バレル4Sの消音を試みる その8

バレル4Sサイレンサーの消音化をするべく分解してみたのが2月末でしたが
過去記事:バレル4サイレンサーの中身

色々ありまして時間がかかりましたがようやく完了したので記事アップです
実施した消音化の改良点は以下のとおり

①パンチングの筒は穴がもっとあいたものを自作
②排気干渉型のインナーサイレンサーを中身に仕込む
③グラスウールは新品に交換
④マフラーエンド部ももう少し形状を考える


ひとまず作業風景

①パンチングの筒は穴がもっとあいたものを自作

サイレンサー内部のグラスウールを巻くパイプはパンチングが少ないので


吸音効率を上げる目的でステンレスのパンチング板を丸めて作成
塩ビパイプに固定しつつもじっくりゆっくり筒型にしました
本来のパイプはテーパー状になってますが上手く絞れそうになかったので真っすぐな円筒形です



②排気干渉型のインナーサイレンサーを中身に仕込む

サイレンサー内部の径を測って丁度良さそうな排気干渉型のインナーサイレンサーを準備
キジマのインナーサイレンサー (ドラッグパイプタイプ) 44.6φx150mm


本来は真っすぐな筒の中に仕込むものなのでしょうけどまぁ影響は多少はあるはず

羽?部分が結構不規則に曲がっていたので調整したあと


サイレンサーのエンジン側の部分に穴を開け(すごく硬い)


パンチングパイプと一緒にボルトでトモジメ
パンチング板の厚みが良い感じにムギュッと隙間を塞ぎパーツ合いは良い感じに



③グラスウールは新品に交換

サイレンサーの外側筒に排気側の底を付け直し
ガスケットを塗ってトントン叩きいれてリベット止め



パンチング筒がちょっと長かったので微調整し


新品の純正グラスウールをセット


ここで違いを発見、交換用に準備したもののステンウール部分が細いものに変わっている
どっちが新しいデザインなのかは不明
(左:交換用に買ったリプレースメントグラスウール 右:最初に入ってたグラスウール)



本来はテーパー状になっているパンチング筒部分に合わせて作ってあるらしく真っすぐ作ってしまった自作筒に
すんなりとははまらない、慎重に無理やりどうにか押し込む


本当はさらに追加でグラスウールを巻いてやろうかと思っていたけど結構ギリギリまで巻いてあるようで追加の余地なし

グラスウールをセットしたものをガスケットを塗り慎重に本体に叩き入れ後にリベット固定


最後にリストラクターもセット



ひとまず復元完了



④マフラーエンド部ももう少し形状を考える

マフラーエンド部分は今までの経験上から「排気管をテールピースの外に出す、そしてできるだけ遠くに」
だけにしてみる(曲げパイプは装着の手間がかかるので)

延長パイプは今回新しくみつけた片アジャストパイプを利用
スポッとバッフル部分の筒に重ねられる良い感じのパイプ(ちょっと高いけど)


パイプカッターで適当に処理をして型合わせて短すぎず長すぎずな所でカット



これに穴をあけて以前あけたサイレンサー側の穴とガスケットを塗ってボルトで固定



あとはリストラクターの押さえ兼ゴミ侵入防止としてステンタワシを根元に通しテールピースをセットし完成



こんな感じに
バレル4Sサイレンサー

そしてセローに装着
装着前


装着後



バレル4S装着時にタンデムステップ(TZR250R用)が干渉したのでスペーサーを入れて調整しました。



肝心の音量比較

純正サイレンサー


バレル4S消音ver8



なんだかポッポッポッポっと排気管の形状由来の音がする感じがしたのでパイプを斜めにカット後





参考:
昔の動画ですがバレル4Sそのものの音





間が開きすぎてどうにも曖昧な感想でありますが
以前作ったエンドパイプ延長だけのものよりは音質の極端な変化はありませんが音量は下がったように感じます
「ご近所迷惑だから早目にエンジン切らなきゃ」感が以前と比べて薄くなったような?
シートに座って走ってる分には音が随分遠く離れたとこに行った感じです

もうひとつの目的の目的であった出力特性を純正サイレンサーに近づける件ですが
走って見た感じはバレル4S無改造と比べると純正サイレンサー寄りに20%くらい寄ったかな?といったところ
発進時や低速時に気を緩めるとガッっとなっちゃう部分は残ってるけどちょこっとだけマイルドさが漂うような・・
巡航時は・・・違いが分かんない・・・回転の伸び方は無改造と差が明確ではない感じ

インナーバッフル詰めたから吹け上がりの変化が大きいものと思っていたけどそれくらいではそこまで変わらないらしい
音量を下げる目的は果たしたとみなしひとまず今回はここまでにしておきます。


あと、ヒートガードですが今までは耐熱樹脂で手作りしていたりしましたが今回純正のものを使いました


純正サイレンサーからヒートガードを取り外し


タンデムステップ用?の黒いカバー部分を外し


ステンレスステーを装着



その上に耐熱樹脂(樹脂まな板)を両面テープで張りつけ


完成


ステンバンドでバレル4Sに装着しこんな感じに


その他はフェンダーに排気が当たりやすくなったのでフェンダーにアルミテープを張りつけカバー



純正ヒートガードはちょっと重いけど、なかなかキレイに収まりました。


しばらくはこれで




スポンサーサイト

ガエルネのロングソックス

ガエルネのロングソックスです(サイズはXXL)
ガエルネのロングソックス

いままではサッカー用?のスポーツ用品店で売ってた膝下までの靴下を履いてましたが
ガエルネがロングソックスも売ってる事を知って買ってみました。

ニーシンやニーブレースを付けるとヒザ小僧が擦れて微妙に痛い・・・
というのは昔からありましてパッド無しのバレー用膝サポーターをつけたりして対策してました。

微妙な痛みなのでアルパインスターやRSタイチに膝上ロングソックスがある事は知ってましたが
なんとなく「また今度でいいかなぁ・・・サポータあるし」とダラダラと今に至る感じ
そして今回、ブーツ屋さんが売ってるものだし値段も手ごろだしということで他の買い物ついでにポチィィっと


裏面はこんな感じ



黒い部分が薄手の生地になっていて灰色と白い所は厚手の生地です


履いてみるとこんな感じ



ニーシンを付けるとこんな感じ


膝上にベルトがあるタイプのニーシンだとベルトまで覆えるか微妙な高さですが
ヒザ小僧の出っ張りで保持するようにできてる様子なのでしかたないかな~

履き心地はおおむね良好、入口以外の強い締めつけは無い丁度良い感じ


でも膝上の入口部分、結構強い絞りになっています。


「絶対ズレ降りることは許さぬ!」といった感じでかなり強力な締めつけです
このぐらいの締めつけがないとずれてしまうのでしょうけど太い脚の自分にとっては
血が止まってあとで痺れてくるんじゃ・・・と心配になるほど(実際には痺れはしませんでしたが)

自分は対策として内側の生地に細かく縦にハサミを入れて締めつけ具合を調整しています
寿命が短くなるだろうけどそこは消耗品と割り切って



サイズは
 S-M (23.5cm~25.0cm)
 L-XL(25.5cm~27.0cm)
 XXL (27.5cm~29.0cm)
と3サイズ選べます
自分はブーツは27.5cmで太め?の脚ですががサイズはXXLで丁度よかったです

オフブーツやニーシンを付ける方はもちろんですがパッド入りパンツやズボンのバタつきの擦れで
悩みがある方は一ついかがでしょうか~








ガエルネ ロングソックス


理想のメガネ対応オフロードゴーグル

「バイザー付ヘルメット&ゴーグル」な姿はオフ車で林道を走ったりするには正装のようなイメージ
最初のヘルメットはツアークロス2でどうにかゴーグルを付けられましたらホーネットADVに変えてからは
ゴーグルがさらに窮屈になり諦めてました。



これというのも自分がメガネ装着者なのでメガネ対応ゴーグルを付けてる+頭が大きくメガネも横に大きい為
メガネ対応のゴーグルはオフロードゴーグルを作ってる各社から出ていますが基本的に普通のものよりも
少し大きいように思われます。

そもそもオフロードゴーグルは

 ・曇りにくいように内部の空気容量を確保する為内部空間を大きく作ってある
 ・ズレ帽子も兼ねてヘルメットの淵にムギュッと収まる大きさを狙って作ってる?
 ・ガードの意味合いからフレームも丈夫でオウトツが大きい(デザイン的なものもある)
 ・スポンジが厚くある程度硬い
 ・バンドは激しい動きでもずれないように幅広で強いものを使っている
 ・レンズは0.8mm~1.0mmほどで厚い

のような特徴があります

頭が大きいメガネッ子な自分が「バイザー付ヘルメット&ゴーグル」なると

 ・バンドの長さがギリギリでゴーグルが押しつけられすぎで苦しい
 ・メガネのツルとゴーグルのスポンジの切り込みとのポジション調整がメンドクサイ
 ・メガネ対応ゴーグルでも頭が大きくメガネも横に大きい自分にはスポンジで押しつけられて窮屈で不快
 ・慎重にゴーグルを外さないとメガネがゴーグルにくっついて一緒に外れる

といった感じでマイナスな面が大きい
信号待ちの合間にちょっと目のゴミを拭きたくても手間がかかりすぎてできない事もしばしば・・・
それと基本的に視界が狭くなるので景色を楽しむ上でも普通のツーリングには不向きです
後方確認も首を回すだけじゃ足りなくなるし・・・


そんな感じで色々マイナス要因があってもやっぱり「バイザー付ヘルメット&ゴーグル」な姿はに諦めがつかず
それとヘルメットのシールドをスモークレンズを変えた事もあり暗い場所用でゴーグルが欲しいなと
理想のオフロードゴーグルは無いだろうかと探しましたがオフロードゴーグルはそれらしいものは発見できず。


もう「オフロードゴーグル」でなくてもいいんじゃ・・・
きっと他の人もそう思って使ってるに違いない・・・
ネット上では見つけきれなかったけど・・・

ということで「安全ゴーグル」で代用する事に


①:まずは家にあったゴーグル


淵の部分が引っかかるのでカットしてます
メガネも楽々で結構いけるんじゃ?と手ごたえを掴む


②:①の結果からちょっと通気性がある同型タイプを淵カットをスポンジを付けバンドを変えたもの


使えるけど・・・視界がオフロードゴーグルと変わらない・・・と後で気づく


③:視界が良いものをということで買ったゴーグル


淵が回り込みすぎてヘルメットと干渉、ゴーグルが浮いてしまって使えない
カットしようにも余裕が無い


④:これは!と見つけた山本光学のYG-5200シリーズ(一番安いセルロースレンズ)


なかなか良い、スポンジ無しだとメガネの端っこがレンズに接触するギリギリだがスポンジを付ければ問題無い
通気性、視界の広さ、ヘルメットへの干渉、どれも良い


⑤:④の結果をもとに実戦配備はちょっと良いものを!ということで買った
  山本光学のハイスペックゴーグル YG-5150R(YG-5100シリーズの最上位)


ダブルレンズが良い物であろうと単純に思って買ったが薄暗いところで光が2重に映ったりするのがちょっと気になる
 あと内側の曇り止めコーティング面がちょっと拭き痕が残りやすいのが非常に気になる・・・




実際に④と⑤を装着しバイクで走ってみまして
最終的に採用したのは山本光学の「YG-5200 PET-AF」です
YG-5200 PET-AFYG-5200 PET-AF


実際に使うにあたって買い直しました(レンズだけ買うより丸ごと買い直したほうが安かった)
④番のゴーグルよりもレンズが上位のものになっていてJIS規格適合のポリカーボネートのレンズ
さらに両面ペトロイド硬化加工されたものです。両面硬化処理されているので少し拭いたくらいでは傷が入りにくい
(上位ゴーグルに「YG-5200 PET-AFα」があるがこれは片面硬化処理レンズなので間違い注意)

フレームベンチレーションという通気口があるけどバイクで走る分には風が吹き込んでくるような
感じのものではなかったので程よい感じ



自分の大きいメガネ(サイズ:58□15-146)でも余裕


これにエプトシーラというモチモチとした低反発スポンジを張りつけ、はみ出したスポンジをカットして成形し
_0036393.jpg

PPクラフトシートで作ったノーズガードを強力両面テープで張りつけ(役割は主に鼻の日避け)


ゴムバンドの長さが足りないのでホームセンターの裁縫コーナーで買った15mm幅80cmのゴムバンドに交換



完成




ゴーグルの形状は広い視界を確保し大きいメガネでも楽々の良好な装着感
普通のオフロードゴーグルよりも小さいので多少の位置調整OK
伸縮率の高い普通のゴムバンドは圧迫感の無い着け心地を実現
レンズは0.6mm厚で薄めだがポリカーボネート製でJIS規格クリアのもの
ベンチレーションはたぶん効いてるけど足りないならあとで穴あけるとか調整すればいいかな
実際の高速走行でも特に問題無く使えました。

と、良い所を並べるとこんな感じですが

本体強度、レンズ強度、バンドの固定力はさすがにオフロード用に勝てない
レンズの種類をほぼ選べない
など至らない点もあります

あと見た目は・・・まぁ・・・機能重視ということで・・・バレナイ・・・たぶん・・・
いちおう 山本光学=スワンズ なので、聞かれたら「スワンズのゴーグルです」と答えます(´・ω・`)

今回は試行中にちょっと上位のオフロードゴーグルが買えるほどの散財したのでコスパは悪かったですが
現状ではこれが自分にとっての理想のオフロードゴーグルになりました

いちおうメーカーの想定外の使い方ではあるので万が一同じ事をされる場合は自己責任でよろしくです。
でも同じような事してる先輩諸氏はきっとどこかにいると思うのだけどなぁ・・・



※ちなみに試行で揃えた安全ゴーグルは主にsk11(藤原産業)の名前でホームセンターに並んでいたものですが
 中身は山本光学のゴーグルのようです。








山本光学 レギュラーゴーグル YG-5200 PET-AF




ナルシストの丘

熊本の名所案内シリーズ:001

ナルシストの丘
ナルシストの丘

天気が悪く良さの伝わらない写真ではありますが・・・有明海に面した見晴らしの良い丘です。
夕焼けスポットらしく、晴れていれば雲仙も見えるはず
熊本市側からココに至るまでの道はバイクで走ると気持ちいい信号も少ないワインディングロードです


しかし・・・この看板必要? すごく居づらい気分になるのだが・・・
ナルシストの丘




ワークマンのレインスーツBIKERS

ワークマンに靴下を買いに寄ったら「バイク乗り向けに新発売!」といっぱい積んであったのでついつい・・・

ワークマンのレインスーツBIKERSです
プロテクター付のジャケットの上からでも着られるようにとサイズは5L
ワークマン BR001 レインスーツ BIKERS


写真色々


付属品は
・スタッフバッグ
・フード(ボタンで装着)
・防水ネックガード(裏地は起毛)
_0036273.jpg_0036288.jpg

重量は上下合わせて約1.5kgくらい
_0036320.jpg


見た感じの特徴は
・素材は透湿素材ではありませんが結構生地は厚めでちょっとズッシリしてます、丈夫そう
・縫い目は結構しっかり縫ってある感じで、ズボンの縫い目の処理をみるとしっかりシームテープで処理されているようす
・ズボンの膝部分にはウレタンパッドが入っている、これは取り外し可能
・腕と腰にバタつき防止でベルクロで絞れる部分があり裾にもドローコードがあり絞れる
・ズボンには腰の後ろのところにフラップ?あり、前傾姿勢でめくれた時に備えてかな?
・ポケットはどこにも無し
・防水ネックガード付なのはありがたいが裏起毛なのでとても暑い・・・でもこれは単品で冬用にいいかも
・メタボの自分にとっては5XLサイズがあるレインスーツは貴重・・・


スタッフバッグに入れるとこんな感じ(膝パッドは外してます)
_0036329.jpg_0036328.jpg

圧縮すると2/3くらいの容量にはなりそう


いつものバイク用ジャケットより1サイズ上ですが着てみた感じは
・プロテクタ入りのメッシュジャケット(コミネの3XL)の上に着ても特にツッパリ感無し
・ズボンもニーシン付けたままでもはける程度の余裕あり
・ズボンはライディングブーツを履いたままだと引っかかってうまく履けないが
 ズボンのほうのメッシュは半ズボン型になってるのでソールが引っかからないような靴だとわりといけるかも
・生地が厚めの為かなんだか安心感?あり
・5Lサイズは胸とか胴とか大丈夫なのだけどさすがに丈が長かった、でもこれは「コート」だ、ということにして気にしない

雨の中を走ってみてはいませんが、バイク用として売り出しているので
前面の合わせ目もちゃんとしてるようだし滲むとかは無いと信じる・・・

素材・重量・収納容量などはバイク用としては微妙な位置ですが「丈夫に作りました」感と値段はちょっと気に入りました。
雨具は上を見ればもっとスゴイものがいっぱいありますが、雨の日に乗る事も少ないのでひとまず雨対策はコレで
(いままでは安い作業用ナイロンズボンとジャケットの防水性任せだったので結構進化)








ワークマン BR001 レインスーツ BIKERS

ホーネットADVのシールド交換

お外が眩しくてなんだか目が痛い・・・とツーリングの時に思い初めてはや2年
スモークシールド買いました

ホーネットADV用のソフトスモークミラー


ADVのシールドはクリア、ダークスモーク、ソフトスモークミラー と3種類あり
あんまり暗いのは夜危ないだろうとソフトスモークミラーを選択


クリアのと比較



「ソフト」とはいえ十分効果ありそう

ピンロックを移植して装着




ミラーにするとシールドの面積の大きさが目立つ・・・ただでさえ大きいADVがさらに大きく見える・・・



昼時は思った通りの遮光効果、世界が涼しく見える

でも夜中にかぶって外を見まわしたところ・・・思ってたより結構暗くなっちゃう
ソフトスモークでこれだとダークスモークならどうなっていたのやら・・・
夜中はちょっと運用方法を考えねば





ポーター ボンド 2WAYブリーフケース

いままで仕事用のバッグはポーターの"クリップ"2WAYブリーフケースだったのですが
荷物が増えてきたのと気分転換にということで新調しました。

ポーターの"ボンド"シリーズの2Wayブリーフケースです
ポーター ボンド 2WAYブリーフケース



店長曰くショルダーベルトの基部がポーターにしてはあまりないタイプだがシッカリ作ってるので大丈夫とのこと
中身はクッション付の大型ポケットとメモ帳等用のポケットx2+ペン用x1
あとペットボトルや折り畳み傘用のポケットが内部両サイドに1つづつ
ショルダーベルトはハンドルと同じ素材のベルト、各パーツは金属製
真ん中の所は柔らかい素材で滑り止めも兼ねてるのかな?
底の所も簡単には変形しそうにない感じ、でも重いもの入れるなら底板足したほうがよさげかな?

店長が行ってたポケットの所の丈夫な縫い方(末端を三角に縫ってる)、こういう細かい所がなかなか良いらしい





値段はちょっと高かったけど・・・
これからほぼ毎日(平日)使うバッグですので気に入った鞄のほうが仕事のモチベーションも多少は?
ということで奮発しました
(まぁ「高級カバン」と言われるモノの値段からすると安い部類なのでしょうが・・・)


選ぶにあたって目を引いた特徴としては
・「鎧布」(がいふ)と呼ばれるいかにも丈夫そうな素材
・底鋲がついてる
・以前より容量が多い
・バッグ単体で自立すること
・ペットボトル用ポケット付(2つも)
・パソコン・タブレット用のクッションポケット付
・所々の牛革がなかなか
・周りの人とかぶらないシリーズ(周りに結構ポーターな人が多くて・・・)

といったところでしょうか


前のカバンでは色々良くない思い出も多かった気がするが・・・このカバンはどうなるかなぁ



追記
しばらく使ってみると底の部分が柔らかいようでポッコリとなっちゃう



こうなると立たせようとしても安定感が薄いので樹脂まな板で底板を作りました







吉田カバン ポーター ボンド 2WAY ブリーフケース


サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


クシタニ Eコーデュラパンツ


トロイリー Revパンツ


Thor Range ジャケット


Thor Range パンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


ABUS Provogue 305


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


TOP工業 ハイパーレンチ


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30 (英語版)


Transystem TripMate852


ドイター トランスアルパイン25


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)