アディロンダックのマイクロチェア

アディロンダック(ADIRONDACK)のマイクロチェアです
アディロンダック(ADIRONDACK)のマイクロチェア


ツーリングでも震災でもちょっとコンパクトな折り畳み椅子が欲しいな~と
特に決め手もなくぼんやりと思ってましたが~
ふと見かけたこのイスが気に入ってしまってゲットです

写真色々



フィリピン産です


色はこれしか在庫なかったので選べなかったけど置き忘れ防止にもいいかな?

高さは約31cmほど、小形な割には高い座面



折り畳み時には2番目のとこのフレームは固定されていて中心部分は常にこの形で折り畳まれます


重さは約590g



鉄フレームの同じ構造のコンパクトチェアはロスコなどのモノがありますが
こちらのはちょっと高いけどアルミ製で軽い仕様です
鉄のほうは900gだとか


収納袋付です



耐荷重は80kgとのことでメタボな自分が座るとイスから悲鳴が聞こえそうではありますが


取りあえずは無事座れてます
背もたれとかは無いけどフレームも気にならず座り心地はなかなか良いほうかと





さて、コンパクトではありますがツーリングに持っていくとなるとちょっと大きい
なるべく邪魔にならず携帯する&すぐに取り出せるような・・・と悩み
マイクロチェアのサイズからなにか丁度良いものはと探し見つけたのがこれ

コンドルのラージユーティリティポーチ



なるべく薄いバッグということでほぼイスのみが入る大きさ


ミリタリー物には多いMOLLEシステムでサイドバッグとしての取り付けも割とらくちん


補強代わりにPPクラフトシートを下敷きにしこんな感じに装着




このポーチは3つ折スコップとかも入れられる大きさなのでそっちのケースとしても良さそうです(要補強)

なるべく長持ちするといいなぁ・・・











アディロンダック-ADIRONDACK マイクロチェア



CONDOR ユーティリティポーチ ラージ



スポンサーサイト

ZETAのプロアーマーハンドガード

ハンドガードは自作したマウントで取り付けてましたが、



またアーマーハンドガードにもどそうかなと押入れから引っ張り出した時に以前気になってた歪み事を思い出しあらためて観察


転倒してアーマーハンドガードを強打!ってことを林道でもアスファルトの上でも何度かやらかしてます
おかげで特に被害もなくやってこれましたがぶつけ方の差なのか少し歪んで左右の形が微妙に違う
微妙な歪みですが固定する際にちょっとハンドルへかかるストレスに差が結構でます・・・


アーマーハンドガードにも「プロ」がでてるらしいと知っていたので
すこ~し悩んでポチッとな(地震以降ポチリミッター解除状態継続中!)

ZETAのプロアーマーハンドガード ベンド(ブラック)




違いがわかりやすいのはサイド部分にプロテクターが付いた事でしょうか
確かに一番傷つくところなので良い感じ(固い樹脂?)



あとは無印ハンドガードではシールで塞いであったハンドガード用のネジ穴が隠されてないとか
主なサイズや形状は無印と変わらないようです



一番良くできてるな~と思ったのはバーエンドアダプターの部分



無印用のバーエンドアダプターと比較すると長くなりギザギザもシッカリしてます


ハンドルのエンド部分とぶつかる部分に5mmほど?のスペーサーっぽい形状があるのもなかなかわかってる様子
転倒→ガード変形→スロットル固定って事にならないように
いつもはこの部分にワッシャーとか入れたりスロットルを少し内側にずらしたりしてましたので

さらに良いのがネジを締めてアダプターを押し広げる為の小さいパーツ(左は無印用)


最初はバリが残ってるのか?と思ったのですが
この小さい凸は反対側にもついていてアダプターの溝にはまるようになって供回りを防ぐ仕組みみたいです

取り付けで供回りしちゃってなかなか締まらないって苦労した人にはこのちょっとした工夫の価値がわかるはず・・・

ガード側にも溝がありアダプターの固定をさらに強固に


このバーエンドアダプター部分の強化が「プロ版」の核心っぽい


取り付けですが


普通につけるとサイドマウント部分との傾き差が出るのでこんな感じで少し角度があるのを


ボルトの締め付けによる「変形→ハンドルへのストレス」を防ぐ為にサイドマウント部分はテーパー座金を使用




昔はガチガチに締めあげてましたがバーエンド部分の形状とサイドマウントの固定位置と結構安心な感じですので
なるべくハンドルへの固さの影響が少ないようにキュキュッと程度で締め
ZETAのプロアーマーハンドガード



やっぱりアーマーハンドガードは安心感が違う・・・



プロアーマーハンドガードはいくつか注意点がありますのでご注意を

・マウンティングキットが付属していないので別途買う必要がある
 サイドマウントの他にも最近はU字クランプとか出てる
 


・セロー250の純正ハンドルには装着できない
 穴径が合わないので社外品ハンドルに変えないと難しいと思われます
 


・ハンドガード部分の樹脂プロテクターも別売りですのでお好きな形状のものを
 取り付けない運用の方も多いです
 自分が装着しているのはXC-PROプロテクター




トータル費用では無印と比べて高くなりますがオフ車に長く乗るようであればなかなかおすすめです









ZETA プロ アーマーハンドガード ベンド カラー:ブラック




セロー250にツーリングシート装着

セロー250のツーリングシートです。勢いで買っちゃいました。
セロー250 ツーリングシート


いままで自分でアンコ盛りしてみたりシート革を変えたりと色々してきましたが
快適さを求める気持ちには底が無く、さらにその上があるのならばと・・・

見た目平らな面が広くなり、最底部の位置が後ろ寄りに?
触った印象が今のアンコ盛りしたシートより「硬い」、なんというか淵までしっかり硬い

シートは柔らかすぎてもダメとか聞くけど、元の純正はどうだったかな・・・思い出せない・・
アンコ盛りもこのくらい硬くないとダメだったのであろうか


さて、このツーリングシート、水が染み出る(雨に降られた後)との評価が多い品
既にわかっていることであるのであればってことで試し乗りする前に防水加工をしちゃいます。

内容は
・内部に被せてあるであろうビニールを丈夫なものに交換
・シート革の縫い目にコーキング材を塗りまくり


復元用に写真を撮ったあとにタッカー(STRAIGHT)と針抜きを準備し革外し
(剥がす前に革の位置をサインペンかなにかで印をつけておくと同じ張り具合に戻しやすくなると思います)



革を取ると薄いビニールで包まれた本体が



ビニールが思ってたより薄い、これを分厚くすれば?とも考えたけど硬いビニールだと座り心地も変わってしまうのでは?
と思い厚いビニールへの交換は中止です

一部破れてしまったので梱包時に被せてあったビニールが丁度同じような感じでだったのでこちらに交換





次にシート革の縫い目にコーキング塗布

縫い目はこんな感じ



これをバスコークで(乾燥後も硬化しない柔軟なものならばなんでも?)



縫い目の上と合わせ目の隙間に塗りこみ、そして塗り重ね、その後1日乾燥の為放置
_0036616.jpg


あとは慎重に写真をみつつタッカーで止めて、不要なビニールをカットしたりして完成



装着前後



アンコ盛りバージョンと比べると平らな部分の多さが目立ちます



座って見るとタンクとの隙間が少し大きくなったような気がするけど気にしない



シートの配色もあってかセローちょっと太ったような感じに?




少し試走してみての感想ですが
・お尻の接触面が少し増えたのとあわせて内腿も少しシートの上に載せてるような感じになってる
・シートが太くなったせいかニーグリップならぬモモグリップがやりやすくなってる
・タンク近くのくぼみが浅くなって後ろ側に座るのも少し楽になったような
・シートの硬さは「あ~硬めのほうが正解なのかなぁ・・」と、これの好みは個人差が出るかな
・お尻の痛くなってくる時間(スタンディングで尻休みしたくなってくる時間)は2割増で改善だろうか
 (自作アンコ盛りシートと比較して)
・足付きは特に気になるほどは差がでなかったが、視線の高さが随分上がった
 今までより硬いシートで沈み込みが減ったせいかな
・膝の曲がり具合が少し改善、スタンディングの為のスクワットもちょこっと楽に

多くを語るにはまだ走行距離が足りないですがマイナスな面はあまり無さそうです
値段が高いのがネックですが・・・いや値段が高いからこそブラシーボ効果でさらに快適度抜群!
(病は気からといいますし・・・)

シートは改善手段は限られますのでセローに長く乗るのであれば買っても損はないかと








セロー250  ツーリングシート





サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


クシタニ Eコーデュラパンツ


トロイリー Revパンツ


Thor Range ジャケット


Thor Range パンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


NGKプレミアムRXプラグ


NGKプラグキャップ


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


ABUS Provogue 305


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


TOP工業 ハイパーレンチ


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30 (英語版)


Transystem TripMate852


ドイター トランスアルパイン25


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)