オイルフィルターカバーのOリングにグリスを塗る

以前の続きでオイル滲みが続くオイルフィルターカバーのOリングにシリコングリス塗ってみました。


サービスマニュアルには「ヤマハグリースB」とあるのですが、フロントフォークのOリングにも
オイルフィラーキャップのOリングにもこのシリコングリス使ってるのでそのまま利用です。

とりあえずベタベタ塗りつつもオイル経路に接する部分はなるべくふき取って取り付け
蓋の方にも薄くガスケット代わりに塗り塗り



そしてアイドリングしてみると・・・



なんだかグリスがジワ~っとでてきた・・・
オイルパイプ近くのトコはエンジンオイルも抜けてきてるような・・・

なにか問題あったかな?と蓋をあけてチェックするもののはっきりとはわからず


締める順序のに問題があったと仮定してこの漏れてくる所の位置から本締めを開始して
一番密着するようにしてみる、あとシリコングリスを少し厚めに塗り塗り



そしてアイドリングしてみると



予想外に下からドバドバと漏れ出るオイル・・・
エンジン止めて慌てて蓋外して更にベチャベチャに被害増大・・・



どうやら締める前に蓋の溝からOリングが外れてしまってそのまま締めちゃって千切ってしまったみたいです


予備は確保してたので事なきをえましたが・・・



気を取り直して再セット
アイドリングすると淵に塗ったシリコングリスは出てきますがエンジンオイルは出てきません。


100キロほど走ってみましたが、エンジンオイルの滲みは発生せず。
シリコングリスが出てたのも収まったかな?

滲んできてたシリコングリスの原因は2通り推察してます

1.隙間に粘度と表面張力?で留まって圧力に耐えてスプリングワッシャーかのようになっている状態のグリス
  それが振動による液状化?や熱で粘度が下がりニュリュニュリュと出てきている、つまりグリス塗りすぎ
  →不要分が出尽くせば出てこなくなるはず

2.内部のエンジンオイルの圧力で押されて単純に出てきている
  →いずれエンジンオイルの滲みが始まる・・・


う~ん・・・1であって欲しいところですが・・・しばらく様子見です。


現状がうまく行ってると過程した場合のオイルフィルターカバー注意点
・Oリングにはグリスを塗る
・ボルトの本締めは左上から
というところでしょうか


これでダメなようなら
・純正フィルターに交換→サイズが今のよりちょっぴり薄ければキチンと蓋が隙間無く閉まるかも?
・フィルターカバー交換→少し歪んでるのかな・・最後の手段、ちょっと高いし・・・

かなぁ






追記
この件に関しては以後の試行から以下のようにする事で解消されました

・フィルターおよびOリングは純正を使用する
・Oリングのシリコングリス塗布は艶出し程度の気分で薄く塗り伸ばす感じで、
・カバーの金属同士の合わせ目にはグリスやオイルなどは塗らない事(微細な隙間を作ってしまう)
・カバーのボルトは良く脱脂し左上のオイルラインに近いボルトから本締め
・ボルトはくれぐれも締めすぎない事

オイル滲みの原因とはしては
・キジマのフィルター本体についてるゴムが固くその分蓋を締める時に上手く潰れてくれなくて
 カバーの密閉しきれてない状態になる
・キジマのフィルターに付属のOリングは微妙に細く荒っぽい、純正のほうが上質
と判断しました。

追記2
社外品フィルターではベスラ、デイトナは〇との情報あり

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

Re: - カイトス - 2015年10月14日 21:58:15

こんばんは、shigesanさん
報告どうもです、09でしたか
話からするとキジマのは特に昔から変わってなさそうですね
フィルター1個の事なのに色々ありますな~



- shigesan - 2015年10月14日 17:23:34

カイトスさん
お返事遅れてすいません。純正フィルター来ました。-09のものでした。
キジマと寸法比べましたが目視でキジマの方が明らかに小さいです。
ノギスで測ろうかと思ったのですが、テンションだだ落ちのため止めました(笑)
ゴムの部分も小さくやっぱりこれでは漏れてくるはずです。

数百円のコストで残念な思いしたくありません。次回も純正品にします(笑)
以上、オイルフィルター諮問委員会から報告でしたー!

Re: - カイトス - 2015年10月11日 09:22:41

shigesanさん

これはなかなか良い情報ですねベスラ、デイトナは〇と
記事の各所に追記でいれときます
キジマのフィルターで起こる隙間も「Oリングを純正にする程度で解消できる隙間であった」
といることなのかな?Oリング無しとする事に合わせてこっそり仕様変えてるかもですが

部品検索で見ると確かに2012年式から純正フィルターが01になってますね
これは気づきませんでした

セローのクランクケースの品番は2010年式で01,02と変わってる時期ですが
部品検索ではそれに合わせて特に01フィルターを使用するような指定が無いので
クランクケース変更に合わせたものではなさそうです、あとOリングの型番は変更無いようですし
フィルター01は単純に性能アップ?もしくは問題解消版?
WR250RやYZ250Fなど他のバイクも同様の型番のフィルターを使用してる様子なので
内部構造の変更なのかもしれません。

そこでちょっと新たな謎ですが
自分もフィルターはまとめてキープしてるので最後の注文メールをチェックすると00を注文してました(3個ストック中)
で、実際にフィルターの箱を見てみると型番は「5D3-13440-09」(初めて意識して見てみた)
ん?「09」?
箱に記載されてる対象モデルからすると間違いは無いようですし、実際に同時期注文のフィルターを既に使ってます

YAMAHAのホームページの「オイルフィルターの基礎知識」
http://www.yamaha-motor.co.jp/parts-search/genuine/oilfilter/0003/
には適合が09になってました。
ひょっとしてパーツリストの更新忘れなのか?それともそういう記載ルールなのかも
00で注文しても09が届いてますので自動変換されるような共通型番?のようなものなのかもしれません
純正フィルターを注文される予定であるなら型番見てみてくださいな
ひょっとして末尾が「10」とかになってたりして

- shigesan - 2015年10月10日 23:17:11

カイトスさん
フィルター問題(笑)ですがバイク用品店に問い合わせたところ、ベスラ、デイトナには問題出たことは無いそうです。そこは量り売りオイル交換サービスが売りでかなり台数こなしてるので信じられます。上記二社はOリングは付かないので必然的に純正Oリングなのは肝かもしれないです。

あと気になるのがモノタロウのオリジナルでしたが、これはFI車モデルには
オイル漏れの報告ありです。やはりOリングの寸法が荒れてるそうです。

肝心のキジマですが、現在のロットはなんとOリングの付属サービスを中止したそうです!要するにキジマにもかなりの問い合わせがあったように思います。

フィルター純正品番 5D3-13440-00(旧) から 5D3-13440-01(現行) 
下二桁が改変の証なのでもしかしたら現行品は仕様変更があるのかもしれません。
以上報告でした(笑)

Re: - カイトス - 2015年10月09日 23:38:21

shigesanさん
正確な高さの寸法までは測ってませんがキジマのはゴムの材質がもうちょっと柔らかければとは思います
ひょっとしてキジマのフィルター本体のゴム部分の直径が小さかったのはその分潰れ安くしたつもりだったのかも?
となると・・・もっとあれを切り刻んで直径を小さくすれば!
・・・やっぱり純正推奨で・・・
フォローしときましたよ~ ブログの更新通知しかつぶやいてませんがよろしくです

- shigesan - 2015年10月09日 21:26:16

カイトスさん
お返事ありがとうございます。詳細記事拝見しました。ここまで緻密なデータは
本当に助かります。まさかフィルターの寸法までいい加減とは・・・。
以前225に乗ってましたがキジマで問題無かったので信用していました。
この話、キジマにメールしてみようと思います。メーカーが把握していない仕様
変更があるような気がします。モノタロウの送料合わせでキジマフィルター
たくさん在庫抱えてしまいました・・・。
数日内にフィルター交換予定だったのでアドバイス助かりました!
それとツイッターでセローのある日常という名前でカイトスさんフォローさせていただきました。よろしければリフォローお願いしまーす!

Re: タイトルなし - カイトス - 2015年10月09日 20:51:07

こんばんは、shigesanさん

どこかに経過を書いたような記憶があったので探してみたら
「セロー250のメンテナンスメモ 2014/2/9」http://cetus4.blog47.fc2.com/blog-entry-596.html
に書いてました。
わかりにくいのであとで追記しておきます~

結果からすると、フィルターもOリングも純正に戻して現在特に問題は出てないです

原因とはしては
・キジマのフィルター本体についてるゴムが固くその分蓋を締める時に上手く潰れてくれなくて
 カバーの密閉しきれてない状態になる
・キジマのフィルターに付属のOリングは微妙に細く荒っぽい、純正のほうが上質
と判断しました。

今現在のフィルター交換に関する決まりごとは
・フィルターおよびOリングは純正を使用する
・Oリングのシリコングリス塗布は艶出し程度の気分で薄く塗り伸ばす感じで、
・カバーの金属同士の合わせ目にはグリスやオイルなどは塗らない事(微細な隙間を作ってしまう)
・カバーのボルトは良く脱脂し左上のオイルラインに近いボルトから本締め
・ボルトはくれぐれも締めすぎない事
のような感じです

症状が出てるようであれば現在でもまだキジマの仕様は同じ感じなのでしょうかね
参考になれば幸いです


- shigesan - 2015年10月09日 17:57:42

はじめまして。随分昔の記事にコメント失礼します。あれからオイル漏れどうですか?
自分も全く同じ症状で漏れてます。キジマのOリングにシリコングリス塗布でも
やはり漏れますね。もうキジマのフィルターは購入控えようと思ってます。
多分純正の寸法のOリングでないと漏れると思われます。
意外にOリングの寸法ってシビアで大きなメーカーは設計段階で気を使う部分です。

少々高くてもオイルが漏れるのは嫌なものです。貴重な記事ありがとうございます。

トラックバック

URL :

サイト内検索
記事カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
PR
アクセスカウンター
プロフィール

カイトス

Author:カイトス
愛車:せろー250 (Fi)
どうぞ宜しく


●にほんぶろぐ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ

●ついったー(ページ更新通知)
 Twitterプロフィール頁へ

◎Information
・当サイトはリンクフリーです
・当サイト中の文章や写真を無断転載する事は禁止です
アドレスQRコード
QR
愛用品(もしくはその現行品)
AP 10W LED丸型ワークライト


HORNET ADV


ツアークロス3


山本光学
YG-5200 PET-AF


JRPグローブ SVN


JRPグローブ SPM


JRPグローブ GBW


ガエルネ タフギア
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガエルネ フーガ


ガエルネ FASTBACK


ガエルネ ロングソックス


KOMINE SK-462
ハードニープロテクター


コミネ(KOMINE)
SK-690 CEフレックスニーガード


ケブコブーメランベルト


フォースフィールド
バックプロテクターProL2K/EVO


フォースフィールド
エリートチェストプロテクター


ラフ&ロード RR10061
ボディープロテクターベスト


パールイズミ
コンフォート パンツ


クシタニ Eコーデュラパンツ


トロイリー Revパンツ


コミネ ウインターオーバーパンツII


NGKプレミアムRXプラグ


NGKプラグキャップ


ツーリングシート


プロアーマーハンドガードベンド


ZETA ハンドガードマウント
サイドタイプ


ZETA XC-PROプロテクター 黒


EDスキッドプレート


POWER BOX(パワーボックス)
エキゾーストパイプ SP忠男


DELTA バレル4S


DELTA トルクヘッドパイプ


DNAモトフィルター


STEALTH TAPERバー
アブソーブ TXC2


STEALTH
テーパーバーマウント


プロテーパー
PILLOW TOP グリップ


PROGRIP フランジフォーム


ZETA ピボットレバー
4フィンガー


ZETA ハイスロットル


DRC ムシ回し付
エアバルブキャップ


DRC エアバルブマッドガード


ラジカルミラー


クロス2/オプティクス


ROUGH&ROAD
HOTハンドウォーマー


SHORAI リフェバッテリー


PIAA ハイパワーバルブ MB1


M&Hマツシマ L8184 R&W
ストップ/テール用LED球


DAYTONAバイク専用電源
USB1ポート
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AQUAPROVA HG REV METER


ABUS Provogue 305


GIVI E300


超小型温度計T-14


PRIMUS P-153


騎士(のこぎり・鋸)


トピーク携帯ポンプ


TOPEAK ミニモーフ


エーモン エアゲージ(ペンシル)


究極・エアゲージ


パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ


TOPEAK(トピーク)
スーパースチール タイヤレバー


TOP工業 ハイパーレンチ


バーコ(BAHCO) 8071C


KO-KEN Z-EAL


KNIPEX プライヤーレンチ


SIGNET フレックスメガネギアレンチ


KTC メガネレンチ


IRWIN VISE-GRIP


STRAIGHT トルクレンチ


STRAIGHT バイクスタンド


GARMIN eTrex30 (英語版)


Transystem TripMate852


ドイター トランスアルパイン25


ENDURISTAN
サンドストーム3Sタンクバッグ


ENDURISTAN
トルネード2ドラムバッグ


ENDURISTAN
XSベースパック


YSS PDバルブ(29mm)


TGR
パフォーマンスリアショック