セロー250のチェーン交換とスプロケット交換

一ヶ月前にチェーンとスプロケット交換を予定していたのですが
取り寄せに時間が掛かっていたパーツがようやく届いたので取りつけしてみました。

「チェーンとスプロケットはセットで交換するもの」らしいとのことなので準備したのは
XAMのスプロケット


XAM(旧AFAMジャパン)の
・ドライブスプロケット14丁
・ドリブンスプロケット50丁(クラシック)
・PCY(スプロケットアダプタ) ←これが遅れていた

EKチェーン 428ZVX
EKチェーン 
・428ZVX(GP/GP) クリップ式 130コマ

あとは純正のロックワッシャー



純正のスプロケットは15-48ですが林道でもうちょっとユックリ進みたい時が多い&見かけ上のトルクが欲しい
ということで変化がわかり安いように一気に14-50に変更です

チェーンはフリクションロスが少ないタイプを試したい&錆びがメンドイ
ということでEKチェーン ZVXのゴールドメッキを選択、内側のプレートに穴が開いてるのが特徴
スプロケの丁数が変わるので130リンク(純正128リンク)です。


まずドライブスプロケットの交換から
スプロケットカバーを空けて(大層汚い・・)


ロックワッシャーの爪をドライバーでコジリ起こして


準備してた30mmのソケット(STRAIGHTの角をなめない仕様のやつ)をフレックスハンドルにセットして


ギアを1速に入れて&リアブレーキを踏みつつ・・・「セイッ!!」





・・・(´・ω・`)ビクともしない
まぁこうなることは調査していたので想定内


万能延長棒(鉄パイプ60cmくらい)出動


壊れないかビクビクしながら力をいれていくと「キシッ」と音を立てて緩んでくれました。
これくらい長いとセローの中で一番固い?ナットも回ってくれるようです。


取りつけ前に掃除して取りつけ トルクは110N・m

チェーンをかけてタイヤも接地させてブレーキを思いっきり踏んで無いと回ってしまうトルクです。

あとはロックワッシャーの爪を密着させて完了
(両方密着させましたが初期は片側だけだったので片側だけでもいいのかも)




次にリアタイヤを外してドリブンスプロケットの交換です。
(ここからなんだかヒドイ方向へ進みます)

その前にベアリングの様子を見ようと指で触ってみると・・・
回りません!
グリスで滑るからだろうとパーツクリーナーを吹き付けて良く拭いて・・
回りません!

木の棒(錐の柄)を突っ込んで回してみるとようやく回りました。
まったく回らないわけでは無い様子だけど以前のメンテ時に比べれば明らかに回らない。
これはヤバイなぁ・・と思いつつも今はどうしようも無いのでグリスをベアリングに足して次の工程へ


前に付いてた純正スプロケを外してPCYをはめてスプロケットをはめて
対角に締め上げ トルクは33N・m

と・・ここでまた事件発生・・・

締め上げていくとトルクレンチのクリック音も感触も無いのに手ごたえが無くなっていく・・・
やばい・・・この手ごたえはまさしく・・・

慌てて外していくとナット側の山がなめていました
スタッドボルト側に削り取られてクルクルの針金のようなものがついています。

この時は「純正ナットのやつなんと根性のない!」と思っていました。
急いでDIY店に走りステンレスのセルフロックナットを購入
20110521-_0016192.jpg

そして取りつけの続きをしてみると
どうもトルクレンチの33N・m付近がどうにも怪しい
25N・mで締めるとクリック音がするのに33N・mではどこまでも回るような気配・・・

これはトルクレンチがおかしくなってる???純正ナットがなめたのもこのせい???

気分はすっかり落ち込んでしまいました・・・
スタッドボルト1本がなんだか舐め気味、他のスタッドボルトもセルフロックナットの取りつけの繰り返しで傷が・・
しかたなくこれ以上被害を増やさないように規定より少し低いトルクで作業を続行

とりあえず装着完了
セロー250にXAMのスプロケット装着後



次にチェーンの交換
DRCのチェーンカッターでピン抜きして古い純正チェーンを撤去
DRCのチェーンカッター

コレは結構スムーズに完了

※廃棄するのでそのままチェーンカッターでピンを抜きましたが
 リンクを短くする為などチェーンを再利用する場合はピンの頭をヤスリで削り落とす事が必要
 ピンの頭がちょっぴりかしめてあり太くなってるのでチェーンの筒部分が傷つきます
 大きいチェーンでは工具側が壊れるのを防止する為に削る事もあるらしい


タイヤを取りつけ新しいチェーンを通してスプロケット部分でクリップジョイント装着
チェーンは EKチェーン 428ZVX 130L 
セロー250のチェーン交換後

いちおう600ccクラスのも許容してるのでセローくらいのパワーなら大丈夫であろうっと専用工具の必要が無いクリップ式です
クリップ式でもプレートの圧入があるのでプライヤーレンチとナットを利用して前後を少しずつ交互に圧入


色々問題がでて暗い気分ですが見かけ上は完了(-_-;)

20110522-_0016206.jpg

チェーンアジャスターは岩などにぶつからないように逆付けですがこの位置
チェーンアジャスター

リアタイヤとマッドフラップのクリアランスもこれくらい




反省会
今回問題が出たトルクレンチ、ベアリング、スタッドボルトについて調べてみると
どうやら自分が悪かったようです・・・

・トルクレンチを保管するときは測定下限に目盛りをあわせること
 →「ユルイほうが負担が無いだろう」と下限の下までセットして保管してた
   20~110N・mなら20N・mに合わせる(上でも下でもダメ)

・トルクレンチはラチェット部分以外に注油してはならない
 →その昔、買った当初に「防錆防錆~」っと隙間から中に注油してたのを思い出す・・・

・ベアリングに対してパーツクリーナーを使ってはいけない
 →思いっきりつかってました・・・

・ベアリングの動きが悪い場合はボールがゆがんだか、カラーと接触して全てのベアリングが
 つながった状態である可能性がある、もしくはグリス切れなど
 →ベアリングの動きが悪い理由を予想すると
   ・パーツクリーナーの残り汁でグリスがダメになった、もしくはそれが起因でボールに歪みがでている
   ・狂ったトルクレンチで数値以上の高トルクで締め付けでベアリングが押し込まれカラーに接触している
    もしくは転倒の衝撃でカラーに接触、もしくはベアリングのカラーがずれている
   ・上記の全ての複合


はぁぁぁぁ・・・落ち込みます・・・

とりあえずバイクがちと不安な状態になってしまったので下記のを実行するまで乗れませんな・・
・もう信用が無くなったトルクレンチは買い替え
・ダメージを受けたスタッドボルトは交換
・ベアリングも交換(専用工具パイロットベアリングプーラーが必要)
・バイクの各ボルトチェック(乗ってて分かる不具合はないので軽症ではあると思いますが)


地デジTV買おうと貯めていた諭吉様が消えていきます。
自分でメンテされている方はくれぐれもご注意を・・

スプロケ交換のインプレは先になりそうです。



オマケの重量比較(汚れ&グリスの誤差含む)
XAMスプロケットの重量
PCY+ドリブン50丁 = 536g

純正スプロケットの重量
純正ドリブン = 1084g

EKチェーンの重量
EKチェーン 428ZVX 130L = 1513g

純正チェーンの重量
純正 DID 428V 128L = 1587g




関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

Re: チェーンの切り方 - カイトス - 2016年08月30日 21:40:54

こんばんは、松井さん

ご心配をおかけしましたがチェーンカッターは廃棄するチェーンの撤去に使用したのみで
新品のチェーンはカットしていませんので大丈夫です
読み返すと誤解されるような文章だったのでちょっと記事には追記をしておきました~

実の所、今度スプロケ交換と合わせてチェーンも交換しようと準備していたのですよね
準備してるチェーンが今よりコマが多い132リンクのもの
大きすぎたらカットしようとは思っていたのですがピンの頭削りに関しては曖昧な状態でした
コメントのとおり短くする場合ば頑張って削ってみます

しかし・・・まだ漏らしていないはずのネタに関係するコメントが丁度良くくるというのは以前もあったのですが・・・
偶然なのでしょうけど不思議な気分になります



チェーンの切り方 - 松井 一文 - 2016年08月30日 17:13:15

もう5年も前の事なので今更なのですが、私は今初めて見ましたので、気になった事を一つ。

チェーンの切り方はさらっとしか書かれてませんが、ご存知なら外せない事なので、言及が無いという事は、多分そのままカッターでピンを押し込んで切られたのだと思います。

そうだった場合、ジョイントのピンを通してこれから使う、内リンクのブシュの内径面に、ほぼ致命的と言っても良いダメージを負わせていることになります。

そんな事はやってみなかったでしょうが、押し込んだピンの頭が内リンクの中に有る状態でそのジョイントを曲げようとしても、ガッチリ食い込んでいて素手では全く動かなかったと思います。

アルツなおっさんなんで、細かい事を忘れてるのですが、ピンの頭は確か普通のヤスリで削れた筈で、もし硬くて切れなくても、百均のダイヤモンドヤスリで間に合う筈で、サンダーやリューターが無くても大丈夫です。

ジョイントは弱いといわれていて、確かに昔のはそうで、今のは問題無かったとしても、、抜く前に頭を一つ削り取れば良いだけですので、ジョイントの相手側の問題でも有り、その一手間は是非掛けてあげて欲しいところです。


隣近所のリンクに切粉が付かない様にするのが、一番の手間かも知れません。

トラックバック

URL :

サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


クシタニ Eコーデュラパンツ


トロイリー Revパンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


NGKプレミアムRXプラグ


NGKプラグキャップ


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


ABUS Provogue 305


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


TOP工業 ハイパーレンチ


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30 (英語版)


Transystem TripMate852


ドイター トランスアルパイン25


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)


TGR
パフォーマンスリアショック