷重でのストローク量:約50mm)
その他:トリッカー用リンクプレート交換済み(純正よりちょっと短い)

----------------------------------------------------




DRC フロントフォークスプリング D35-01-343[SEROW250 [セロー]]



StreamTrailのポケットマスターDX Sサイズ

ネタ切れ中につきモノの記事で・・・
Stream Trail(ストリーム トレイル) のPOCKET MASTER DX Sサイズです




昨年のにわか豪雨被害を思い起こし、濡れると困るモノ(カメラ・財布・タバコ)
の避難先として買ってみました。

本当は防水ウエストバッグを買ってみようかな~と探していたのですが
(流行り?の四角いビニールを圧着したようなやつ)
気に入るようなバッグはどこもかしこも売り切れ在庫なし・・・
諦めかけたとこに見つけたのがコレ、ベルト通しもあるし既存のバッグやザックにも付けられるかな~と


蓋の部分は折り返しのベルクロのみで取りだしも容易なタイプ
淵の部分にカラーが入っていて水が入らないように折り目を維持してると思われる
容量は財布(2つ折)とカメラとタバコ一式を突っ込んでも余裕ある感じ
缶コーヒーはくらいは入るけど500mlのペットボトルは入らない
折り返しだけなので潜水などには耐えられませんが雨くらいなら十分いけそうです


ストリームトレイルというブランドの防水関係の商品はなかなか良さそうなのですが
なぜか防水タイプのウエストバッグが無い
ザックもショルダーバッグもあるのに・・・なにか理由があるのかな?







StreamTrail POCKET MASTER DX-S




バーコのモンキーレンチ 8071C

バーコ(BAHCO)のモンキーレンチ 8071Cです



バーコのスタンダードモンキーエルゴ80シリーズはブラック仕上げとクローム仕上げがあって
これはクローム仕上げのほうでブラック仕上げより錆に強いのだとか

長モノ工具納めてる場所がちょっと浸水するもので少しでも錆に強いものを・・・ということで車載用で買い増しです。
錆させたTOPのハイパーレンチもお気に入りなのですがこれにはクロムバージョンが無くて・・・


バーコ(BAHCO)のモンキーレンチといえばバイク雑誌の車載工具特集なんかで良く出てきてており
知る人も多いと思いますが、アゴのガタつきの無さはなかなかのもので使っている人が多のも納得な品
精度以外でもウォームを回しやすくする為に溝を作ってあったり、手が痛くないように柄に厚みがあったり
でもウォームの油を切らした状態でボルトに挟んで締めこむと固く締まりすぎて緩めるのに一苦労な事もあったり・・・
まぁ・・緩むよりはるかに良いからいいですけど

バーコに限らずある程度良い値段するモンキーだとコピー用紙にぶら下がるってのはあたりまえなので


「引っ張ると紙が千切れる」くらいがちょうど良いかと



既にもってる同じくらいのサイズのTOP工業のモンキーと比較すると
パッと見た目では頭の大きさ、角度、あと柄の部分の形状に差があります


頭がコンパクトなのは対応ボルトのサイズの上限が下がりますがちょっと狭いとこに入りやすいという利点もあります
柄の幅が広いのも力を掛けやすい利点がありますが収納時にかさばりやすくなる
どちらを選ぶかは趣味しだい


その他のバーコのモンキー達


クローム仕上げとブラック仕上げの差


両方ザラザラしてて色もピカピカでもなく落ち着いた色合い
本当に錆に対する差があるか謎ですが・・・迷ったらクローム仕上げのほうでいいかも





モンキーレンチは汎用でお気軽な工具と見られ「なめやすい」として整備ではお勧めされない工具ですが
精度の高いものをまじめに使うとそうでもありません
普通にアゴに遊びがある固定のオープンスパナのほうがなめやすいです

モンキーレンチは「メンドクサイ工具」です

モンキーレンチの作業工程は以下のように5工程
①ボルトに合わせて
②ウォームを回してアゴを調整&締めこみ
③回す
④ウォームを回して緩めてボルトから外す
⑤そして①にもどる

コレがソケットレンチとかだと3工程
①ボルトに合わせて
②回す
③そして①にもどる

精度の高いモンキーだといったんシッカリとアゴを締めこむと引っ張ったくらいではボルトから外れませんので
締める緩めるの余分な工程があり「メンドクサイ」です
これをサボろうと緩くアゴを締めてると遊びがオープンスパナ並みになってしまい「なめやすい工具」になってしまします

モンキーを使用の際には「急がず確実に」を心がけるようにご注意を









バーコ/BAHCO スタンダード・モンキーレンチ エルゴ80シリーズ 8071C (長さ205mm)



バーコ/BAHCO スタンダード・モンキーレンチ エルゴ80シリーズ 8070C (長さ155mm)




サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


クシタニ Eコーデュラパンツ


トロイリー Revパンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


NGKプレミアムRXプラグ


NGKプラグキャップ


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


ABUS Provogue 305


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


TOP工業 ハイパーレンチ


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30 (英語版)


Transystem TripMate852


ドイター トランスアルパイン25


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)


TGR
パフォーマンスリアショック