ZETAのローテティングバークランプ UN

ZETAのローテティングバークランプUNです
ローテティングバークランプUN





アーマーハンドガードを外した事もあり装着してみました。


メーカーの謳い文句
-------------------------------------------------------------------------------
クランプ内側のナイロンスリーブによって、確実にハンドルバーへ固定しながらも
転倒時の強い衝撃に対してレバーホルダーが回転しレバーの破損リスクを軽減する。
右側(クラッチ)と左側(ブレーキ)のどちらにも使用可能なスタンダードタイプ。
-------------------------------------------------------------------------------

転倒した際にレバーが回って逃げるようにクランプを緩く締めておくというのは昔からある小技ですが
これはそれを目的としたパーツ


左右どっちでもOKとは書いてあるもののセロー250の場合はクラッチレバー側は構造が合って無いので
付けられるのはブレーキ側のみです(トレール車はブレーキ側だけが多いっぽい)



純正は上側のネジをきっちりと締めて下側で締め具合を調整する感じの構造ですが
ローテティングバークランプは上下にある程度隙間ができる感じになるかと



締め具合を調整してレバーを手で押してみると「ヌルーーーー」と少し抵抗がありつつも回る感じ
クランプの隙間分はナイロンスリーブはそのままでクランプだけ滑って
そのあとはレバー側のクランプに押されて一緒に押されて回ります



純正のまま回るように緩く締めつけた時の違いは
「いざとなったら回るくらいの締めつけ具合」の調整幅が広がる事でしょうか
回り具合の調整は判り安くなりました。
ある程度強く締めても動いてくれます、ハンドルのザラザラの影響も半分になるので回り安くもなってるかな?
しかしあまり強く締めるとナイロンスリーブが潰れそうなので締めつけはほどほどに









ZETA ローテティングバークランプ UN レッド(他にブルー色とチタン色あり)



スポンサーサイト

セロー250にTZR250Rのタンデムステップを装着

セロー250のタンデムステップはこの前取り払って簡易のステーを付けてましたが
流用できそうな他車種のタンデムステップが見つかったのでさっそく入手してみました。

中古ですがTZR250Rのタンデムステップです。




ネットでトリッカーにコレを付けてる写真を見つけましてなかなか良さそうだったのでマネしてみます。
材質はペグの基部以外はアルミ製で重量も257g(純正は405g)



それとこの形状、これでセロー250のタンデムステップの問題点2個
・ちょっと重い
・スタンディングで腰を引くとタンデムステップにブーツがぶつかる
が多少は解消できるのでは~と

装着ですがTZR250Rのタンデムステップはアームは左右逆にしてペグはそのままって感じで
入れ替えて装着する事になります

仮付けしてもマフラーにギリギリ接触する事無く大丈夫そう



さすがに安かったので赤錆白錆でザラザラですので取り付け前に錆落としを



まず分解、ここの穴は10mmですので他の汎用品?も取り付けはできそう



クレビスとカラーは安かったので純正部品を注文



ステップの所はロック用?としてスプリングとボールが埋まってるので無くさないように(分けて注文できない)



最初は真鍮ブラシとかピカールで磨くぞー っと準備してたのですが・・・10分で力尽きました・・・



ここはひとつ化学の力に頼ろう・・・ってことでKUREのラストリムーバー購入
希釈すれば非鉄金属もOKとあったのでアルミの白さびもいいのかなと



基部の部分はジャムの瓶にいれてそのまま漬け込み



ブクブクあわ立ってきます、とても臭いので・・・換気は十分注意(硫黄っぽい感じ)



アルミのパーツは2倍に水で薄めて別に漬け込み、ちょっと泡がいっぱい・・・大丈夫かコレ・・・と心配になるくらい



鉄パーツは泡が収まったら引き上げてお湯で洗浄



赤い錆っぽいものはどうやら変化したあとの残りカス?のようなもので真鍮ブラシで磨いたら落ちました。
あとは錆止めペイントで黒く塗っておきます



ナットのほうも錆落とし
この基部のネジピッチがホームセンターにあるものと違うようなので無くしちゃ面倒



アルミのほうはなんだか泡が一向に収まらないのでアルミ自体とずっと反応するものなのかな?
ほどほどにチェックして適当なところで引き上げ(合計30分くらい漬け込み)
ザラザラは無くなった感じ、ピカールでほどほどに磨いておきます



ラストリムーバーの廃液の処分ですが・・・ラベルには「市町村のルールに従ってください」と・・・わかりにくい
ひとまず処分方法が判然としなかったのでゴミをフィルターかけて取り除き保管再利用の方向で
※AZのリン酸の錆落としの注意書きには水で十分に薄めて捨ててとあるので同じ方法で捨てても良さそうではある



錆取り終了後に組上げ
逆付けすると固定用のボールの穴が逆にくるので新たな穴をドリルであけて調整してこんな感じに
カチッとした固定感は薄いけどブンブン振り回しても勝手には動かなかったので良いのかなと
(ピン止めでなくワッシャーで隙間調整して6mmのボルトで締めあげても良さそう)



そして装着するとこんな感じ



純正よりもちょっと上側になるしちょっとステップ基部の出っ張りが多少凶悪ですが
これは後でなにかカバーでもつけてあげようかと思います。


ちなみにこのTZR250Rのタンデムステップは純正パーツの注文だと片側のアルミアームの部分が
もう販売停止になっているので片方は中古でしか手に入らないかと思われます
あと装着時はTZR250Rとは左右入れ替えになるので御注意を
入手経路に難があるもののタンデムステップは付けておきつつも軽量化したい時などにいかがでしょう




ハンドガードのサイドタイプ延長マウント作成

軽量化と気分転換模様替えでアーマーハンドガードを外してブラッシュガードに変えようかなと



そう思ったのだけどやっぱり前と同じじゃ気に入らない・・・
ってことでZETAのXC-PROプロテクターを普通のハンドガード風味で取り付けできなかなと悩む



ZETAのマウントを使えば
ZETAマウンティングキット


っという話になるかもしれませんがどうやらこれが結構難しいらしい
セロー250の場合はリザーバータンクとの隙間が無いのでレバーマウントとスイッチボックスの
合間に入れ込む事になるかと、そうするとレバーが遠くなっちゃうので避けたいところ



ある程度弾力のある素材でかつ丁度良く装着できそうな材料は・・・
と結構悩んで材料箱をゴソゴソ探しまして見つけたのが
アストロプロダクツで買って使わず放置してた「バイシクルタイヤレバー ロング」

本来の用途からしても良い感じのはず

これをZETAのサイドマウント部分にくっつけてこんな感じに延長してマウントしようかなと


本格取り付けに向けて穴あけ加工して



そのままだとレバーに近いのでスペーサーを入れてサイドマウントに装着してこんな感じに



でもいざ付けてみると前後方向に結構柔らかい・・・



では2本重ね!ってことでこれなら良さそう



急いで新しく1セット買ってきて、こう!



色々してるうちにスペーサーが樹脂だとなんとなく心もとなくなってきたので
ステンレスパイプを切ってスペーサー作成



最終形

セロー250カスタム



風圧に負けない程度の硬さとある程度の曲げに耐える弾力
試走したところブルブル震える事も無くこれは久しぶりの2m離れたらバレナイ良い出来( ̄ー ̄)
防御面でアーマーハンドガードには勝てないけど飛び石くらいなら十分耐えるかなぁ?

ZETAでこのサイドマウントに取り付ける形のマウントを正式に作ってくれないかなぁ・・・








おまけで試走で走った阿蘇の様子

外輪山ミルクロード・・・まだ雪は積もっていないけど寒い・・
阿蘇ミルクロード





中岳火口手前・・・水蒸気がモクモク、手前のロープウェー乗り場までは行ける







AP バイシクルタイヤレバー ロング


アンダーフェンダーかさ上げ樹脂プレート

軽量化の方針に従い各部見直し中

フロントのアンダーフェンダーはツーリストを履かせていた時からステーでかさ上げしていました
現在もMT21の90/90と少し大きいタイヤを履いてるのでそのまま継続してましたが



ここも軽量化できるんじゃってことで樹脂まな板を2枚重ねて強度出して2cmアップのものを作成



取り付けてみると上側の隙間はいいのだけど後ろ側がフェンダーを延長してる事もあってちょっと狭い?
ということで再作成し2cmアップ&2cmバックのものを再作成



ステーとの重量差は24gと思ったよりステーが重くなかったけど・・・
色々探せばまだ見直しできそうなところありそう



セロー250のスロットルケーブル交換

年末のスロットルケーブル注油で気づいたのですが
なんだかアクセルをひねると「じょりじょり」という感触がわずかにする・・・


むむむ・・・これは・・・ケーブルがまずいのか?切れかけてるとか?
とまぁ初めてな感触なのでよくわかりませんが・・・
予備ケーブルは2年前くらいから確保はしてあったので交換してみる事に


こんな事もあろうかと純正部品の注文ついでに確保してたスロットルケーブルを



まずは吊るして注油しておきます



その間にセローの外装外して~



タンクずらして~工具トレーも外して~



まだ作業しづらいのでイグニッションコイルを覆っているゴムカバーを外し、ブローバイホース外して・・・



フレームが邪魔して作業しやすいとは言い難いですがスロットルボディに到達


う~ん・・・汚い・・・


パーツクリーナーをバシャバシャ吹き付けて清掃


見える範囲内ではとくに切れかけてるとかの不具合は見つからない
ココでスロットルを回してみると「じょりじょり」が結構減ってる?

小粒の石か砂でも泥といっしょにケーブル内に引き込んだのが原因だったかな?
でもまだわずかに感じるしここまでやったら予防交換ということで交換作業継続


スロットルボディ側はハンドルのスロットル側を分解してケーブルを外しておけばユルユルになってすぐ取れます



工具トレーを外しておけばケーブル本体も割とすんなり外れます



新しいケーブルを通して



スロットルボディに装着し遊びはある程度ここで調整しておいて



最終調整はケーブルの途中の所で


交換自体は割と簡単でした


さすがに新品はケーブルの滑りも問題無し




その後実際に切れてないかどうかをワイヤーを抜いてチェックしてみましたが
特に切れかけてるような個所は無し


ジョリジョリ感の原因は
・「砂でもケーブル内に引き込んでしまった」
・「スロットルボディ部分についた細かい砂利なども原因」
と結論付けました



確かにスロットルボディはいままで全く洗浄とか気にした事なかったし・・・
でも今度からたまには綺麗にしておこうかなと
あと上からインジェクターかなにかで吹き飛ばしもしないとかな?



あと、ひょっとしてワイヤー以外の所に異常があるかも?と気になったのでスロットルケーブルを切り刻んでみました。



中身は細い樹脂?のチューブが入っていてその周りをステンかなにかでグルグル巻きにした構造みたい


中身の細い樹脂が擦り切れたりしていなかな?
と各所で取り出してみましたが特に破けている様子も極端に薄くなってる事も無く・・・

今回のはケーブル内部も含めてスロットルボディをきっちり清掃すればそれで良かったらしい・・・
ということで泥んこな方はココも洗ってあげてください










2016年 あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

申(サル)年ということで
2016申

なんだか1年経つのが早くなってきてるような・・・
サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


クシタニ Eコーデュラパンツ


トロイリー Revパンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


NGKプレミアムRXプラグ


NGKプラグキャップ


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


ABUS Provogue 305


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


TOP工業 ハイパーレンチ


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30 (英語版)


Transystem TripMate852


ドイター トランスアルパイン25


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)


TGR
パフォーマンスリアショック