セロー250にPDバルブ装着とフォークの分解

前々から気になってたPDバルブを買ってみたので装着です
フロントフォークの分解整備もやってみたかったので消耗品のシールだとかもまとめて交換し重メンテも一緒に


PDバルブとはこんなのです
サイズは29mm




英語の説明書と日本後の説明書付き



ステッカー2枚付属



分解してみるとこんな感じ


1個所だけ穴が空いてる、他の凹みは調整用に追加できるようになっているのかな?


もうネットに記事も色々上がってるのでセローユーザーならどこかで見た事あるかと思われますが効果は

・急な凸凹(段差や道の大きな凸凹)
  →フォークオイルの流速早い
    →バルブが大きく開く
      →ダンパー効果低め
        →シュッと素早くフォークが縮む

・緩い凸凹(舗装路の微妙な高低差やカーブやブレーキの荷重など?)
  →フォークオイルの流速遅い
    →バルブがあまり開かない
      →ダンパー効果高め
        →フォークが粘る?

みたいな感じで路面に合わせて賢く減衰自動調整?のようなものらしい

カートリッジ式フォークと同じ原理でカートリッジエミュレーターと呼ばれたり?
でもカートリッジ式のバイクなんて乗った事ないからよくわかんない・・・
よくわからんがとにかくなんか良さそうな気がする



天気の良い日に作業開始


カバー類を外して



ブレーキキャリパーを取り外し適当に車体に縛り付け



車体を持ち上げる前にアクスルとフォークキャップを緩めておきます
フォークキャップはトップブリッジの締めてるとこを緩めておかないと回らないので注意
(フォークキャップは外してしまわないように、持ちあげずにキャップを取るとスプリングが飛び出してきます)



車体を持ち上げてタイヤを外し、フォークも外し
フォークは真っすぐグリグリとねじりつつ無理な力が加わらないように慎重に引き抜き



フォークオイル抜き(まだ綺麗だし再利用しても良かったかな・・・)
しばらくサカサマにして放置



ここまでは今までフォークオイル交換でやってた工程ですがこの先が初の領域なので
サービスマニュアルを見つつ進めます


細いマイナスドライバーで少しずつクイックイッっとこじってダストシールを取り外し



これは~どうなんだろう・・・汚い?のかな?切れたり欠けたりは無い様子



次にオイルシールの脱落を押さえているスプリングの取り外し



スプリングの切れ目があるのでそこの近くからまたマイナスドライバーでインナーチューブに当たらないように
慎重に取り外し



外れた



次にフォークの底のとこのボルトを外すのですが中から押さえるものが必要



まず25mmほどの塩ビパイプを使ってみたけど滑ってダメ



押さえを木の棒に交換し、さらに滑るのでアクスルシャフトを取っ手にして体重をかけて下に押さえつつ
どうにかボルト取り外し完了


あとはインナーチューブを引き抜くらしいのですが
サービスマニュアルにはフォーク下部を固定しユックリ引き抜くとあるけど・・・固定するものが無いので

まぁ・・・いいかな・・・と大雑把な心で
カツーン、カツーンっとインナーフォークを前後に軽く動かし内側からブッシュにメタルスライドをぶつけて
ちょっと強引に叩き抜き



分解してみるとこんなのが入ってました
ひとまずサービスマニュアルと付合わせて同じっぽい事を確認



中身のダンパーロッド
これの上部はなんだか複雑な内部構造で圧入されて組まれてる?分解はできなさそう



ダンパーロッドの上にPDバルブが載る感じになる予定
でも凸凹部分は一致していない、たぶんそのままでもいいのかな



さてさて、左側の分解が終わったので次は右側っと・・・ダストシールを取ったところ・・・
ぉぅ・・・錆・・・



なんかどこかの記事で見たような見事な錆具合・・・なんか欠片見えるし・・スプリングが錆びてました・・・



細かい錆の粉もでてて見るからにフォークに悪そう
そして錆がこびりついてなかなか取れない・・・爪楊枝とかでこすりつつどうにか掃除



錆にはビビったけどどうにか分解完了右側は錆安いとかあるのかな・・・
確かにハンドルロックして止めてる時は左よりは雨に濡れそうな位置にあるがそれが原因?



次にPDバルブの為のダンパーロッドに穴あけ加工


ダンパーロッドの先のこの穴
普通はこの4mmの穴2個で抵抗を発生させダンパーとしての役割をもたせている

今回PDバルブがダンパーの役割をするのでこの穴を拡大と穴を増やしキャンセル状態にします
説明書には29mmのバルブの場合8mmの穴を合計6個に増やすべしとある


個人でPDバルブを装着する場合はこの穴あけ加工がネックになりがちですが
この為に準備しましたのは・・・ステップドリルと垂直ドリルガイド



ステップドリルにはやりすぎないように印をマジックでいれて色でわかるようにしておき
できるだけ固定し・・・オイルを吹きかけ・・・ドキドキしつつ



ウリャーっと



割とすんなり拡大できました、8mmのとこで反対側にもドリルが届いてしまうのでちょっと手間取りましたがどうにか



比較すると8mmの穴って結構大きい・・・
PDバルブの流路の大きさからするとこれでも十分な気が・・・
う~ん・・・でも丁度良いサイズではダメかもしれないし・・・・

ってことで合計4つの穴までにすることに
説明書には元の穴から10mm上下の位置に90度の角度でとあるが下側に10mmはどうにも無理が・・
なので上に10mmの位置にポンチで穴を開けてステップドリルでグリグリーっとこんな感じに
(少しだけザグリを入れてみました)

結果的にはキレイに90度ではないですが細かいことは目をつぶって・・・


あとは十分にバリ取り、内側のバリが頑固でドリル作業よりこっちが時間がかかる


穴4つだけどキャンセルには十分な大きさかな~と



ここから折り返し

新品交換推奨の部分は交換しつつ組みます

純正部品 で準備したのは
品番[240-23114-00] ガスケツト
品番[5JX-23144-00] シ-ルタ″スト
品番[5JX-23145-00] オイルシ-ル
品番[4A1-23156-00] クリツフ゜オイルシ-ル
品番[5JX-23125-00] メタルスライト″ 1
品番[5JX-23171-00] ヒ゜ストンフロントフオ-ク
品番[1N1-23158-00] ガスケツト
品番[09448-15004] スフ゜リンク″


ダンパーロッドを抑える道具は分解時の教訓から改良し木の棒をちょっと削ってビニールテープを巻いた物を準備
(削れて木の粉が出るのを抑えつつ滑り止めとして)



まずインナーチューブブッシュを交換、すこーし広げてグリグリ


そんなに削れてるように見えない・・・まだ良かったかな・・・


ダンパーロッドに付いていた各パーツを戻し


インナーチューブのなかにそっと差し込み、そしてそのインナーチューブをアウターチューブに戻し

木の棒で押さえつつ底のボルト止め
ここの胴ワッシャーは新品交換推奨



次にアウターチューブブッシュを打ち込み(これも新品推奨)


専用工具があるらしいですが、古いオイルシールを使えばいいっと見ていたので真似してみる

半信半疑で新品アウターチューブブッシュを入れて、ワッシャーを入れて、新しいオイルシールを入れてその上から
古いオイルシールを重ねて~(オイルシール入れる時に定番のビニール被せ忘れた・・・)



木の棒を当てて軽くコンコンコンコンコンコン・・・・
そしていくら叩いてもダメと気付くまで15分・・・・
アウターチューブブッシュが入らない・・・



そのあと悩み調べて色々試行後、取りあえず方法を確立

アウターチューブブッシュの打ち込み方法は

打ち込み道具=内径40mmの塩ビパイプを準備し


以下のように重ね上から塩ビでバシバシ叩く
----------------------------------
 ワッシャー
 古いアウターチューブブッシュx2
 新品アウターチューブブッシュ
 フォーク
----------------------------------



打ち込み後にワッシャーを入れるのを忘れずに(自分は忘れてやり直しました・・)



そしてオイルシール(これも新品推奨)の打ち込みは
以下のように重ね上から塩ビでバシバシ叩く
----------------------------------
 古いオイルシール
 新品オイルシール
 フォーク(ワッシャー、インナーチューブブッシュ圧入済み状態)
----------------------------------



古いオイルシールがアウターチューブの淵と同じくらいまで埋まったらほぼ完了
(スプリング用の溝がちゃんと見えるようになってないとダメ)



うまく打ち込めず3回くらいやり直してます・・・なかなか難しい
でももう慣れたから次は一発でいけそうな気がする
オイルシールが痛んでないか心配・・・


あとは押さえのスプリング(新品)を入れてダストシールを嵌めこんで完了
スプリングは錆防止にメンテルーブを塗ってから組み込みました


塩ビで代用してたカラーはPDバルブ分高さを調整



いよいよPDバルブの投入準備としてスプリングの堅さを荷重の掛かり始めから2回転分にします
最初はボルトの長さで管理しようと思ったのですが、測って見るとスプリングの長さが微妙に違う(0.2mmくらい)
ヤスリでうまく削れる気がしなかったので入念に指でボルトをクルクル回して緩めて締めてを繰り返し
初期荷重の掛かり始めを出し、印をマジックでつけて2回転、そしてナットで固定しました



オイルを入れる前に底のネジにネジロック材塗るの忘れてたのでそこだけやり直し


オイルを適当に入れてインナーチューブを上下させて空気抜き



オリフィスをでかくしたせいか勢い良く上下させるとこうなりますので注意・・・


しばらく時間をおいてエア抜きしたら油面調整



前回はスプリング変更とスペーサーを塩ビ化したので145mmで調整しましたが
曲がってる時になんだかフラフラするので今回はPDバルブ分の増える分も考慮にいれつつ140mmで調整し
エア量減で


PDバルブを投入、丁度の大きさなので上から落とすとスルスル~タプンっといった感じに沈んでいきます



あとはスプリングいれてスラストベアリングもいれてイニシャル調整の1mmワッシャーx2枚も戻して



フォークキャップの所のOリングも新品交換、シリコングリスを薄く塗ってます



最後にインナーチューブの表面にチェーンルブを塗って防錆
この前までメンテルーブ使ってたけど、あれは溶剤が揮発すると粘度が高いグリスのようになるみたいなので変更です


フォークブーツの戻し忘れ注意


あとはタイヤとかを組み戻し
締めつけトルクはアクルスは85Nm、ブレーキキャリパーは40Nm(オイルが付着していない状態)
でもオイルついた状態なので経験からアクルスは60Nm、ブレーキキャリパーは30Nmで締めてます
ともに仮締めしてスタンドから降ろしてからあとトルクレンチにて
フォークキャップも組み付けてから本締め(コレは手ルクレンチ)



組みあがってフロントブレーキを掛けて押してみる
・あんまり変化無いような?少し重くなったかな?
・なんかシューシュー擦れる音するけどこれ大丈夫かいな・・・
 フォークオイルがまだブッシュに回って無いのかな?付け込んで圧入したほうが良かったのかな・・・
といった印象


試走してみたところの印象は
・なんか舗装路走り安い~カーブもビシッっと安定感
・舗装路でブレーキを掛けた際のシーソーみたいな動きが少なくなってる、
・軽い林道ではそれなりに動いてる感じ、依然と遜色ないようなちょっと硬くなったような~感じ
・100km/hくらいの走行も前より安定感増
っとなり

そしてこの前の林道ツーリングでちょいとペース早めの林道走行後
・大き目の段差とかはバシッとした衝撃ではなくドシーンとした衝撃に変化?
・ガレ場でもうちょっとフォーク動いたほうがいいかなぁ・・・もっと楽々になれそうな可能性を感じる
・オイル漏れしてないようなのでどうやらオイルシール交換も成功した様子
な感じ


舗装路の走り心地が良くなったのはなかなか良い感じです
PDバルブのスプリングイニシャルは0~7回転まで変更可能みたいにで英文説明書にあったので
また今度調整してみようかと思います。

あとはダストシールは時々めくってみて中のスプリングの様子をチェックしてみる事をお勧めします・・・錆びてるかも・・・




記事を書きながら思いついたけど・・・
フォークオイルをすごく柔らかいものに変えてオリフィス拡大無しでPDバルブ投入したらどうだっただろうか
PDバルブの締めこみ0.5回転とかそんな感じで
良い具合になりそうならドリル加工も不要にならないかなぁ・・・先に試すべきだった・・・




20150923サス調整現在値
---------------------------------------------------
フロント
オイル:YAMAHA G-10 (ノーマルはG-15)
スプリング:DRCフロントフォークスプリング(純正より固め)
油面:140mm (規定値:125mm) (スプリングの体積増加とカラーに厚みがある為)
突き出し量:0mm
カラー長:108mm(塩ビVP管)(純正カラー:129mm)
その他:PDバルブ(ダンパー値:2回転分締め)
    スラストベアリング+ワッシャー2枚(合計4mm)
    イニシャル調整用ワッシャー2枚(合計2mm)
    純正スプリングシートは抜き取り済み

---------------------------------------------------
リア
シートに乗った時のサスの残りストローク量:20mm
(無荷重でのストローク量:約50mm)
その他:トリッカー用リンクプレート交換済み(純正よりちょっと短いので見かけ上スプリングが固く)

---------------------------------------------------





YSS PDバルブ(29mm)


SK11 垂直ドリルガイド






スポンサーサイト

2015/9林道ツーリング

林道ツーリングのお誘いを受けましてお出かけ
まずは九州の有名どころ内大臣林道へ



オマケのコスモス


内大臣林道はちょっと入口の舗装区間が長くなってしまってる様子
9/21現在がけ崩れなどの行き止まりは無く椎葉方面まで抜けられましたが
途中の土木機械おいてあるとこで山があり普通のSUV程度では抜けられそうにないです(たぶん亀になるくらい高い)
あと崩れた感じの所をすこしなだらかにしたような個所1個所と路肩崩れ複数あり
峠近くがややガレですが大きな落石も多くなく全体的にフラットでした


ツーリングシーズンということもあって他のオフロード車も多く10台くらいは見かけましたので離合注意
あと4輪や登山者や釣師の方も結構いますので見通しの悪いポイントはスピード注意です
(歩行者の横は会釈しつつ徐行しましょう)

峠のところにて



内大臣林道を抜けたあとは2個所ほど林道をめぐり東側から帰宅のコース


運動不足と最近あまり林道走って無いこともあって最後はヘロヘロでしたが・・・
やっぱり良いですな~久しぶりに「ウキャーーーー!!」となりました
色々セローの問題も見つかったし得るものも多くありました





問題1:フロントの増量フェンダーを巻き込んだ
どうにも想定以上の勢いでフォークが動いたらしくガツンっと段差を行った際に
「ブルルルルルルゥゥ」と異音、何事かと止まって見たらこの通り


どうやら連続する段差でビヨンビヨンとなってトドメの段差でタイミング良く?
これはもうちょっと短くする必要あり
でも増量分だけ曲がるのは設計通りの動きでちょっと満足してたり


問題2:リア重い
うう・・・せっかく付けたのに・・・
扱いきれないわけではないけどやっぱり重い、倒しこみがメンドクサクなる
箱に飽きるまで追加キャリアのほうはちょっと外しておこうかと


問題3:山からの長い下りの舗装路でリアブレーキのペーパーロック現象初体験
これはブレーキペダルの調整ミス、危険が危ないヽ(゜ー゜;)ノ
オフブーツでちょっと軽く踏みっぱなしになってたみたい
実際起きてみると「おう、これが噂の!」と特に混乱もなくしばらく使わなかったら回復
もうちょっと下げないと・・・


問題4:フロントフォークをもうちょっと動くように
まだ記事にできてないPDバルブを仕込んだ件
十分に働いてるのだけどもうちょっとだけガレ場でガシュッと吸収してほしいので要調整





でも今日は筋肉痛なのでまた今度・・・


セロー250にジェベル250XCのステップを装着

セローのステップはDRCのワイドステップ(これはもう廃版で現行品はクロモリワイドフットペグ)を装着してましたが
微妙に歪んできてるしそろそろ違うものをと探してました



セロー250に装着できるワイドステップは知ってる中では
レアルエキップ、IMS、DRCのクロモリ、純正を溶接加工したもの
などがあり、第一候補はIMSのワイドフットペグだったのですが、
調査を進めてみるとどうやらジェベル250XCの純正ステップが
取り付け可能らしい、セロー純正ステップより大きくてさらに安いらしい!

これは試してみねば・・・ということで準備しましたのは

SUZUKI 純正部品の
右ステップ:品番[43550-03B00-019] フツトレストフロントライト(フ″ラツク)  ¥1,242
左ステップ:品番[43560-03B00-019] フツトレストフロントレフト(フ″ラツク)  ¥1,242



と、セロー250純正のステップのスプリングはジェベル用のステップに入りませんでしたのであとで追加注文した
スプリング:品番[09448-15004] x2 ¥108 x2



あとは割りピンはホームセンターで適当なものを



このステップはジェベル用ということで在庫があるのか心配でしたがどうやら海外販売の
DR-Z125、DR-Z125L、DR200S、DR650SEなどに今でも使われているもののようで
簡単には在庫切れにはなりそうにないようです


ひとまず写真色々
作りは値段なりですが長年使われている品番なのでステップとしては問題は無いという事かな?



ステップの前後の幅は40mmでセロー250純正のステップは31mm、DRCのワイドステップは48mmくらい



左右の幅はどれもあまりかわらず



なのでセロー250純正と比較すると面積差はおおよそジェベル用=約1.3倍、DRCワイド=約1.5倍



あと高さも違うらしいのでギザギザ面を下にして固定部分の穴の位置で計測(爪楊枝に印つけて)




セロー純正=約33mm
ジェベル用=約18mm(セロー純正より15mmダウン)
DRCワイドS=約27mm(セロー純正より5mmダウン)

あとギザギザの差







よく見てみるとジェベル用は歯の前部分はちょいと下に向かって斜めになっている




取り付け部分の差




セロー250純正のスプリングは入らないのでご注意を



左がセロー純正、右がジェベル用のスプリング



ピン部分はセロー純正がそのまま使用可能



せっかくなのでそれぞれ取り付けて違いを三脚で記念撮影してみます


左:セロー250純正、真ん中:DRCワイドステップ(歪あり)、右:ジェベル用

横から



傾き加減



上から



前から



セロー250純正ステップと比較すると
ジェベル用:約5mm後退、下方に15mmダウン、面積1.3倍、傾きは少し前下がり?
DRC:前後位置同じ、下方に5mmダウン、面積1.5倍 、傾きは前上がり


装着具合ですが、ちょっと隙間ができるけど普通に取り付けできました


スプリングワッシャーで詰めることもできるけどバネで押さえられてそんなに動かないし
転倒時にステップにかかる力の逃げ場としてそのままにしました


で、気になったところが右側ステップを持ちあげた時に歯がブレーキペダル基部にぶつかるところ



ストッパーはこの部分なのですがもうちょっととどいてない・・・


まぁこれくらいならいいかなぁ・・・と悩みましたが・・・結局ヤスリで少し削りました
削ってみた感じでは普通に鉄製のようです



左側はどこにも干渉せずそのままで大丈夫でした


左側は微妙に斜め後ろになってるような?
セロー側の基部が歪んでるのか、そもそもそういうものなのか、はたまた制作精度の問題かは不明


正式取り付け前にちょっと塗装が艶々しててなんか気に入らなかったので
錆止め強化と併せてマットブラックで塗装して取り付けてこんな感じに



バネを入れて割りピンで止めて正式取り付け



DRCのワイドステップと比較しても10mmくらい下がって歯面の傾きも変わってるのでブレーキペダルを調整
(まずは勘でやって試乗して再調整)



合わせてブレーキランプスイッチも調整を忘れないように



シフトペダルは取り付け部を1山ずらしてますがギリギリ下限値で丁度いい感じに
(まずは勘でやって試乗して再調整)



ふむむ・・・おかしくは無い







所感
DRCのクロモリワイドフットペグの説明を見ると
・高さが上がる→重心があがりコーナーで倒しこみが楽に
・高さが下がる→重心が下がりスタンディング時にトラクション性能が向上
らしいけど・・・変わってるのかな?言われてみると変わってるかも?といった感じ
ステップに荷重かけてみると少し挙動量が少なくなったような?・・・う~ん・・・

変わったとわかったのは足首の負担がちょっと軽減、
傾きがDRCに比べて前下がりになったのと高さも下がったので合わせて足がけっこう楽に

スタンディング時の安定感と言うか安心感みたいなものはそのまま面積に比例してるような気がする
純正とDRCとの真ん中くらい

ギザギザ具合はちょっと物足りないような?
まだ慣れて無いだけかもだけど違和感が続くようならヤスリで歯を立ててみようかと
あと真ん中の梁の部分になにかギザギザっぽいもの付けられたらななぁ・・・と思案中

社外品より安いのでちょっとワイドにしてステップ位置を下げてみたいって人は試してみるのも良いかなと思います


※くれぐれもカスタムは自己責任でよろしくです (´・ω・`)








おまけ:
ネットで調べた分の情報と適合とかで付合わせてみると
セロー250に装着できそうなのは下記の車種に適合した製品

---------------------------------------
YZ80 97-98
DT200 WR
DT230 LANZA [ランツァ]
KLX125
D-TRACKER125
KLX150S
DJEBEL250/250XC
DR250/350S/R
---------------------------------------

IMS:ワイドフットペグ プロシリーズはこれでいくと
IM-297311-4 or IM-295512-4 のどっちかなのだけど・・・どう違いがあるのか不明
だれか付けてたら傾きがあるかどうかとか教えてもらえると助かります




DRCの場合はクロモリワイドフットペグ D48-02-507で決まりっぽいけどちょいと前上がりらしい








ヘルメットにスピーカーをいれてみる

ホーネットADVのイヤーパッドを外すとスピーカーを付けられるような形状
これは付けてみなければ・・・



ということで薄型の耳かけタイプヘッドフォンを準備(オーディオテクニカのATH-EQ300M)



直径38mmでホーネットADVの耳の所にある凹みに丁度収まる感じ



でもそのままだと耳かけが邪魔なので



ニッパーで切る!



切るというより折れた



取り付けはテープ付きのベルクロを買ってきて



ベッタリしすぎないように控えめに貼り付け



丁度コードを通す溝もあるのでそれに合わせてペタッと



余りのコードは内装外して内側に張りつけたり内装の溝に押し込んだりしてジャック部分だけピョコっと出します



使わない場合はジャックを内装の隙間に押し込む



あとは延長コードを準備して音楽プレイヤーに接続な感じで
(コードをなにかに引っかけても危なくないようにとの目的もあって延長コード使ってます)



ヘルメットかぶって聞いてみると思ってたより結構よく聞こえる
・・・と思ったけど走りながら聞いてみるとエンジン音や風切り音でスピードだすと聞き取れない感じ
音を大きくすると聞こえるけど・・・さすがにあんまり大きな音にすると周りの音が聞こえないので
遠くて聞こえるBGM?みたいな感じで運用しようかと、あとはナビの音聞く用とか
そして眠くなりにくい追加効果あり(重要)


なかなかいいかもしれない
今までエンジンと風の音しか聞こえてなかったから新鮮な感じです











オーディオテクニカ ATH-EQ300M-WH(ホワイト)

セロー250のメンテナンスメモ 2015/8/30

今年はあんまり乗って無いけど半年の時間経過ということでオイル交換を実施



大きい金属片はとくになさそう



オイルの銘柄を変えるのでフィルターも交換



Oリング類も純正新品で



Oリングには適当にシリコンスプレーして白いのが見えない程度に拭き取ってセット
(ブレーキパッド用のシリコングリス使用)



ドレンのワッシャーも新品で
(STRAIGHTで買った銅ワッシャー)



今回のオイルはヤマルーブ RS4GP


MOTULの300Vでも試そうかと考えてた矢先、ヤマルーブの最高級オイルがまた新発売とのことでこれは試してみようかと
ネットで安く売ってたので4リットル缶で購入、1リットルあたり2000円ちょっと


凹んでるからあの店安かったのかな・・・



このオイルちょっと赤い・・・



手触りでは・・・違いがわからない・・・



ジョッキに入れて注入


雨降ってたのでまだ走ってないけどなにか違いでもわかればまた後日


ついでに一式注油

クラッチケーブルとアクセルワイヤーにはメンテルーブ



エアフィルターも洗浄



フォークのインナーチューブもメンテルーブを拭いてよく拭き取り(錆止め優先)



各所を適当に錆止め



チェーンはワコーズのチェーンルブ



カーボンクリーナーも投入




もう秋になってしまう・・・今年は早く感じるなぁ・・・









ヤマルーブ RS4GP


サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


クシタニ Eコーデュラパンツ


トロイリー Revパンツ


Thor Range ジャケット


Thor Range パンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


ABUS Provogue 305


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


TOP工業 ハイパーレンチ


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30 (英語版)


Transystem TripMate852


ドイター トランスアルパイン25


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)