セロー250に右側サイドスタンド

AG200など農業用?バイクには右側にサイドスタンドがついてます、消防セロー(クイックアタッカー)にもついてたり
なんだかうちのセローにも付けてみたいなと・・・
右側サイドスタンドは製品として売って無いので、なんとか既製品でどうにかできないかと挑戦です

これはモンキー・ゴリラ用の長さ調整付きサイドスタンド
接地部分が回転するのでどうにか縦につければ右側に付けられるのではと



商品の注意事項で「仕上げ加工処理を大幅に省いて安さを実現」的な事を書いてあったのですが
その通り表面はなんだがブツブツがいっぱいです

後でヤスリをかければいいかなと早速合わせてみる


スイングアームの縦が50mmほどなので丁度良いコの字のステーで


裏側などにある溶接跡とブレーキホースが邪魔で50mmピッタリのステーだと取り付け位置は限定されます



クイックアタッカーの取り付け位置を参考にスイングアームのこのあたりに
ひとまずこんな感じで、しかし足が短くて足りない・・・



部品を買いにホームセンターに走り・・・12mmのネジサイズの羽子板ボルト
これをちょっと曲げて取り付け



恐る恐る立ててみる・・・


スイングアームに傷が入っていくのがわかる・・・なんだかしなってる・・・すげー不安・・
ですがどうにか立ちました

不安定感をどうにかする為にステーを固定してる位置を変えたりもしていましたが、どうにも不安解消にならず



原因はステーの強度不足とボルト固定の位置の悪さ、あと足の開いている角度の大きすぎ
ステーは変形してました



一番の原因はたぶん足の開いている角度、この開きすぎで余計な力が掛かっている



コレがもう20度くらい立ってくれれば・・・
どうにか曲げようとするものの曲がってくれない(簡単に曲がらないのは当然か)



しばらく考えましたが厚い板部分を曲げ加工する方法が現状の道具では思いつかず
ちょっと甘くみてました・・・思ってたより頑丈ですね


今回の右側サイドスタンド取り付けは断念、スイングアームに傷を入れただけで終わってしまった
う~む・・・難しいなぁ・・・
官庁用のパーツ市販してくれればいいのに・・・







ZHHC893 ヒロチー商事 サイドスタンド ブラケット付 長さ調整機能付き 黒 モンキー/ゴ...




スポンサーサイト

セロー250のキャリアを大型化してみる

セローのAG風味模様替えの流れでキャリアをちょっと大きい感じにしてみたいなと
ツーリングセローの大きいキャリアも考えましたがちょっと後ろのほうに長さが欲しくて・・・
色々調べて準備しましたのはYAMAHAのギアってビジネススクーターのオプションのキャリアです



これは「リアキャリア タイプA」というもの(タイプBは後ろがまっすぐ)
値段なり?の作りといいますがあまり美しい仕上げでもない
フックの溶接位置も一部中心からずれてたりしてますが丈夫そう
コスパ重視ってことであまり外見は気にしないでおく

結構重くて約3.1kg


取り付けは届くまではGiviの波プレートで固定するつもりだったけど


実際に合わせてみるとどうにも取り付け穴の位置に無理がある・・・


結構時間かけてパーツの合わせと検討後に作業開始


まずベースになる今のキャリアの補強
通常の場合はセローのリアフェンダーのパーツは裏側のフレームから支えが当たってますが
フェンダー延長の影響で浮いてしまってるのでココに樹脂を重ねたものを強力両面テープで貼り付け
シッカリ支えられるように処理



その支えてる部分とキャリアにゴム材(戸当たり)を少し削ったものを挟んで5個所で支えるように
(このゴムはムギューっと挟まってるだけ)



追加キャリアの固定はシートが外せるギリギリの位置をステーを挟んだり調整しつつ
角ボルト(8mm)を使ってこの位置でなんとか丁度良く固定できました
ナットは緩み止めのナイロンナットで厳重に、怪我防止&フックとしても利用できるように袋ナットもつけてます





ひとまず荷物を載せて見る

ドイターのトランスアルパイン25(高さ:48cm)


RVボックス400:幅約42×奥行約37.5×高さ約33


ザックをそのまま積んでもはみ出さないし箱の座りもなかなかの出来栄え(*´Д`*)

そのままちょっと近い山のほうへ走って記念撮影


後ろに倒れそうな感じがしないでもないが・・・まぁ良し・・・


帰ってから乗ってみてわかった補修個所があったので修正

ジタバタした際にシート近くの出っ張った部分にお尻を強打したのでホースでカバー
厚いスポンジを巻くと足が引っ掛かりそうだったので控えめに、たぶん無いよりマシ程度だけど



乗る時にぶつけそうな角のとこもカバー



荷物を積んだ際にリアウインカーがトラックの運ちゃんからあまり見えないのでは・・・と後方へ移設



途中で切って線を延長し



ねじりステーを曲げてナンバープレートのトコに挟み込み


これはちょっと高くなりすぎたので曲げ直し、ステーもプレートの裏側にくるように場所替え(強力両面テープも併用)



この位置ならナンバープレートにも少し反射するだろうしいいかな?ということでひとまず完成


巨大な荷物を積むような場合はなかなか便利に使えそうな感じ
でも3kgくらいとはいえ、高い位置の取り付けなのでやっぱり重くなったのは感じます、曲がる時の倒しこみ時は特に
ま~トラクション発生器ということで・・・ほら・・・わざと重くするカスタムもあるらしいし・・・

荷物満載な方はいかがでしょうか







Y’s GEAR ワイズギア【ギア用】リアキャリア タイプA




ハンドル交換 STEALTH アブソーブ TXC2

注文してから半年後くらいでようやく届いたSTEALTH(ステルス)のアブソーブTXC2とその他一式



アーマーハンドガードをステーでフォーククランプと連結してハンドルをガチガチに固めてた状態から
サイドマウントに変えた時に手に伝わる振動とかが随分変わったので、しなり?が特徴のテーパーハンドルとは
どんなものかなと興味あったので
あと少し手前側にハンドルが来てほしかったので引きが強く全長が短いモノでさらに変換マウントが合間にくるので
なるべく高さが低い物を探したらステルスのTXC2にいきつきました。


ハンドルサイズは  全長:775 ,高さ:80 ,引き:70



合わせて買ったユニバーサルテーパーバーマウントとバーパッド





グリップは今回プロテーパーのピロートップ
この形状はお気に入りなので本家?のプロテーパーのをお試し
(クローズドエンドタイプなのアーマーハンドガードの取り付けは穴あけ加工が必要です)



外から見ると違いが分かりにくいですが径が違いますのでアクセル側とクラッチ側で間違い注意
ハンドルにつけてみてスッと入っていくのがアクセル側、クラッチ側はギュウギュウです



あと忘れてはいけない隠れた重要部品の純正パーツの輪っか、スロットルチューブとグリップの間に挟みます
歪んでいなければ再利用もOKと思われるけど自分は交換の都度新品に変えてます



まずレバーやスイッチを取り外し以前のハンドルを取り外し



ちょいと比較







サイズは①純正 ②ZETA CX ED-Medium ③STEALTH アブソーブ TXC2

①全長:760,高さ:91,引き:78
②全長:795,高さ:107,引き:72(両端10mmずつカット、バーライズキット+19mm)
③全長:775,高さ:99,引き:70(ユニバーサルテーパーバーマウント+19mm)


ZETAの数値は加工とマウント込み、ステルスのはマウント込みです
おおよそ変わらない引き量で少し狭く低くなる感じ
あとほんの少し軽量、(マウントが重いから軽量化にはならないけど・・・)

ユニバーサルテーパーバーマウントの高さは19mmのバーライズキットと同じくらい
ハンドルが太い分実際はもう少し高い事になるかな?



取り付けにおいて最初に悩んだのはユニバーサルテーパーバーマウントの取り付け方向



説明書も無く方向がきまってるようでもなく、ステルスのマークはどっちとも取れるし・・・
しばらく悩んでたらバーパッドの溝があるのに気付く・・どうやらこういう感じで正しいらしい


前後同じっぽいのでマークの方向は入れ替えればどっち向きにもできる


次にレバーやスイッチ類を取り付けできるかどうかの確認
カットするつもりなら事前に確認しておかないと曲がり部分にレバーがきたりして後悔します


どうも微妙に曲がり始めのとこまできててカットはできなさそう


チェックが終わったらグリップの取り付けですが
まず最初にクラッチ側のハザードスイッチとグリップの間にあるプレートを移植するのを忘れてはいけません



このプレートはグリップのツバとスイッチが接触して固くならないように滑らせる為とスイッチの保護の目的が
あるもののようです



しかしZETAのハンドルはスッと入ったのだけどステルスのはギザギザが強いようで・・・引っかかってはいりません・・
ヤスリで少しずつ様子をみてプレートの穴を拡大しどうにか装着



弾性接着剤を少し塗りグリップをグリグリ押し込み(これは接着剤が多すぎたので拭き取りつつやりました)



スロットルチューブ側はいったん以前の接着剤を頑張って落として



プレートを先に通してから接着剤を薄く塗ってグリップ装着
このプレートもグリップのツバが引っかからないようにする為のものなのでお忘れなく



両方グリップをはめたらワイヤリング
今回の新兵器:ワイヤーツイスター



最初は加減がわからずネジ切ったりしてしまったが慣れてくると恐ろしく綺麗に仕上がる



先端は刺さらないようにグリップの中に埋め込む



次にグリップエンドの加工
アーマーハンドガードを付ける都合で切り落としします



中央にアンカーが通るだけの穴を開けるのも考えましたがそれだと自分の場合ガードに接触してスロットルが
引っかかるので綺麗にチューブの先端を露出させます



クラッチ側も同じように



アーマーハンドガードを取り付けて(写真のはバーエンドプラグを加工して挟んで取り付けてます)



バーパッドも取り付けて
(思ってたより太い・・・鍵が回しにくい・・・けど新鮮な感じ)



転倒してアーマーハンドガードに押しつけられてアクセルが戻らなくならないようにハンドルをチューブから
少し飛び出るように隙間を開けておくようにしてます



あと気付いた点はグリップのツバがクラッチに干渉していない事



以前のprogripのグリップはツバの外側にもワイヤリング用の溝がありその分外側にきててレバーを絞ると
少しぶつかってました、気になるのでツバをカットしてましたが今回はそれが必要なさそう



ここしばらくはprogripのばかり使用していたのでそういうものかと思ってましたが、この部分はプロテーパーの
グリップのほうが正しそうです

グリップドーナッツを忘れてたので移植



乗ってみての所感
・グリップの握り心地はprogripの同じタイプと比べて少し細く少し固いかも(肉薄?)、滑りにくさは同等
・タイヤ由来と思われる細かい振動についてはあまり差を感じないが舗装路の凹凸などの振動は少しだけやんわり?
 したようなしないような
・頑張ってハンドルを引いたり押したりするものの体感できるほどシナルわけでもなかった
 (わかるくらい曲がったらそれはそれで怖い)
 グリップが少し固くなり、アーマーハンドガードも強く固定されているのでプラスマイナス0に近いか?
・ハンドル幅が狭くなった分だけ少しハンドルが手前に、少しだけど姿勢が楽に
・アーマーハンドガードのアンカーの食い込みがやたら良いので取り外しに一苦労
・鍵が非常に回しにくいのでバーパッドはあとで外すかも


まだ林道走って無いので舗装路だけですがこんな感じ
林道の凸凹道だったらもっと違いわかるのかな?その前に以前の感触を忘れそうだけど・・・
強度については転倒してみない事にはわかりませんがなにか起きたらネタにでも
ハンドルはさておきプロテーパーのグリップはなかなか良いものかと思います。







STEALTH ステルス TAPERバー アブソーブ TXC2



STEALTH ステルス Universal テーパーバーマウント



プロテーパー(ProTaper) PILLOW TOP グリップ


セロー250のフェンダー再延長とリアフェンダー黒色化

忠男さんのエキパイを買ってみたのですがその形から落ち葉ストッパーを外す事になりそうなので


以前に塩ビ板でフロントのアンダーフェンダーの延長をしましたがこれをさらに延長しとこうかと


リベットをネジザウルスでちぎり取り取り外し



樹脂まな板で4cmほど長く再作成し取り付け


こんな感じに



しかし試走してみましたが・・・なんだか思ったほど効果アップが見られない・・・
フェンダー延長についてしばし調査し、ヤマハのAG200に行きつく
これくらい大胆に延長しないとダメかな?



大きく泥除けを延長するなら多少は横に広くないとダメっぽい
このAG200延長フェンダーの形状を参考に再作成してこんな感じに巨大化
大型化に伴い固定のリベットも増量



相変わらず材料は樹脂まな板、適度に硬く、適度に柔らかい
隙間に土が溜まりそうだったので木工ボンドで隙間を埋めてみました



タイヤとの隙間を取る為のステーも取り付け位置を少し変えて後方ずらし
(低頭ネジを使ってフォークに干渉しないようにしてます)



見た目ではスキッドプレートに当たるくらいまでには押さえられそうではある





前がAG200のようにするのであればやっぱり後ろも合わせて・・・リアキャリアを大型化する方法も検討中なので
後ろも塩ビ板で以前作っていたのを見直しする事に



検討した結果AG200純正の延長フェンダーをお取り寄せ
自作もできない事は無かったけどYAMAHAのロゴがステキだったので
軟質樹脂?っぽい大きい表側と硬い樹脂の裏側の支え部分です、AG200は組み合わせて装着されてるらしい




ついでに、いつかやってみようかと準備していた黒色リアフェンダーも交換してみる
(ナンバープレートを支えてるゴムとテールランプとの接触部分用のスポンジもセットで)


これはベージュのセローのリアフェンダーが黒いのはフェンダーレスかのように見えるように
視覚効果を狙ってるのではと憶測に基づくカスタム
随分前に取り寄せてたけどなかなか手が回らず今回合わせて実施
YAMAHAの壁紙からの抜粋だけど

こんな感じにリアだけ黒いと白色よりちょっと印象が違って見えるのを狙って


まずはリアフェンダーの交換から

どうもキャリアと同時に外さないと良い感じで外れ無さそうなので掃除も兼ねて全部外してみる


テールランプにつながるケーブルもタイラップをカットし、バッテリー近くにあるコネクターを外し
フェンダー裏にあるケーブルまとめてる部品も解除

掃除と錆止めとかして


テールランプをフェンダーから取り外しグロメットを移植


黒いほうに一緒に注文してたナンバープレートを支えるゴムとテールランプ上部との接触部分のスポンジを貼り付け


グロメットをセットしてケーブルを通し


キャリアと一緒に取り付け

少しはシュッとして見える?


続いてリアの延長フェンダー取り付け

フェンダーを固定してるボルトで挟もうとするもののちょっと位置が合わないので少し削って調整
邪魔になる縦の出っ張り部分もちょっとカット



フレームとフェンダーで挟むと少し浮きあがってしまいボルト位置が合わないのでカラーは使用せず取り付け


問題が出たのはナンバープレートの取り付け・・・
泥除けを付けると裏側からナンバーのナットを締められない状態に


場所の問題で泥除けとナンバー、どちらかを先に固定すると後のが締められない
悩んだ挙句にナンバープレート固定部の側面に穴を開けて、ラジオペンチでナットをつまんで締めました
ナンバーフックが使えなくなったけどしょうがない


そしてこう!



う~ん・・・なんだか思ってたより後ろに伸びたが・・・それはそれでOKだ

あとは右サイドスタンドとフロントキャリアでもつければ「AG250」になれるのだが
右サイドスタンドのほうが難問だなぁ・・・消防セローについてたはずだけどあれは売ってるのだろうか特注かな?





第二回ケミカル防錆性能テスト結果考察

今回の 第二回ケミカル防錆性能テスト の結果は以下のようになりました


テスト条件
・錆発生の定義:カッター2枚両方に錆が発生した場合「錆びた」と判断する
・ケミカル方法:パーツクリーナーで脱脂後にスプレーを十分噴射、軽く振って余分な油を落とす程度で拭き上げない
・塩水をなるべく均等に噴霧(1回あたりで均等に行い、回数などは日数が経つにつれて増加しムラあり

 注)潤滑性能、浸透性能などはまったく考慮していません、防錆性能のみです
   今回は拭いたりしてない状態で行いましたので塗布後にウエスで拭くなどすると違いがでる可能性あり


結果は以下のように

日数:銘柄
-----------------------------------------------------------
「錆びないにもほどがある」グループ
58.0以上 :20.WAKOS メンテルーブ(旧缶)(もう販売されてないので中断)
  ※1点錆は出てるので予想は62くらいか?もはや誤差かも
58.0 :21.WAKOS メンテルーブ(新缶)

「優秀で申し分なし」グループ
35.5 :19.WAKOS チェーンルブ
31.5 :15.AZ 長期防錆オイル
31.5 :18.WAKOS ラスペネ業務用
31.5 :28.タイホーコーザイ クリンビュー601K48
29.5 :07.KURE 6-66
25.5 :04.KURE スーパー 5-56
25.5 :10.AZ スーパーオイルスプレー PRO

「結構がんばったね」グループ
23.5 :05.KURE 2-26
23.5 :13.AZ オイルスプレー Z-45
20.0 :01.KURE 5-56
20.0 :02.KURE 5-56 無香性
20.0 :06.KURE 3-36
20.0 :12.AZ 潤滑防錆浸透スプレー 超極圧・水置換 CKM-001
20.0 :25.YAMALUBE スーパー防錆潤滑浸透剤
20.0 :32.Holts トップオイル

「もう少しがんばれ」グループ
13.0 :17.WAKOS ラスペネ
9.5 :11.AZ 潤滑防錆浸透スプレー 極圧・水置換 KM-001
7.5 :16.AZ チェーンルブ ロングライフ

「防錆なんて本来の仕事じゃないですよ?」グループ
2.5 :03.KURE スーパーチェーンルブ
2.5 :09.KURE シリコングリースメイト
0.5 :08.KURE シリコンルブスプレー
0.5 :14.AZ 滑るグリーン シリコンスプレー
0.5 :22.WAKOS シリコーンルブリカント
0.5 :23.WAKOS フッソオイル105
0.5 :24.WAKOS トリプルアール15W-50
0.5 :26.YAMALUBE プレミアムシンセティック10W-40
0.5 :27.YAMALUBE フォークオイル G-10
0.5 :29.コロンブス アメダス
0.5 :30.プロスタッフ 防錆潤滑剤 無香性
0.5 :31.プロスタッフ シリコンスプレー
0.5 :33.BOLL 錆止めオイル
0.5 :34.GA チェーンソーオイル
0.5 :35.サラダ油
0.5 :36.なにも無し
-----------------------------------------------------------



所感

★「錆びないにもほどがある」グループについて
メンテルーブがブッチギリの性能を見せつけてくれました
あんまり錆びないものなので終盤のスプレー量は初期に比べ2~4倍になってました
この結果を見ると多少臭いのは我慢しても使う価値ありと言えます
少し風通しの良いところにしばらく置いておくと匂いは多少マシな程度にはなる
メーカーの名声も高いし防錆以外の性能についても十分期待できる

フッソ配合のケミカルは他にもあるけど大差がついたということは
なにか強力な被膜形成能力があるかな?と思われる
個人的には匂いは多少我慢して防錆油の定番として今後使用の予定


★「優秀で申し分なし」グループについて
WAKOS チェーンルブ、WAKOS ラスペネ業務用、タイホーコーザイ クリンビュー601K48 など
フッソやテフロンなどが配合されている製品はこのクラスになるもよう
AZ 長期防錆オイルは粘度が高く油膜を維持し水に流されないなかなかの性能と言えるが
粘度の為かカッターの裏側に入り込めず錆びてきた、シッカリと全面に塗布を行えるならば高性能のようです
KURE 6-66はKURE族の中ではトップの防錆性を発揮、KURE製品で防錆するならコレ


★「結構がんばったね」グループについて
多くのフッソなどが無配合でかつ水置換性能を謳ったケミカルがこのグループになると思われる
KURE 2-26はなんだか粘度だけでこの位置に潜り込んだ感がある
ケミカルでKURE5-56などは下に見られる傾向があるが結果としてはほぼこのグループに入った
日常の入手しやすさとコストと使い勝手を考えるとKURE 5-56 無香性が優秀
(自分は職場の椅子のキーキー鳴るのを止めるのに持っていってる)


★「もう少しがんばれ」グループについて
業務用のラスペネはフッソ配合だが無印のラスペネにはフッソは入っていないその分の差がでたかな?
AZ 潤滑防錆浸透スプレー 極圧・水置換 KM-001は上位「超極圧・水置換」があるので順当なところ?
AZ チェーンルブ ロングライフといっても防錆についてはあまり振るわなかったがチェールブとしては順当か


★「防錆なんて本来の仕事じゃないですよ?」グループ
シリコンオイル、フッソオイルは潤滑のみであり本来は防錆性は皆無なので妥当なところ
フッソ入りは高性能とはいえ本当にフッソだけのフッソオイルには防錆製はない模様
はっ水スプレーなども混じってますが、あれって完全に水分を防いでるわけでもないんだなぁ・・・とわかった
チェーンソーオイルは潤滑にはいいかもしれないが防錆は期待できない様子
防錆を謳っていながらこのグループ入りしてるのが何個かありますが・・・深くは言うまい・・・






第一回テストからの懸案だったKUREシリーズの性能は防錆に関しては十分な性能があるようです
シリコンオイルはいくら厚く塗ってもダメあとフッソオイルはシリコンオイルの上位?ということで防錆性能ほぼ無し

塩水を拭きつけるという特殊な状態でしたが、屋内で水に触れないところであれば「もう少しがんばれ」グループ以上の
ケミカルは十分な性能があると判断してます
屋外なら「優秀で申し分なし」グループ以上かな~
今回の為に結構な量の油が・・・全部消費しきるのは十数年後か?

手作業でのテストでしたので日数の数値は曖昧さがありますが、なにかの参考にでもなれば~





ワコーズ メンテルーブ




サス関係調整メモ20150503

以前に固くした分のリアショックの初期荷重を少し柔らかめに戻し
フロントをいじった影響かお尻にドスンくるのが気になり始めたので・・・

いつものようにカウルを外して隙間から貫通ドライバーでリアショックのリングを叩いて調整


上側のロックナットを先に緩めてからコンコン叩いて一周分緩め方向へ
タイヤを浮かしてやらないと回らないので注意



何度もやってるけど今のところリングが割れたりはしていない
でもあんまりやりすぎるとどうなる事やら・・・


そういえばバイク雑誌立ち読みしてたらサス屋さんのテクニクスから
セロー250用パフォーマンスリアショックが夏くらいに予定されているとか書いてあった
情報は雑誌中でしか確認できてないけど・・・本当にでるようなら考えちゃうなぁ・・・






20150503サス調整現在値
----------------------------------------------------
フロント
オイル:YAMAHA G-10 (ノーマルはG-15)
スプリング:DRCフロントフォークスプリング(純正より固め)
油面:145mm (規定値:125mm)
突き出し量:0mm
カラー長:124mm(塩ビVP管)(純正カラー:129mm)
その他:スラストベアリング+ワッシャー2枚(合計4mm)
    イニシャル調整用ワッシャー2枚(合計2mm)
    純正スプリングシートは抜き取り済み

----------------------------------------------------
リア
シートに乗った時のサスの残りストローク量:18mm
(無荷重でのストローク量:約50mm)
その他:トリッカー用リンクプレート交換済み(純正よりちょっと短いので硬めになる)

----------------------------------------------------

サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


クシタニ Eコーデュラパンツ


トロイリー Revパンツ


Thor Range ジャケット


Thor Range パンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


NGKプレミアムRXプラグ


NGKプラグキャップ


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


ABUS Provogue 305


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


TOP工業 ハイパーレンチ


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30 (英語版)


Transystem TripMate852


ドイター トランスアルパイン25


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)